お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

中学・高校教師の99%が、ノートの取り方と学力には関係が「あると思う」と回答!

コクヨS&T株式会社では、全国の中学校、高等学校の教師153名を対象に「ノートの取り方への評価」に関するインターネット調査を実施した。調査期間は2013年11月13日~12月6日。

【コクヨS&T、キャンパスノート39周年を祝うキャンペーンをスタート】

まず、ノートの取り方と生徒の学力に関係性があると思うかとたずねたところ、「思う」が59%で、「やや思う」の40%を合わせると、99%の教師がノートの取り方と学力に関係があると回答した。

「ノートの取り方と生徒の学力には関係性があると思いますか?」

さらに、学力が高い生徒のノートの取り方について、その傾向を質問すると、「教師の発言など板書内容以外を書いている」(76.5%)、「自分なりに工夫したまとめ方がされている」(75.2%)、「読み返しやすく書いている」(57.5%)などの回答が多く寄せられた。

「学力が高い生徒のノートの取り方の傾向を教えてください。(いくつでも)」

お役立ち情報[PR]