お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR インテリア・雑貨

【検証】高級ベッドの寝心地を10分の1以下の値段で再現!? お得すぎる寝具買い替えテク

日に日に暖かくなり、季節はもうすぐ春。新年度に向けて忙しい日々を送っている人も多いと思いますが、みなさんは毎日ぐっすり眠れているでしょうか? 季節の変わり目は、気温や気圧の変化も大きく、睡眠の質が低下しがちです。

睡眠は人生の約3分の1をも占めると言われ、言わずもがな心身の健康に欠かせない大切な時間。新年度を迎える今、毎日をもっと元気に健康に過ごすためにも、睡眠を見直してみませんか? 今回は、今すぐできる“睡眠の質をアップさせるコツ”をご紹介します。

ベッドを買い替えなくても、
“あるもの”追加で寝心地が格段UP!?

夜中に何度も目が覚める、いびきが激しい、目覚めが悪い、朝起きると身体が痛い、たっぷり寝ても疲れがとれない、これらの中で1つでも当てはまるなら、もしかすると睡眠の質が下がっている可能性が。

良い睡眠の妨げになる要素として、一般的に「寝る直前のスマホ」、「カフェインやアルコールの摂りすぎ」などがよく挙げられます。これらは、交感神経を優位にしてしまうためですが、実はその他にも、「寝る直前の歯磨き」、「眠くないうちにふとんに入る」なども注意が必要です(※1)。他には、「寝室(ベッド回り)の環境」も非常に重要。自分に合わなかったり、古くなった寝具を使い続けていたりすると、身体に負担がかかり、睡眠の妨げになります。

とはいえ、良い寝具を新調するとなると15~20万円はザラで、なかなか手が出しづらいというのが実情ではないでしょうか。また、今のベッドを捨てるにもお金がかかるし、搬入や設置も……と、心配事は尽きません。

ですが、そんな読者の皆様に朗報! 寝具を買い換えなくても、高いお金をかけなくても、“あるもの”を手持ちの寝具に重ねて敷くだけで、高級ベッド並の寝心地へと格上げしてくれる「マル秘テクニック」を入手しました。そのポイントとなるのが“オーバーレイ”というものらしいのですが、それは一体……。

※1参照:快眠のためにしてはいけない10のことwithハリネズミ
監修/睡眠専門医 坪田聡先生

【検証】アンダー1万円のマットレスに“オーバーレイ”をプラスしたら……
本当に高級ベッド並の寝心地になるのか?

情報元の記事によると、高級な寝具と安価な寝具の一番の違いは、ベッドマットレスの表層部分にあるのだとか。つまり、身体に接する部分にしっかりとした詰物がされているかどうか、ということらしいのです。安価なものは薄い詰物しか使われていないので、硬くて体圧分散がうまくいかず、寝心地や睡眠の質が犠牲になっているんだとか。

そこで「知る人ぞ知るマル秘テクニック」として紹介されているのが、安価なマットレスに“オーバーレイ”を重ねるというコスパ抜群のワザ! オーバーレイとは、寝心地の改善を図る目的で、ベッドマットレスや敷ふとんの上に重ねて使う寝具のこと。これをプラスするだけで、高級マットレスとも遜色のない寝心地を手にできるそう。とはいえ、そんなにウマい話があるの……?と疑り深いライターSが、身をもって試してみました。

今回検証するのはライターS
長年腰痛持ちで、自宅ではちょっといいマットレスを愛用中だが、よりよいアイテムも模索中。今回は、マイナビウーマン読者のみなさまのため、体を張って寝心地を検証します!

意外にも超コンパクト!
女性ひとりでも搬入~設置がラクにできる

今回は検証のため、マル秘テクに従って新たなマットレスとオーバーレイを購入しました。どちらも大物だから玄関での受け取りから搬入までひとりできるか心配でしたが、届いてみるとびっくりするほどコンパクト! ロール状に圧縮されて梱包されているので省スペースです。これなら階段があるお宅でも簡単に運べそう。ちなみに、オーバーレイは送料無料で配達してくれました!

\購入したのはコチラ/

『ニトリ』のマットレス……8,629円(税込)
ウレタンメーカー『Synca Shing(シンカシング)』のオーバーレイ……9,800円(税込)

2アイテム合わせても2万円以下という価格で、普段使っているマットレスより断然安いので、「寝心地は本当に大丈夫かな?」と、一抹の不安を抱えつつ検証スタート。

オーバーレイは想像していたよりだいぶ薄め。
この1枚で本当に寝心地が変わるのかちょっと心配です。

さっそく、開封してマットレスとオーバーレイを設置してみます。どちらもベッドフレームの上に乗せるだけなので、女性でもラクにできました。ベッドごと買い替えるとなると、こう簡単にはいかないでしょうね……。

新しいマットレスはスプリングが効いて反発力が高いけれど、やや硬さが気になるところ。しかし、その上にオーバーレイを敷いてみると、適度な柔らかさに! 睡眠の質を上げる寝具の3要素は、「①体圧を分散する」、「②良い姿勢がとれる」、「③寝返りがしやすい」と言われています(※2)。
この3要素を満たすかどうかも、実際に寝てチェックしていきたいと思います!

※2参照:http://www.syncashing.com/shop/pages/sleeplabo_180903.aspx

もちもち&ふっかふかの寝心地
起きたときのスッキリ感に驚いた朝!

まずは手で押してみると、ふかっとしていて、まるで高級ホテルのベッドみたい! オーバーレイは、今まで感じたことのないもちもちフワフワの肌触りで、思わず頬ずりしたくなるほど。「気持ちいい~」と声が漏れました(笑)。

吸い込まれるように寝転んでみると、思わずそのまま寝落ちしそうに。

うっとりする柔らかさですが、体が沈みすぎる感覚はなく、無理のない姿勢が保てます。ゴロゴロ転がってみたところ、寝返りもしやすいので、前述の3要素もクリアできそうです。「これは身体にかかる負担も少なくて、睡眠の質が上がりそう!」と、早速その夜から検証開始。

いつもはベッドに入ってもなかなか寝付けないけれど、オーバーレイのフィット感と安心感に包まれ、すぐに眠気が。そして朝はなんと目覚まし時計が鳴る前に起きて、目覚めスッキリ。身体はどこも痛くないし、久々に深く、ぐっすり寝たという感覚がありました。
それから数日間試していますが、寝つきがすごく良くなり、ちゃんと疲れが取れているからなのか、仕事がはかどる、はかどる(笑)。睡眠の質がアップすると、日中のパフォーマンスにも良い影響を与えるみたいです!

手持ちのふとんやベッドに重ねるだけ! オーバーレイについてもっと詳しく≫

睡眠の質を向上させる! 寝具選びのコツQ&A

オーバーレイをプラスするにしても、その種類はさまざま。自分にピッタリの寝具を選ぶにはどのようなポイントで考えればよいのでしょうか?

高反発と低反発、どっちがいいの?

高反発は寝返りしやすいのが特長で、身体に痛みのない方におすすめ。一方低反発は、身体を包み込むように安定してホールドしてくれるので、腰痛など身体に痛みがある人に向いています。

試し寝するときにチェックすべきポイントは?

仰向け、右向き、左向き……とさまざまな姿勢を試しましょう。その際、どの体勢でも圧迫やゆがみを感じない寝姿勢になっていることと、寝返りのしやすさが大切。スムーズに寝返りできるのが良いですが、逆に、寝返りをした際に勢い余ってしまうようなら「寝返りしやすすぎ」なので要注意です。

寝心地を改善したい人や、何年間も同じマットレスを使っている人は、このマル秘テクニックを使って極上の眠りを得てみてはいかがでしょうか? もちろん自宅のマットレスがまだ使える場合は、そのままオーバーレイを買い足すだけでOK。それだけならたったの1万円足らずでこの寝心地を体験できます。

新生活が始まるこの時期、寝具を見直して、質の良い眠りで快適な毎日を送りませんか?

新生活応援キャンペーン実施中!
有名ブランドも御用達。大手ウレタンメーカーがつくった寝具『Synca Shing(シンカシング)』


『Synca Shing』の新生活応援キャンペーン≫

80年以上にわたりクッション材を作り続け、さまざまな有名ブランドにも提供してきたウレカンメーカーがプロデュースする『Synca Shing(シンカシング)』
ウレタンの専門家集団が開発した機能性素材を使い、手軽な価格でコストパフォーマンスの高い寝具を提供できるのはメーカーならではの強みです。オーバーレイだけでなくマットレスや枕なども好みや悩みに合わせて選べるよう豊富な種類が揃い、全て送料無料!

「一度寝てみないと不安」という人には、30日間、3,000円で寝心地を試すことができるサービスもあります。今なら洗い替えカバープレゼントや、ふとん+まくらなどのセットを特別価格で提供する『新生活応援スーパーキャンペーン』も実施中です。この機会、お見逃しなく!

お役立ちリンク

提供:トーヨーソフランテック株式会社

お役立ち情報[PR]