お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

意外と知らない知識「指きりげんまんでウソをついたら針千本では済まされない」

約束をするときに歌う「指きりげんまん」には、ウソをついたら針を千本飲ませるという歌詞があります。これだけでもおそろしいことですが、「げんまん」とは「拳万」と書き、げんこつ1万回という意味とのこと。

【意外と知らない知識「ずいずいずっころばしの歌の意味」】

この歌は江戸の遊女が客への愛を誓うために、指を切ったことが由来といわれています。しかし、実際に切断する人は少なく、切るふりをして客には偽物の指を渡していたようです。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]