お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

自家製ソーセージにラタトゥイユ入りの一味違うホットドッグが人気―フレンチテイストのサンドイッチ食堂、神宮前「レフェクトワール」

自家製ソーセージとラタトゥイユのホットドッグ

京都の「ル・プチメック」と言えば、本格的なハードパンやサンドイッチがパン好きをうならせる超人気パン屋。2009年には新宿マルイ本館に「ル・プチメック東京」がオープンし、都内のパン好きたちに大歓迎されたが、さらに2012年には渋谷区神宮前にカフェスタイルの系列店「レフェクトワール」がオープン。

【世界三大珍味トッピングの高級ホットドッグ「1万7千円」】

こちらも口コミで高い評判を呼んでいる。「レフェクトワール」とはフランス語で「食堂」の意味。クオリティの高いパンを使ったサンドイッチを気軽に楽しめる「サンドイッチ食堂」というのがコンセプトだ。メニューには、サンドイッチを中心に、スープやサラダなどの料理やデザートも並ぶ。

●パンも具材も一味違う!グルメなサンドイッチ
サンドイッチ類で今一番人気があるのが「ホットドッグ」820円。ホットドッグと言っても、コッペパンにソーセージをはさんでケチャップをかけた、あのなじみ深い味とは一味違う。皮はパリッと香ばしく中はもちもちした、ほどよい固さのパンに、風味豊かなラタトゥイユと、肉感たっぷりでプリプリの自家製ソーセージ。

軽食というより立派な食事になる本格的な味とボリュームが特徴的だ。ほかに、ローストビーフのタルティーヌ(オープンサンド)など。個性的なサンドイッチがいっぱいで、つい目移りしてしまう。

スイーツ系では「フレンチトースト」410円も人気。4枚切りの食パンを牛乳&卵がメインのアパレイユに浸してこんがり焼いたシンプルな一品だが、自慢の食パンの美味しさを堪能できるおすすめメニューだ。

ちなみにサンドイッチなどに使うパンは、店内で焼かれた自家製。「ル・プチメックと同じ配合で作っているものもありますが、まったく別の配合で仕込んでいるオリジナルのパンも多いんですよ」と店長。

平日ランチは、キッシュ・クロックムッシュ・サラダの3種から選べて1,050円(ドリンク付き)。ランチタイムは少々混み合うが、54席ある広めの造りなので、どの時間帯でも比較的ゆったり過ごせるのがうれしい。

【店舗データ】
店名:レフェクトワール
所在地:東京都渋谷区神宮前6-25-10 タケオキクチビル3F
営業時間:11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日:なし(1月1日のみ休み)
HP:https://www.facebook.com/refectoire.lepetitmec
メニューはすべて税抜価格

【その他メニュー】
・コーヒー420円

お役立ち情報[PR]