お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

赤ちゃんの性別判定。妊婦さんが笑った医師のセリフ「立派なものが……」「お母さんに似ていますね」

妊婦さんを、毎回ドキドキさせる妊婦健診。特に緊張するのは、赤ちゃんの性別が分かるとき! 自分がどんな育児をすることになるのか、想像するのも楽しいですよね。今回は、妊婦健診で性別が分かったときに、先生からの言葉に思わず笑ってしまったエピソード5つを紹介します。

■「男の子ですね」じゃダメ?

・「おなかのエコー中、性別がまだ判明していないころだったが、『でっかい玉袋だなー!』といわれた」(32歳/通信/事務系専門職)

・「エコー見て、『ついていますよ~』」(29歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

性別発覚の際の一言といえば、やっぱりコレ!? ついているのは、もちろん……アレですよね。自分のカラダの中に、まさかアレが存在するとは……! 突然その存在を教えられると、ママは思わず笑ってしまう!?

■あれ!?

・「知り合いが、男の子か女の子か知らせないでくださいと、頼んであったのに、『立派なものがついていますよ』と言われて、つい笑ってしまったらしい」(22歳/その他/その他)

確かに「男の子」とも「女の子」とも言っていませんが、思わず「あれー!?」ですね。立派なものが……と言われると、親としてはついうれしい気持ちになってしまいそうですが、できれば出産まで楽しみにとっておきたかったかも!

■これは……

・「エコーを見て『お母さんに似ていますね』全く共感できなかった」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

素人が見ても、宇宙人にしか見えないエコー写真ですが、さすがは産婦人科の先生です! お母さんに似ているということは、つまり……? 性別についても深読みしたくなる一言です!

■真剣さに思わず、ぷっ!

・「『へその緒かおちんちんかまだわかりません』と真顔でいわれた」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

もちろんそういうこともあるのでしょうが、先生の真剣な態度に思わず吹き出してしまうかも。妊婦健診以外では、絶対聞くことができないだろう一言ですね。そのレアさをかみしめて、「どっちかな?」というワクワク感をもう少し楽しんでみて。

こんな伝え方もアリ!? と思う、先生からの一言もありました。将来子どもが大きくなったら、妊娠中の思い出として伝えてみてはいかがでしょうか。きっと家族で楽しい時間が過ごせることでしょう。

※『マイナビウーマン』にて2014年1月にWebアンケート。有効回答数206件(22歳~34歳の働く女性)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]