お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

1月25日は主婦休みの日! 夫の家事分担参加は約半数

「あなたの夫は普段から家事に参加していますか?」

サンケイリビング新聞社は、主婦休みと夫の家事に関するアンケート調査を実施した。

【家事デキる風に見せるために知っておきたい「手抜き家事」と「効率的家事」の違い】

「主婦休みの日」は、2009年に日本記念日協会に登録されている記念日。日ごろ家族のために家事をがんばる主婦・主夫がリフレッシュしたり、家事の大切さを家族で分かち合う日として制定された。

同社は、読者の声から生まれた「主婦休みの日」の認知度アップに向けた取り組みを行っている。同アンケートは、同社の公式サイト「リビングWeb」において、2014年12月に実施。既婚女性のみの集計で636の有効回答を得る。

「あなたの夫は普段から家事に参加していますか?」と聞いたところ、「はい」と答えた人は、全体の49.8%だった。

「夫が担当している家事は何ですか?」

同質問で「はい」と回答した人に、夫が担当の家事を複数回答で聞いたところ、最も多くの夫が担当している家事は「ゴミ出し」で61.4%、2位は洗い物(37.8%)、次いで掃除(36.4%)だった。

「この家事については、あなたより夫のほうが得意と思うジャンル」を複数選択で聞いたところ、43.7%の人が「掃除」、38.2%の人が「片付け・整理整頓」と回答した。

上記について、「どんな点が自分よりすぐれていると思うか」と聞いたところ、1位は「丁寧」(40.2%)、2位は「徹底的」(33.0%)、3位が「体力や体格が違う」(30.6%)との結果だった。

「本当は夫にしてもらいたい家事は何ですか?」

「今はしていないが、本当は夫にしてほしい家事」の1位は、「部屋の片づけ・整理整頓」(32.7%)。2位は「料理」(28.3%)、3位には掃除(27.1%)が入った。

「夫のどんな点が後悔につながったと思いますか?」

夫がした家事で、これはやってもらって失敗した!と後悔した経験のある人は、全体の54.0%と半数強。後悔ポイントの第1位は「雑」(39.2%)、次いで「ノウハウを知らない」(31.7%)、「人のアドバイスを聞かない」(25.7%)という回答であった。

(エボル)

お役立ち情報[PR]