お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

母性本能がキュン! 女子が「自分に子どもがいたらいいのに……」と思わず感じる瞬間

子どもいたらいたで大変なこともあるのでしょうが、いつかは自分も母親になりたいと思っている女性も多いはず。時折無性に「子どもがいたらなぁ」と思う瞬間もあるのではないでしょうか。働く女性たちに、こんな瞬間のエピソードについて聞いてみました。

■うらやましい

・「公園とかで、ほのぼのとした家族風景をみて心が和んだとき」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

・「友達が子どもと一緒に楽しそうにしているところを見たとき」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

子どもがいる空間は、なぜかそれだけでほのぼのするものです。疲れた心を癒してくれますよね。これが自分の子どもだったら……と、思わず想像してしまいます!

■とにかく可愛い!

・「可愛い子供服やベビー用品を見たとき」(33歳/その他/その他)

まるで幼いころに集めた「シルバニア・ファミリー」のよう!? 赤ちゃん用アイテムはどれも信じられないくらい小さなものです。女子心をくすぐりますよね。

■一緒にもっと楽しみたい!

・「ディズニーランドでキャラクターが寄ってきてくれる」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「1人でカフェに行けなくて、子どもがいたら一緒にいけるのになーと思った」(28歳/金融・証券/営業職)

・「久々に祭りであてものをしたいなぁと思ったとき、大人がするのも恥ずかしいので、子供にさせて自分もした気分になる」(33歳/金属・鉄鋼/事務系専門職)

大人が一人で満喫するのは、ちょっと恥ずかしい! でも子どもと一緒なら、はしゃいでもいいはずです。子どもにとっても良い思い出になることでしょう。

■お母さんのための一日

・「母の日になると同世代の子ももう母親なんだなって実感します。いいなって思う」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

感謝する立場から、される立場へ。子どもからの「ありがとう」に喜ぶ友人の姿は、素直に胸に刺さりそうです。

■親孝行

・「親が小さい子をうらやましそうに見ているとき」(31歳/その他/事務系専門職)

アラサー女性としては無視できない……。こんな意見もありました。徐々に年老いていく両親に、孫の顔を見せてあげたいと思うのは当然のこと。ただきっと、「娘の幸せ」が第一ですよ。

■リアルです

・「夫婦ケンカしたとき」(33歳/不動産/事務系専門職)

「子はかすがい」の言葉どおり、夫婦に危機が訪れたとき、その橋渡しをしてくれるのが「子ども」なのでしょう。仲直りのきっかけも作りやすそうですね。

日常生活のふとした瞬間に、子どもの存在を意識する女性が多いことがわかりました。あなたはどんな瞬間に「子どもがいたらなぁ」と感じますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~33歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]