【医師監修】生後3ヶ月の便秘! うんちが出なくて受診したほうがいいのはどんなとき?

【医師監修】生後3ヶ月の便秘! うんちが出なくて受診したほうがいいのはどんなとき?

低月齢の赤ちゃんでうんちが出ず、便秘のような様子が見られたら、少し心配になりますね。大人の便秘対処法をそのまま試すわけにはいかない赤ちゃんの便秘には、どう対応すれば良いのでしょうか? 医療機関を受診したほうが良いかどうかの目安とともに解説します。


便秘とは

Getty logo

「便秘」は、うんちが「長時間出ない」か「出にくい」状態のことです。週に3回より少なかったり、5日以上出ない場合「便秘」となりますが、毎日出ていたとしても、排便時に痛がって泣いたり、肛門が切れて出血するような場合も便秘と考えられます。

赤ちゃんの便秘

より詳しく説明すると、赤ちゃんでは「排便が週2回以下、あるいは硬くて痛みを伴う排便で、かつ下記のうち少なくとも1つがある場合」、「便秘(慢性便秘症)」とみなされます[*1]。

1.1週間に2回以下の排便
2.トイレでの排便を習得した後、少なくとも週に 1 回の便失禁
3.過度の便の貯留の既往
4.痛みを伴う、あるいは硬い便通の既往
5.直腸に大きな便塊の存在
6.トイレが詰まるくらい大きな便の既往

便秘で受診したほうがいいのはどんなとき?

便秘は大人もよくなりますが、赤ちゃんの小さなお腹にうんちが溜まっていくと考えるとちょっと慌ててしまいがち。便秘が心配なとき、受診したほうが良いのはどんな場合でしょうか。

こんな場合は小児科で診てもらおう

下記のような様子が見られたら、小児科を受診しましょう。

・排便が週に3回より少ない
・排便が5日以上ない日が続く
・毎日出ていても、出す時に痛がって泣いたり、肛門が切れて血が出る
・小さいコロコロの便や、軟らかい便が少しずつ、1日に何回も出る


なお、下記のような場合はすぐに受診するようにしてください。

・嘔吐を繰り返す、緑色の嘔吐がみられる
・血便
・お腹が張っている

赤ちゃんの便秘症のケア

ある程度大きくなった子供や大人では、処方された下剤を内服する以外にも、生活習慣を整えたり、できるだけ体を動かしたり、水分補給に努めたりすることで便秘を予防することもできますが、低月齢の赤ちゃんでは難しいですね。

赤ちゃんの便秘症の治療方法はまだあまり確立されていないそうですが、おもに下記のような方法が試されることが多いようです[*2]。その子の状態によって適切な対処法は変わってくるので、主治医に相談したうえで試してみましょう。

1.肛門刺激(綿棒浣腸)
綿棒にワセリンなどを塗り、肛門から1~2cm挿入することで刺激する。肛門を痛めないようにやさしく行う。
2.ヨーグルト
離乳開始後(生後5~6ヶ月以降)の赤ちゃんの場合は、毎日少量のヨーグルトを与えることで便通がよくなる場合がある。
3.糖類下剤
上記の方法を試みても便秘が続く場合には、マルツエキスやラクツロースなどの糖類下剤を試してみる。
4. その他の下剤や浣腸
すべて無効の場合には、医師によりその他の下剤が処方されたり、浣腸を指示されることもある。
必ず医師と相談しながら行う。

まとめ

生後3ヶ月の赤ちゃんの便秘について、そもそもどういった状態が便秘なのかと対処方法を解説しました。排便の回数はもともと個人差が大きいものですが、ここで紹介した程度に回数が少なかったり、排便が辛そうな場合は、たかが便秘と放置するのではなく一度受診して全身の状態を含め診てもらいましょう。

この記事の監修ドクター
梁 尚弘先生
りょうキッズクリニック(埼玉県所沢市)院長。平成10年順天堂大学卒業後、日本大学小児科研修医、沼津市立病院小児科、横須賀市立市民病院小児科、日本大学小児科助教、瀬戸病院小児科医長を経て現在に至る。小児科専門医。

(文:マイナビウーマン子育て編集部)/監修:梁 尚弘先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]日本小児栄養消化器肝臓学会・日本小児消化管機能研究会「小児慢性機能性便秘症診療ガイドライン」
http://www.jspghan.org/constipation/files/guideline.pdf
[*2]こどもの便秘の正しい治療/日本小児栄養消化器肝臓学会・日本小児消化管機能研究会
http://www.jspghan.org/constipation/files/pamphlet.pdf

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

【医師監修】赤ちゃんの便秘 | 原因と5つの解消法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1541

赤ちゃんのうんちが何日も出ていないと、もしかして便秘? と心配になりますよね。いったい何日出ていなければ便秘になるのでしょうか? 判断基準と4つの解消法をご紹介します。浣腸や便秘薬など、気になる問題にもお答えしています。

【医師監修】新生児の便秘の症状って? 原因や対策方法まとめ

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1416

生まれて間もない赤ちゃんでも、便秘をすることはあります。でも、新生児のうちは口にするものもうんちの状態も大人とは違います。新生児の便秘とはどんなものなのか、その原因や対策とともに紹介します。

【医師監修】便秘の原因は離乳食? 離乳食期の便秘予防・解消の5つのコツ

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7778

離乳食を始めてから、どうも赤ちゃんが便秘がち…。何日も便が出ていないと、心配ですよね。しかし、それは決して珍しいことではないのです。なぜ、便秘になりやすいのでしょうか。また、便秘解消のコツについても説明します。

【医師監修】子供の便秘のサインと危険な便秘の見分け方、予防法と対処法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/8128

便秘は大人の病気だと思っていませんか? いえいえ違います。子供にも便秘は起こります。また最近は子供の便秘が増えているとも言われます。大人の便秘とは違う注意点も。その特徴と予防法、対症法を解説します。

【助産師解説】綿棒浣腸のタイミングと方法、便秘の見極め方と繰り返さない対策

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/4473

育児の大きな悩みのひとつ、赤ちゃんの便秘対策として綿棒浣腸の方法とタイミングを助産師が解説します。何日うんちが出なければ便秘なのでしょうか?見極め方と繰り返さないための対策についてもお伝えしています。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。


【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

【絵本】おばけだって成長したい! ながおたくま「のほほんべー」

マイナビウーマン子育てと絵本作家のながおたくまさんとのコラボ企画!ながおたくまさんの絵本がKindle電子書籍に登場しました。もっとおばけの成長を描いた絵本「のほほんべー」の魅力をご紹介します。


最新の投稿


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

妊娠すると、数週間に一度、妊婦健診を受ける必要があります。特に初めての妊娠は、ひとりで受診することを不安に感じ、旦那さんに付き添ってもらう人も少なくないようです。では実際、どれくらいの人が旦那さんと一緒に妊婦健診に行ったのでしょうか? 「行く」派と「行かない」派のエピソードも合わせてご紹介します。


離乳食のほうれん草はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のほうれん草はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

葉物野菜の定番、ほうれん草は離乳初期から取り入れられる食材です。今回は離乳食でも下処理のコツ(レンジ加熱OK? 塩茹でする?)などを解説します。初期・中期・後期、それぞれの時期の赤ちゃん喜ぶ離乳食レシピもお試しください。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。