お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド ボディケア

“ナチュラルなのに盛れる”つけまつ毛「Bisou bisou(ビズビズ)」

「ビズビズ」の「バンビアイ」パッケージ

ティアラ・プロモーションズは、Webで販売中のつけまつ毛「Bisou bisou(ビズビズ)」の店頭販売を2014年7月7日から順次開始する。また、発売に合わせて店頭でのメイクイベントを開催する。

【“一瞬で、新しい自分に変身する”「ディオール アディクト イット マスカラ」誕生】

ビズビズをプロデュースしたのは、日本初のアイラッシュ・コンシアージェである瀬戸 晴加(せと はるか)。女子大生・F1層向けのフリーペーパー『ティアラガール』のモデル兼編集長である彼女が生み出したつけまつ毛は、素材やカットラインにこだわり、ナチュラルなのにしっかり目元を強調できるものとなっている。

「ビズビズ」は、「ブラウン×ブラックのランダムミックス毛」「なじみやすい根本素材」をぞれぞれ使用し、「仕上がりのきれいが長持ちする」という特徴を持つ。

BAMBI EYES(バンビアイ)、PURE EYES(ピュアアイ)、LUXURY EYES(ラグジュアリーアイ)の3タイプで、価格はそれぞれ3ペア入り1,200円(税別) 。ロフト 池袋店、渋谷店、梅田店、京都店、名古屋店ほかで販売される。

(エボル)

お役立ち情報[PR]