高熱

高熱に関する記事

赤ちゃんの高熱の主な原因と対応について、専門家にうかがいました。発熱の定義と受診の目安、熱が下がらないときの理由と対処法、高熱をともなう病気など、気になる問題をチェックしてみましょう。


【医師監修】赤ちゃんの体温の特徴は?SIDSの防ぎ方と発熱の目安

【医師監修】赤ちゃんの体温の特徴は?SIDSの防ぎ方と発熱の目安

赤ちゃんの体温には大人とは違った特徴があります。どのような特徴があるのかを詳しく知り、赤ちゃんが快適に過ごせるようお手伝いしてあげましょう。発熱による受診の目安と、乳幼児突然死症候群(以下SIDSと記載)の予防方法もチェック!


【医師監修】赤ちゃんが風邪のときお風呂はどうする? 熱など症状別対処法

【医師監修】赤ちゃんが風邪のときお風呂はどうする? 熱など症状別対処法

赤ちゃんが風邪をひいたときや熱があるとき、お風呂に入れて大丈夫なのか、悩ましいところですね。赤ちゃんの入浴について熱があるときや症状別の対処法を知って、体調が悪いときもできる限り清潔にしてあげましょう。


【医師監修】新生児の熱、何℃あったら受診?平熱はどのくらい?

【医師監修】新生児の熱、何℃あったら受診?平熱はどのくらい?

新生児の体温が高いと、熱があるのか、何かの病気ではないか心配になりますね。赤ちゃんは体が辛くてもそれを伝えることはできません。新生児の平熱や熱で受診する基準を知り、必要なときはすぐに受診するようにしましょう。


【医師監修】突発性発疹 | 子供の保育園登園はいつから?

【医師監修】突発性発疹 | 子供の保育園登園はいつから?

高熱を伴う「突発性発疹(とっぱつせいほっしん)」。今回は、保育園に通う乳幼児がかかった場合、いつからいつまで保育園をお休みすべきかをご紹介。この他、感染ルートなどについても解説しています。


【医師監修】子供の熱が下がらない! 原因となる病気と対処法

【医師監修】子供の熱が下がらない! 原因となる病気と対処法

子供が発熱する原因にはどのような病気があるのでしょうか。またそれに対する対処法や、熱が下がらない場合のケアはどうしたらよいのでしょうか。今回は子供を病院へ連れて行くタイミングほか、便利な「子供医療電話相談」もお伝えします。


【医師監修】病院へ行くべき? 赤ちゃんが熱を出したときの対処法

【医師監修】病院へ行くべき? 赤ちゃんが熱を出したときの対処法

赤ちゃんが熱を出すと、お母さんは心配でたまらなくなってしまいますね。でも赤ちゃんはもともと平熱が高く、体温調節もうまくできないので、しょっちゅう熱を出すものです。また、高熱が出ても必ずしも重い病気とは限りません。今回は、赤ちゃんが熱を出したときの対処法や、病院に行くべきか判断するポイントをご紹介していきます。


【医師監修】大人よりなりやすい乳幼児の熱中症! 知っておきたい症状と対策

【医師監修】大人よりなりやすい乳幼児の熱中症! 知っておきたい症状と対策

大人も気をつけたい熱中症ですが、水分量が成人より少なく体温調節機能が未発達な乳幼児は、特に熱中症になりやすい傾向があります。熱中症とはどのような症状なのか、予防法、もしなってしまった場合の対処法までご紹介していきます。


【医師監修】子供の肺炎の3つの症状と風邪との違い、受診の目安は?

【医師監修】子供の肺炎の3つの症状と風邪との違い、受診の目安は?

子育て中のママは、子供の肺炎の症状を把握しておきましょう。風邪だと軽く考えていたら肺炎で入院騒動に発展……なんてケースも少なくありません。「高熱は出る?」「薬で治るの?」「予防法はあるの?」など、ママが知りたい情報をお伝えします。


【医師監修】熱性けいれんとてんかんの違いとは?

【医師監修】熱性けいれんとてんかんの違いとは?

熱性けいれんとは、発熱とともにけいれんなどの発作を起こす、子供に多い病気です。けいれんの症状は激しく、はじめてけいれん発作を見たママやパパが動揺してしまうのも無理はありません。2015年に日本小児神経学会によって改訂された、熱性けいれんの診療ガイドラインに沿って、熱性けいれんについての基本的な情報を紹介します。


【医師監修】小児救急に行く前に! 覚えておきたい親のための豆知識

【医師監修】小児救急に行く前に! 覚えておきたい親のための豆知識

子供の病気やケガは、ある日突然起こってしまうもの。心配のあまりパニックになってしまうこともありますよね。そのようなときに備え、即受診する必要のある症状や救急医療について、事前に知っておくと便利です。今回は、子供の救急対応についてご紹介します。ママもプレママも、確認しておきましょう。