お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

10・20代女性の4割が伊達マスク経験者。マスクに対する不満は「メガネが曇る!」

どのくらいの頻度で新しいマスクにとりかえますか?

インターワイヤードが運営するネットリサーチのDIMSDRIVE(ディムスドライブ)は、同モニターを対象に「マスク」についてアンケートを実施し、7,583人から回答を得た結果を発表した。調査期間は2月21日~3月7日。

【最近のマスク可愛いすぎ!美容家が自腹で買った「超使える」マスク3つ】

■マスク交換のタイミングは 1日1枚、次の日の朝。

全体としてのマスク使用率は72.1%であったが、性別でみると女性は83.3%となり、男性64.3%よりも20%近く、女性の方がマスクを使用する人が多い傾向となった。使用するのは「自分が、風邪・インフルエンザ・ノロウイルス等に罹っている時」が最も多いものの、50.9%と半数にとどまった。マスク交換のタイミングは、「次の日(翌朝)になったら」が最も多く54.6%だった。

■マスクへの不満は「メガネが曇る」「メイクが落ちる」

マスクへの不満や要望の回答で45.3%と最も多かったのが「眼鏡が曇る」だった。また、37.1%「耳が痛い」、34.2%「マスクの中がムレる」などが続いた。また、女性の「メイクが落ちる」も32.8%と3割を超える結果となった。

■“伊達マスク”、10・20代女性の4割が「経験あり」

顔を隠すなど本来の目的とは異なる理由で身につける「伊達マスク」について、その認知率は35.3%で、64.7%が「聞いたこともない」と回答した。「伊達マスク経験者」は回答者の14.8%で、70代を除いて若い年代ほど高かった。また、全ての年代で女性の方が高く、特に10~20代女性は41.2%と4割以上が伊達マスクを経験したことがあるという結果となった。「マスク依存症」については、認知率は23.7%だった。

「伊達マスク」という言葉を知っていますか?

お役立ち情報[PR]