お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

草間彌生ら日本を代表する芸術家たちが新宿に集結 『新宿クリエイターズ・フェスタ2013』が8月23日(金)から開催

草間彌生(C)YAYOI KUSAMA、草間彌生『新宿クリエイターズ・フェスタ2013』出展作品イメージ(C)YAYOI KUSAMA

現代アーティスト、草間彌生をはじめとする日本の著名芸術家が新宿駅や周囲一帯をアートで彩るイベント『新宿クリエイターズ・フェスタ2013』が新宿駅周辺全域にて開催される。期間は8月23日(金)~9月8日(日)までの17日間。

この新宿クリエイターズ・フェスタは日本の著名アーティストや、全国の学生による一大芸術イベント。このフェスタでしか見ることのできない見どころも満載だ。

草間彌生は、新宿NSビルに新作のカボチャバルーンを作り出し、ビルをアートの世界に変える。紫綬褒章も受賞したCGアート界の第一人者、河口洋一郎は宇宙をテーマとした未発表作品を発表、初参加の現代芸術家、椿昇は巨大モンスター『Mammalian』(哺乳類)を登場させる。

また写真家、森山大道は、新宿で撮影された作品とともに、自身の活動を追い撮影されたドキュメンタリー「≒森山大道」(ニアイコール森山大道)を上映する。日本のアートディレクターとして美術展などをプロディースする北川フラムは、「都市のユーモア展」として、新宿のビル群に展示する。その他、訪れた人が気軽に参加し、アートに触れ合えるイベントも多数開催される。

お役立ち情報[PR]