お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

「色」や「手の挙げ方」によってご利益がちがう! 意外と知らない「招き猫」トリビア

招き猫が右手を挙げているとお金を、左手なら人(お客)を招く、という説が最も浸透しているようです。右手=昼の商売、左手=夜の商売という説も。手の高さによっても意味が違い、高く挙げているときは遠くの客や大きな福を、耳の下ほどの高さなら身近な客やささやかな福を招くのだとか。また、一般的な白い招き猫だけではなく、黒=厄除け、赤=疫病除け、金=金招きともいわれています。

※画像は本文と関係ありません

(OFFICE-SANGA 山下まちか)

お役立ち情報[PR]