お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

職場での「タバコ休憩」、働く世の男性たちはどう思う? 「あり→情報交換の場でもあるから」

職場では、喫煙する人が「タバコ休憩」を取る光景を目にすることがあります。自分の席から離れた喫煙所で一服する時間ですが、実は賛成、反対、いろいろと意見があるみたい。そこで、社会人男性に「タバコ休憩」に関してどう思うか、アンケートで聞いてみました。

Q.職場における「タバコ休憩」についてどう思いますか?

「あり」46.2%
「なし」53.8%

賛成、反対がほぼ半分ずつに分かれる結果になりました。ではそれぞれの理由について聞いてみることにしましょう。

<「あり」派の意見>

■適度な休憩は仕事にも好影響

・「無理に仕事をするよりも適宜休憩をするほうがよい」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「仕事の効率を上げるためには息抜きも大事」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「休憩をとることで集中できるなら問題ないと思う」(34歳/情報・IT/技術職)

適度な休憩は、仕事を効率的にこなすためにも必要、という意見が多数ありました。少しの時間の休憩は、気分転換にもなってちょうどいいのかもしれません。

■喫煙所は情報交換の場

・「情報交換の場でもあるから」(32歳/生保・損保/専門職)

・「そこでだけのコミュニケーションがあると思うから」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「けっこう仲よくなれる」(31歳/金融・証券/専門職)

普段はそこまで会話をしないのに、喫煙所ではタバコを吸うもの同士、会話をすることも多いようです。ちょっと見方を変えれば、情報交換の場、とも言えそうですね。

<「なし」派の意見>

■吸わない人もいるから不公平

・「タバコを吸ってるだけで、休憩できるのはズルい」(24歳/金融・証券/営業職)

・「吸ってない人は働いてるんだから不公平」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「回数、時間で多くさぼっている時間が長く感じるから」(35歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

タバコを吸わない人にとっては、かなり不公平感があるのが現状。特に何度も休憩を取ったり、長い時間席を空けているのは、非難の的になってしまいそうですね。

■タバコのにおいが嫌

・「においと一緒に戻って来るのが嫌」(36歳/ソフトウェア/技術職)

・「戻ってきたときに、タバコのにおいがするのがとても嫌です」(30歳/食品・飲料/クリエイティブ職)

・「においが気になるから」(36歳/建設・土木/営業職)

吸わない人にとってタバコのにおいが嫌だと思う人は、かなり多いのが事実です。吸っている人は案外気づかないものなので、ここまで気配りをするのは、なかなか難しいかもしれません。

「あり」と「なし」の両方の意見を聞いてみましたが、いかがですか? 最近は喫煙者が減ったこともあって、余計にタバコ休憩をする人が目立つのかもしれません。休憩を取る際は、ほどほどの回数と時間を守ったほうがよさそうです。あなたは、「タバコ休憩」についてどう思いますか?

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年4~5月にWebアンケート。有効回答数197件。22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]