お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

チノパンツブランド「The Chino」が復活! 2014年春夏に6モデル発売

カラーを効かせた内帯テープのパイピングやハンドステッチなど、内仕様にこだわっている

チノパンツブランドの「The Chino」は、グローバルな企画・生産力を駆使してバージョンアップし、「The Chino Revived(ザ チノ リヴァイブド)」として2014年春夏に本格復活する。

【おしゃれかもしれないけれど、無条件に引いてしまう男子のNGファッション1位「腰パン」】

「The Chino」は、20世紀後半に開発・展開されたチノパンツのブランド。強度に優れ、光沢とソフトな風合いを持つ”コンパクト・スピニング”を施した綿糸3本取りのチノクロスや、ストレッチのビンテージ・モールスキンなどの開発素材を使用しているほか、イタリアを代表する綿素材メーカー「Tessuti di Sondrio」社の素材を使い、各モデルに合わせた素材感を出している。

頑強な作りになるよう、縫い糸にはフィラメント糸の2本取りを使用。また、随所にAMFハンドステッチをかけ全体のアクセントにしている。そのほか、オリジナルの内帯テープ、ブランドロゴが刻印された釦、欧州riri社製のジップ、ISOのウォッシングラベルなど、さまざまな部分にこだわっているという。

展開モデルは、イタリアンフィットと日本人体型のデータを加味し、曲線からなる型紙設計と変則グレーディング手法を用いたスリムフィットやカーゴ、ワンプリーツなど全6型。価格帯は16,000~19,000円で、ウエスト79cm~88cmに対応する。販売先は、伊勢丹メンズ館、三越銀座店、JR 京都伊勢丹、JR 大阪三越伊勢丹、岩田屋本館。なお、11月29日にECサイトもオープンしたとのこと。

  • TCR1330202 MD-201 Semi-Slim fit

  • TCR1330220 MD-200 GD Slim fit

お役立ち情報[PR]