お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド雑学 生活

タカラトミーの可動部分付き動物フィギュア「アニア」シリーズに、親子ゴマアザラシなど『水生生物』シリーズが新登場!

動物フィギュア「アニア」シリーズ『水生生物』

株式会社タカラトミーは、動物フィギュア「アニア」シリーズの新商品として、水生生物をテーマにしたフィギュア単品4種と、プレイセット「ウキウキスプラッシュ水族館」を、2014年4月24日(木)から全国の玩具専門店等で発売する。

【イギリスで今までで一番売れてるおもちゃトップ10「1位キャベツ人形」】

「アニア」シリーズは、「飾るだけでなく、動かして“遊べるフィギュア”」をコンセプトに2013年6月から展開した“手のひらサイズ”で、「鼻が動く」「首が動く」など可動部分“1ギミック”付き動物フィギュアシリーズ。アンケート調査を行った結果「水族館」の要望が一位となったことから、このたびの新シリーズ発売のはこびとなった。

登場するフィギュア単品は、「カマイルカ」「アシカ」「アオウミガメ」「ゴマフアザラシ」の4種。うち、「カマイルカ」を除く3種は子どもとの2体セット。「小学館の図鑑NEO」シリーズとコラボレーションした「図鑑カード」が付属し、希望小売価格は各600円(税抜)。

プレイセット「ウキウキスプラッシュ水族館」は、「水族館」テーマのマップやスプラッシュスライダー、図鑑カード等のほか「マンボウ」フィギュア一体がセットになっている。ダイキャスト製ミニカー「トミカ」とも一緒に遊べるように道幅や橋の高さなどが設定されているとのこと。希望小売価格は4,200円(税抜)。

なお、「マニア」シリーズは目の不自由な方も一緒に楽しめる“共遊玩具”で、希望者には「図鑑カード」に貼る「点字足あとシール」を無料で提供している。

(C)TOMY

お役立ち情報[PR]