お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

エヴァ第13号機を超リアルに再現したプラモデル

商品正面写真

ホビーメーカーの壽屋は、5月に「エヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定)」を発売する。

【【ぶっちゃけ本音】無邪気でかわいい!女子が「男子って子どもだなぁ」と思う瞬間10】

同商品は、2012年に公開された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」に登場した「エヴァンゲリオン第13号機疑似シン化第3+形態(推定)」を400分の1のスケールでプラモデル化したもの。設計はCADで行われ、原型師の手で作り上げられている。

精密な関節部設計により、腿前面と膝頭が連動しており、顔を上に向けると喉部が連動して可動する。口の展開は差し替えせずに再現でき、パーツを差し替えれば副腕の展開状態も表現できる。
さらに収束状態の槍はジョイントパーツを用い、2本分の柄を使用して再現し、疑似シン化第3+形態時と通常時の瞳を塗装により表現している。商品サイズは約190mm、価格は9,800円(税抜き)。

顔部分

エヴァを精密に再現

お役立ち情報[PR]