お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

年末年始、約半数が「出費を伴う外出予定あり」、1位は「外食」ーマクロミル調べ

冬のボーナスの使い道(上位10抜粋)<本人もしくは配偶者が冬のボーナスを受給する人/n=725>

株式会社マクロミルは、全国の20~69歳の男女を対象に「年末年始の過ごし方に関する調査」を実施。調査期間は2013年11月22日(金)~11月23日(土)。有効回答数は2,000名。

【年末年始地元に帰って……同窓会のロマンスあるある】

本人もしくは配偶者のボーナスの使い道については、50.2%が「預貯金」と回答、次いで「生活費の補てん」28.7%、「ローンの返済」24.8%と続いた。

今年末年始の9連休に、出費を伴う外出があるかとの質問に、53.0%の人が「ある」と回答。内訳では「外食」が35.3%で最も多く、次いで「デパート・ショッピングセンター」が26.0%、「国内旅行」10.9%と続いた。この期間における外出の出費予算額は、平均で23,209円。

年末年始の9連休<12月28日(土)~1月5日(日)>の外出予定(帰省は含めず)

親、配偶者の親などが住んでいる「帰省先」があるかどうかについては、64%が「ある」と回答。帰省先がある人に今年の年末年始の帰省予定を尋ねたところ、62.8%が「帰省する予定」と答え、「帰省する予定はない」は26.0%、「わからない」は11.3%という結果に。

年代別では、若い年齢層ほど「帰省する予定」と回答した割合が高くなっていた。また、居住地別では、中部地方、中国地方、九州・沖縄地方で「帰省する予定」と回答した割合が高い傾向にあった。

今年の年末年始の帰省予定<帰省先がある人/n=1,278>

今年の年末年始にかける予算については、「3万円未満」が29.9%で最も多く、次いで「5万円以上10万円未満」26.1%で、平均額は5.2万円。昨年調査と比較すると、平均予算は4千円低くなっていた。

年末年始にかける予算

お役立ち情報[PR]