お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

世界一おいしいのみものをつくる会社に! 「キリン 別格」誕生、キリンビバレッジ

キリンビバレッジは、新スローガン「世界一おいしいのみものをつくる会社になる」を体現させるべく、品質の高い素材を厳選し、製法にとことんこだわった高価値・高価格ブランド「キリン 別格」を立ち上げた。

同ブランドから発売されるのは、11月4日(火)より「キリン 別格 日本冠茶」「キリン 別格 希少珈琲」「キリン 別格 生姜炭酸」、11月18日(火)より「キリン 別格 黄金鉄観」。「キリン 別格 日本冠茶」は、高級茶葉「冠茶(かぶせちゃ)」を中心にした茶葉を使用。同社緑茶商品で使用する茶葉量の約2.5倍の茶葉を使用して低温で丁寧に抽出し、究極のとろみと旨味に仕上げた。「キリン 別格 希少珈琲」はブラジル産の希少黄金豆「ブルボン・アマレロ」を100%使用するとともに「希少糖」を採用。同社ミルク入りコーヒー史上、最もコーヒー成分量が多い商品となっている。

その他、高知県産生姜を100%使用した「キリン 別格 生姜炭酸」、2種類の高級青茶「黄金桂茶」「鉄観音茶」を黄金比でブレンドした「キリン 別格 黄金鉄観」が発売される。パッケージには、厳選された素材のイラストを配し、ゴールドの色使いで高級感を表現している。また、フルシュリンクボトル缶を採用するなど特別感にこだわった仕様となっている。

お役立ち情報[PR]