お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

大井川鐡道を走る「きかんしゃトーマス」が大人気! トーマスフェアも開催中

大井川鐵道は、「きかんしゃトーマス」のマスターライセンスを保有するソニー・クリエイティブプロダクツとのパートナーシップのもとに、蒸気機関車の「きかんしゃトーマス号」を現在走行させている。トーマスの運転日に千頭駅では「トーマスフェア」も開催している。

大井川鐡道を走っている「きかんしゃトーマス号」は、大井川鐡道が保有するC11-227に「きかんしゃトーマス」の意匠を施すことで、蒸気機関車の「きかんしゃトーマス号」を実現した。主に週末と祝日に新金谷(しんかなや)~千頭(せんず)を1日1往復している。

運転時刻は、新金谷発:10時38分(第1003列車・トーマス13号)、千頭発:14時10分(第1004列車・トーマス14号)となる。また、追加決定した運転日は、9月29日、10月4日、10月5日で、9月29日は新金谷発10時38分のみ。

千頭駅の「トーマスフェア」では、駅構内に「トーマス広場」と「トーマス遊びのスペース」が設けられ、トーマスのおともだちの「ヒロ」の運転席に乗れたり、ミニSLに乗ったりして楽しむことができる。トーマスの運転日のみの開催(9月29日まで)で、開催時間は10時から16時まで。入場料は、小学生以上500円、幼児無料。別途プレイ券(6枚綴り500円)が必要となる。

「きかんしゃトーマス」は、2015年の運転も計画している。

(c) 2014 Gullane (Thomas) Limited

お役立ち情報[PR]