ママのための悩み解決サイト
妊娠中・産後の女性必見!ヨガを始める前の注意点やおすすめのウェア

妊娠中・産後の女性必見!ヨガを始める前の注意点やおすすめのウェア

妊娠して、お腹が大きくなってくると自由に動けなくなったり、動くのが億劫になり運動不足になりがちです。日々変化する妊婦の身体をゆったりとした動きでサポートできるのが「マタニティヨガ」。産後ママもにもおすすめです。まずは始める前に、マタニティヨガがどんなものかをご紹介していきます。


マタニティヨガとは?

Getty logo

ヨガを体験したことがありますか。瞑想や呼吸法、身体を静かに動かしながらポーズを取り、筋肉をほぐし代謝をアップしてくれるなど、精神的・身体的なメリットが感じられる運動の一つですよね。そんなヨガを妊婦さん用にアレンジされたマタニティヨガも人気なので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

マタニティヨガってどんな運動?

妊婦期に起こる体調や体型の変化に対応できる体力づくりや出産への不安を軽減するなど、リラックス効果を求めて行われる運動です。身体に負担がかからないプログラムを取り入れ、血行を促進しむくみを解消したり、腰痛の緩和など妊婦の身体をサポート。妊婦のことを考えた、妊婦のための運動と言えるでしょう。

始める時期は?

ヨガの起源は約4500年前という説もあるほど古くから親しまれ、心と身体を最も安定した状態に近づけるとされてきた健康法です。ゆったりとしたものから運動量の多いものまで様々な種類がありますが、マタニティヨガは妊婦の身体に無理のない動きなので、妊娠4ヶ月ごろから安心して始められるでしょう。

服装は?冷える足元に靴下はOK?

動きやすい服装がベスト。ヨガ用品のメーカーやブランドから出ているものはもちろん、ウエストが調節可能なトレーニングウェアやジャージ、またはお腹がかくれるくらい大きめのサイズやメンズウェアなど体操しやすい服装がおすすめです。

足元の冷えが気になる方は、滑り止め加工された靴下や五本指ソックス、指なしなどヨガ用ソックスを着用すれば安心ですよね。冷え対策もしっかりするとよいでしょう。上半身も冷やさないためには、長袖のウェア着用もお忘れなく!

ヨガを行う際の注意点

Getty logo

【妊婦さんへ】お腹の小さな命と自身の身体に相談!

ヨガを行う時は、注意しなければならないことがあるので覚えておきましょう。

・ヨガを始める前に医師に相談を(16週以降に始めるのがよいとされていますが、たとえ安定期に入っても自己判断せずに医師の意見を伺いましょう)

・家族にも相談を

・お腹の張りが気になるときは見送る

・疲れていると感じるときはお休みを

・ゆったりとした服装で行う

・タオルやヨガマットなど用意してから行う

・健康保険証、母子手帳、産科診察券を持ち歩く

など。

「絶対に無理は禁物!」です。まわりに迷惑がかかるからと我慢せずに、レッスン中でも体調に異常を感じたら中止する勇気を。お腹の中の小さな命と自身の身体をしっかり守るためにも無理はしないように気をつけてください。

【産後ママへ】自分と子供の体調管理を!

妊娠中についた脂肪や体型の崩れ、産後の疲労やストレス回復のために、ヨガを行うママも多いようです。産後ヨガでの注意点を覚えておきましょう。

・産後1ヶ月の検診時に医師への相談。(帝王切開の場合は、産後2か月くらいは様子を見るとよいかもしれません)

・子供も自分も産後の外出時間は徐々にならしていく

・ヨガマットと動きやすい服装を準備

・外出する場合、自分と子供の体調管理を

など。

産後は、自分一人ではなく子供の体調やペースを見ることも大事になってきます。注意を払いながら行いましょう。

産後に子連れで参加できる親子ヨガとは?都内近郊のスタジオを紹介

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/2619

産後の体を引き締めたい!もとの状態に戻したい!そんなママにおすすめの産後ヨガ。赤ちゃんや子供と一緒にヨガを楽しめる親子ヨガを取り入れているヨガスタジオも増えています。親子ヨガのメリットや子連れで行けるヨガスタジオを紹介します。

産後に子連れで参加できる親子ヨガとは?都内近郊のスタジオを紹介

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/2619

産後の体を引き締めたい!もとの状態に戻したい!そんなママにおすすめの産後ヨガ。赤ちゃんや子供と一緒にヨガを楽しめる親子ヨガを取り入れているヨガスタジオも増えています。親子ヨガのメリットや子連れで行けるヨガスタジオを紹介します。

お手頃価格で購入!おすすめのおしゃれなウェア

Getty logo

おすすめヨガウェア・ユニクロ

マタニティウェアのラインナップからは「マタニティレギンス」(1500円)がヨガウェアとして活用できそうです。リブ素材なので、やさしくフィットし、ヨガの動きを妨げない心地よさ。黒とダークグレーの2色展開なので、買い揃えてトップスとのコーデを楽しめます。また、2013年にデビューした「リラコ」は夏のマタニティヨガにいかがでしょうか。

●ユニクロ ホームページ「 マタニティレギンス」
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404837-08

●ユニクロ ホームページ「リラコ」
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/405206

おすすめヨガウェア -GU-

ゆったりとした履き心地のベロアパンツがおすすめ。ヨガウェアとして使われていることも多いようです。サイズ大きめを選ぶと、産後も活躍してくれそうですね。ベロア素材なので色に深みがあり、とってもおしゃれ。長袖でも半袖でも相性がよいのも嬉しいポイントです。

●GU(ジーユー) ホームページ「ベロアパンツ」
http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/300168-13

おすすめヨガウェア -しまむら-

可愛くておしゃれなウェアが見つかりそうなプチブランド「しまむら」。ゆったりとした大きめサイズのパーカーやお腹をすっぽりと包み込んでくれるTシャツをトップスにすれば、レギンスでもゆったりパンツでも相性よくコーデができますね。

●しまむら ホームページ「 レディース 大きいサイズ」
https://www.shimamura.gr.jp/shimamura/sp/ookii/?xref=11

ヨガの行き帰りにベストな服装とは?

ヨガに行く時、行き帰りの服装を悩むという方が多いかもしれませんが、基本的に服装は何でもOK。ルールや常識など特にないので、好きなコーデを楽しむのがよいでしょう。少しアドバイスをするならば『着替えやすいもの』がベストかもしれませんね。時間がかからずサッと着替えられれば、気分よく家路に着くことができそうです。冬場は風邪を引かないように着込むなど、自分の身体への気遣いも大切にしましょう。

まとめ

妊婦さんや産後のママさんに人気のマタニティヨガを始める際には、医師への相談や自分の体調を意識することが大切なようです。疲れや負担を軽減し、リラックス効果も望める時間を大切にし、素敵なマタニティライフをすごしたいものですね。まずはプチプライスのウェアから揃えていくなどスタイルから入ってみてはいかがでしょうか。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


【医師監修】妊婦の腰痛の原因と対処法、効果的なストレッチ・体操

【医師監修】妊婦の腰痛の原因と対処法、効果的なストレッチ・体操

腰痛は多くの妊婦さんが経験するマイナートラブルのひとつです。妊娠中に腰が痛くなる原因、予防のためにできること、改善が期待できるストレッチや体操についてお伝えします。少しでも日常を快適に過ごすためにお役立てください。


【医師監修】つわりはいつから?  治まるまでの期間とピーク時期の対処法

【医師監修】つわりはいつから? 治まるまでの期間とピーク時期の対処法

妊娠初期の妊婦さんを悩ませる不調の一つに、「つわり」があります。多くは妊娠16週ごろ までに自然に治まりますが、症状や期間には個人差があり、自分に合った方法で対処することが肝心です。つわりの時期を上手に乗り切る秘訣を探ってみました。


【医師監修】切迫早産って何?早産になるのはいつから?原因や症状、赤ちゃんへの影響について

【医師監修】切迫早産って何?早産になるのはいつから?原因や症状、赤ちゃんへの影響について

流産が起こり得るのは妊娠22週未満まで。これ以降心配になってくるのが切迫早産や早産ではないでしょうか。これらはどのような場合に起こり、赤ちゃんへはどのような影響があるのでしょうか。今回は早産と切迫早産の原因や症状、赤ちゃんへの影響などを詳しく説明します。


【医師監修】切迫流産とは?症状と原因、流産との違い

【医師監修】切迫流産とは?症状と原因、流産との違い

無事に元気な赤ちゃんを産みたい!と思うママさんにとって気になる「切迫流産」。流産とは違うというけれど、どう違うのでしょうか。 今回は切迫流産について、流産との違い、症状、原因などを詳しく説明します。


【医師監修】エンテロウイルス感染症って、どんな病気? お腹の赤ちゃん・新生児への影響は?

【医師監修】エンテロウイルス感染症って、どんな病気? お腹の赤ちゃん・新生児への影響は?

エンテロウイルス属は、いわゆる“かぜ”の原因として知られており、子供ではヘルパンギーナや手足口病などを引き起こします。ポリオウイルスもその仲間です。ここでは、妊婦さんなど大人がかかった場合について紹介します。


最新の投稿


【医師監修】妊娠初期の下腹部痛が起こる主な原因と対処方法

【医師監修】妊娠初期の下腹部痛が起こる主な原因と対処方法

妊娠がわかれば、うれしい気持ちになると同時に、「赤ちゃんはちゃんと育っているだろうか」とついつい心配になってしまうものです。特に下腹部痛が起こると「もしかして、何かの異常?」と不安に思うかもしれません。ここでは、妊娠初期(~妊娠15週)に起こる下腹部痛の主な原因や対処法について解説します。


【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

妊娠を待ち望む女性にとって予定日が過ぎても生理が来ないと、「もしかしたら妊娠したかも?」と気になります。妊娠すると、生理が来ないだけでなく、他にはどのような症状があるのでしょうか。今回は妊娠超初期の症状や体の変化について詳しく説明します。


【医師監修】妊婦のダイエットはOK?妊娠中の太り過ぎのリスクと対処法

【医師監修】妊婦のダイエットはOK?妊娠中の太り過ぎのリスクと対処法

妊娠中は赤ちゃんや胎盤・羊水の重さ、また血液の増加分などで体重が増えるのは当たり前のこと。しかし、肥満や妊娠中の体重増加が多すぎる人は、肥満によってかかりやすい疾患の発症リスクが高まったり、出産時のトラブルリスクに。妊娠中の太りすぎのリスクや、妊婦の体重をどうコントロールすれば良いのか、についてまとめました。


【医師監修】妊娠後期のお腹の張りはどんな感じ?陣痛との見分け方、注意したい張りとは

【医師監修】妊娠後期のお腹の張りはどんな感じ?陣痛との見分け方、注意したい張りとは

妊娠初期のころから、たびたび感じる「お腹の張り」。妊娠後期、特に臨月に入れば、陣痛の張りなのか、そうではない張りなのか、見分け方も気になるところです。感じ方は人それぞれですが、中には注意したい「張り」もあります。今回は妊娠後期以降に感じやすいお腹の張りについてまとめました。


【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは?陣痛とそのほかの痛みとの見分け方

【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは?陣痛とそのほかの痛みとの見分け方

「臨月」と呼ばれる妊娠10ヶ月に入ると、出産の日はもうすぐ。赤ちゃんに会えるのは楽しみだけれど、特に初めての出産の場合は陣痛がいつ始まるかドキドキ、不安な人も多いのではないでしょうか。一方で、臨月に感じるお腹の痛みすべてが陣痛ではありません。今回は臨月の腹痛について、陣痛とそのほかの痛みとの見分け方も含めてご紹介します