お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

男性よりも女性の方が「地球に優しい」商品を選ぶ

食料品から家電、住宅にいたるまで、最近は環境に優しい”エコフレンドリー”をうたう商品がちまたには溢れています。価格や品質に大きな違いがないのであれば、なんとなく”エコフレンドリー商品”を選んで購入する、という人も増えているのではないでしょうか。

【50%以上の女性が「エコバッグ」を所持。20代女子の「環境のために気をつけていること」ランキング】

ニュージーランドで2,200人を対象として調査を実施したところ、実際に70%以上の人が”エコフレンドリー商品”を選んでいることがわかりました。さらに、この統計を男女別にみてみると、男性よりも女性の方が”地球に優しい”ことも明らかになったのです。

購入する製品だけではなく、節電や節水に対する意識も男性より女性の方が高いのだそう。これは買い物やガーデニング、ゴミの分別など、日々行う家事を通じて、女性の方が環境問題を考える機会が多いことも一つの要因としてあげられるようです。

また、”エコフレンドリー活動”の一環としてもっとも取り組みやすいリサイクルへの意識も高まっており、分別を行うことでゴミを適切にリサイクルしていると回答した人は95%にのぼり、前年に比べて7%上昇していることもわかりました。

子供たちが暮らす未来の地球のためにも、こうした意識が高まるのは喜ばしい限りです。

参考:Women more Earth friendly than men
http://www.stuff.co.nz/the-press/news/9545980/Women-more-Earth-friendly-than-men

お役立ち情報[PR]