お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ココだけは念入りに……! 女子に聞いた「デートで気合いを入れるメイクのパーツ」3選

ファナティック

彼や気になる男性とのデートのときはここぞとばかりオシャレしますよね? メイクにも普段以上に気合いが入るというものです。今回は、デートのときに気合いを入れてメイクするパーツについて女性たちに聞いてみました。

アイメイク

・「目が大きく見えたほうが魅力的に見えるだろうから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「目がチャームポイントだから」(33歳/生保・損保/営業職)

・「アイメイクで印象が変わりやすいから」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

顔の中でも目立つ目元はメイク次第で印象が大きく変わるものですよね。パッチリとした目は女性のかわいらしさを引き出すポイントにもなるので気合いが入るという女性は多そう。ただし、アイライン、マスカラ、アイシャドウすべてをガッツリ入れてしまうとケバくなりすぎることもあるのでほどほどにしましょう。

ベースメイク

・「接近戦だから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「土台がしっかりしてないと、キレイにはなれない」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「肌がキレイだと、ポイントメイクが映えるので」(31歳/医療・福祉/専門職)

デートのときには彼との距離も近づくので、ベースメイクで肌をキレイな状態にしておくのが大事だという女性も。肌がキレイじゃないとポイントメイクをどんながんばっても魅力は半減。逆にキレイな肌ならポイントメイクを抑えめにしても十分に女性としての魅力を引き出してくれますよね。いつもより念入りにベースをととのえましょう。

リップ

・「唇に潤いがあると好まれるから」(27歳/食品・飲料/医務系)

・「かさついた唇は女性として恥ずかしい」(24歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

・「リップケアは大事だから」(33歳/自動車関連/事務系専門職)

彼とのデートにかさついた唇で出かけるなんて女性として恥ずかしい。うるっとした唇は男性ウケもよいので、グロスなどでツヤ感のある唇をキープしておきたいもの。いざというときに慌てないためにもリップケアは大事ですね。

まとめ

デートだからといってすべてに気合いを入れすぎたメイクはトゥーマッチ。男性は女性のメイクに意外と敏感なので、濃い色でパーツを目立たせるというよりもベースメイクに手をかけてキレイな肌を作ってパーツメイクを引き立てることが大事かもしれませんね。目をパッチリと見せたいからといってアイラインで目をぐるっと囲んだり、付けまつ毛でバサバサに仕上げるのも男性からは不評をかう原因に。肌なじみのよい色で陰影をつけるほうが仕上がりも自然で、断然キレイに見えるはずですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数132件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE