お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ビジネスパーソンの6割以上が「スマートフォン」を所有、タブレット端末の所有率は約4人に1人 -MMD研究所調べ

ビジネスパーソンの所有している携帯電話(N=4,414)

MMDLabo株式会社は、同社が運営するMMD研究所にて、20歳~49歳のビジネスパーソン4,414人を対象に「ビジネスパーソンのデバイスに関する調査」を実施、結果を発表した。調査期間は2014?3月27日(木)~3月30日(日)。

【スケジュールを「スマートフォン」で管理している人が50.2% ─ MMD研究所調べ】

所有しているデバイスについて尋ねたところ、「スマートフォン」が67.2%、「フィーチャーフォン」が31.1%。タブレット端末の所有率は27.9%という結果となった。

ビジネスパーソンのタブレット端末所有率(N=4,414)

会社から業務用にフィーチャーフォンまたはスマートフォンの支給があるかどうかについては、22.2%が会社から業務用携帯端末を支給されていることがわかった。支給されている携帯端末の内訳は「フィーチャーフォン」が12.5%と最も多く、次いで「iPhone」4.3%、「iPhone以外のスマートフォン」が3.6%と続いた。

業務用携帯端末の支給率(N=4,414)

お役立ち情報[PR]