お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ひどすぎる! 信頼していた女友だちに裏切られた経験「彼氏の存在を隠され結婚式に呼ばれなかった」

女同士でよく遊びに行ったり、恋バナをしたりしてお互いのことをよくわかっていたはずなのに……。突然、ウソをつかれたり抜け駆けされた! なんて経験はありませんか? 今回は、そんな女友だちに裏切られた経験を持つ女子のみなさんに、思いのたけを告白してもらいました。

■報告のない「いち抜けた」

・「陰で、しっかり内定をゲットしていたのをほかの知り合い経由で聞いた」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「仲がいいと思っていたら、彼氏がいるのをずっと隠されていたうえに結婚式に呼んでくれなかった」(26歳/通信/クリエイティブ職)

ともにがんばろうと励まし合ったのも昔の話。ひと足お先に将来をゲットのみならず、その報告を本人ではなく共通の知人経由で聞かされるとなれば、受けるショックもかなり大きいものです。

■嘘をつかれた&利用されかけた

・「病弱なふりをしていた事です。体が弱いのだと思い、いろいろと手助けしていましたが、ものすごく健康体だと知り、腹が立ちました」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「ネズミ講に入会させられそうになったとき」(29歳/医療・福祉/専門職)

善意を利用されていたということが判明したときの絶望感は、ひと言では言い尽くせないほどかも。

■陰口を言われていた

・「友だちだと思っていた人に、裏で陰口を言われていたこと」(27歳/機械・精密機器/技術職)

・「女友だちの彼氏の相談にのっただけなのに、二股をしていると、陰で悪口を言われた」(27歳/学校・教育関連/専門職)

表向きはいい友だちであっても、裏では悪く言われていたということがわかると、途端に人を信頼できなくなってしまいそうですよね。

■みんなにバラされた

・「秘密だと言った話を、次の日にはみんなにバラしていた」(33歳/その他/その他)

・「自分が話したことをみんなに言いふらされたことで関係が悪化」(28歳/医療・福祉/専門職)

信頼できると思ったからしゃべったのに、自分の悩みは相手にとってのおもしろい話のネタにしか受け取られていなかったのだなと感じてしまう瞬間。自称・口が堅い女性をうかつに信じてしまうと取り返しのつかないことになります。

友だちだと思っていたのに、それは自分だけの思い込みだったのかも、と感じて裏切られたと思うことが多いようです。友情とは一体……と改めて悩んでしまいますよね。あなたにも、女友だちに裏切られたと思った経験はありますか?

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年9月にWebアンケート。有効回答数208件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]