お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

意外と知らない知識「ずいずいずっころばしの歌の意味」

遊び歌として知られる「ずいずいずっころばし」は、子どもたちがオニを決めるための歌。この歌詞の意味には諸説ありますが、江戸時代の「御茶壷道中」を歌っているという説が有力なようです。

【実は一生に関わる?古典を学ぶことにはこんな大事な意味があった】

御茶壷道中とは、幕府が将軍のために宇治茶を茶壺に入れて江戸まで運ぶ行事。非常に格式が高く、大名すら駕籠を降りなければならないほどでした。通行するときには田畑の耕作は禁じられ、通過するまで家の中で息をひそめていた様子が描かれているといわれています。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]