出産後、何が変わった? ママたちが直面していること

出産後、何が変わった? ママたちが直面していること

子供の誕生は、感動的なもの。出産を経て、自分の考え方や価値観が変わったと感じる人はどのくらいいるのでしょうか? ママのみなさんに聞いてみました。


Getty logo

出産後に変わったことって何かある? ママたちに大調査!

ある72.3% / ない26.7%

出産して自分の価値観が変わったと答えた人は、7割以上。子供が生活の中心になったり、価値観がガラリと変わった人もいるようです。はたして、どのように変化したのでしょうか?

出産後価値観が変わった人の意見

子供優先に

・子供が自分の生活すべての中心となった。(37歳/食品・飲料/事務系専門職/法務・財務・人事・総務など)

・母性が強くなって、旦那や自分より子供を優先するようになった(40歳以上/主婦)

子供が生活の中心になることで、ママとしての自覚が芽生えたり、母性が強くなるのかもしれません。

子供がもっと好きに

・子供好きじゃなかったが、我が子だけは別格に可愛い(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・前より他人の子供も可愛いと感じるようになった(38歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など)

出産後は自分の子供がかわいいと思うのはもちろん、他人の子供もかわいいと感じるようです。

子供への責任感

・命の重さを強く感じるようになった。(27歳/その他/専門職/金融・不動産・医療・福祉系等)

子供を育てる責任感が芽生え、金銭的な部分だけでなく、毎日の食事や栄養面の管理もしっかりするようになったという意見もありました。

出産後変わったことはない、という意見

考えたことがない

・特に変わらないし、そこまで考えたことがない(33歳/情報・IT/事務系専門職/法務・財務・人事・総務など)

・考えたことがないからわからない(33歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

特に変わったことがないという意見や、出産後の子育てが忙しくて考える余裕がないと答える人もいました。あまり意識する場面がないのかもしれないですね。

自分は自分

・私は昔から私だから、そういうところはない(26歳/運輸・倉庫/技術職/研究開発、建設・建築・設備工事、その他)

・出産したからといって何も変わらない。(23歳/学校・教育関連/事務系専門職/法務・財務・人事・総務など)

何も変わらないという人も一定数いました。

■まとめ

出産してから自分の価値観が変わったという人は7割以上いました。生活が子供中心となり、子供を育てる責任感が芽生えたり、母性を意識するようになったり。変わっていないと答えた人もいましたが、無意識のうちに変わっていたり、あまり意識する機会がないのかもしれません。

マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2016年11月8日~11月29日
調査人数:103人(22歳~40代までのプレママ・ママ)

(マイナビウーマン子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連するキーワード


産後 産後の生活 産後ケア

関連する投稿


【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

「ニップルシールド(乳頭保護器)」は、母乳育児がうまくいかないときのお助けアイテムのひとつ。市販されていて誰でも購入できますが、使用にはいくつか注意点があります。特に痛みがあるときの使用については、よく確認した方がよさそうです。ニップルシールドの利点とリスク、使うときの注意点を紹介します。


コンビ×「Cake.jp」のベビーシャワーケーキがかわいい! 妊婦も食べられる安心素材

コンビ×「Cake.jp」のベビーシャワーケーキがかわいい! 妊婦も食べられる安心素材

コンビと通販サービス「Cake.jp(ケーキジェーピー)」は、『マタニティさんをお祝いするベビーシャワーケーキ』の販売を開始しています。


【新型コロナウイルス】妊活・妊娠・授乳中の女性はどう過ごしている?

【新型コロナウイルス】妊活・妊娠・授乳中の女性はどう過ごしている?

ゲンナイ製薬は、「コロナウイルスで自重していること」について、妊活中・妊娠中・授乳中の女性を対象に意識調査を実施しました。


【助産師監修】乳頭亀裂の原因は?正しい治し方とケア、予防方法

【助産師監修】乳頭亀裂の原因は?正しい治し方とケア、予防方法

乳頭がひび割れたり皮がむけたりして、痛みや感染症の危険がある乳頭亀裂。出産の後、授乳の時にまでこんな苦しみがあるなんて知らなかった…という人も多いでしょう。乳頭亀裂の正しいケアや予防法をまとめました。


【助産師監修】乳口炎とは?白斑ができる?症状と対処法、乳腺炎との関係

【助産師監修】乳口炎とは?白斑ができる?症状と対処法、乳腺炎との関係

乳頭に小さな白い塊ができて、チクチクと痛い。そんな症状があったら乳口炎(にゅうこうえん)かもしれません。乳口炎は、授乳中によく見られる乳房トラブルの一つです。放置すると乳腺炎になることもあるので、早めに対処しましょう。


最新の投稿


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。


スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

スシロー「大切りの夏!100円の夏!」開催 新感覚デザートも登場

あきんどスシローは8月5日より、全国のスシローにおいて人気メニューを取り揃えた「大切りの夏!100円の夏!」フェアを開催します。さらに、さっぱりした新感覚のデザートスープを期間限定発売します。


ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

ベビーフードのおすすめは?月齢ごとにおすすめBFを紹介【管理栄養士監修】

赤ちゃんの離乳食が始まると、ママ・パパの強い味方になってくれるのがベビーフード。今回は、様々なメーカーから販売されている商品の中でも、無添加のものを中心に、月齢ごとのおすすめのベビーフードをご紹介します。