お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

間違いやすいマナー「通夜には礼服で行くべき?」

通夜に礼服を着ていくことは、故人が死ぬことを待っていたと思われてしまうため、以前はNGでした。しかし最近では、通夜のみに参列する人も多く、礼服で参加することが多くなっています。

【冷たい人って言わないで! 泣かない女の事情とは?】

式の後には、「通夜ぶるまい」といわれるお酒や食事を用意した席が設けられます。勧められたら、一口だけでも口をつけるのがマナー。故人の供養するという意味も込められています。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]