【医師監修】赤ちゃんをスムーズに寝かしつける方法! 寝ない4つの原因とは?

【医師監修】赤ちゃんをスムーズに寝かしつける方法! 寝ない4つの原因とは?

赤ちゃんや子供を寝かしつけるのは、夜の大仕事。「いつまでも寝てくれない」「寝ぐずりがひどい」など、お悩みのママも多いことでしょう。今回は、乳幼児が寝ない原因を掘り下げながら、それを解消するための方法や考え方、スムーズに寝かしつけるコツなどを紹介していきます。


赤ちゃんの睡眠リズム

Lazy dummy

新生児に昼夜の区別はない

生まれたばかりの赤ちゃんには、昼夜の区別がありません。3~4時間ごとに目を覚まし、母乳やミルクを飲み、また眠る、ということを繰り返します。面倒を見るママやパパは大変ですが、これはどうしようもないこと。

この時期には、寝かしつけるというよりも、泣いていたら、おなかがすいていないか、オムツが濡れていないか、暑くないか寒くないかなどを確認してあげたり、抱っこして安心させてあげることを優先してください。

新生児が寝ない5つの理由と上手な寝かしつけ方【医師監修】

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/2130

新生児は、ママの思い通りには寝てくれません。これは、最初に経験する「子育ての大変さ」ではないでしょうか。今回は、新生児が寝ない理由と、上手な寝かしつけの方法をご紹介します。

生後3~4ヶ月で睡眠リズムができてくる

生まれて3~4ヶ月になると、徐々に昼夜の区別がついてきて、夜は眠れるようになる時間が長くなり、昼に起きている時間が長くなります。とはいえ、赤ちゃんはまだまだ大人と同じように長時間起きていることはできません。なお、子供が昼間ずっと起きていることができるようになるのは、大体5~6歳からです。

寝かしつけができるようになってくるのは、早くても昼夜の区別がつき始める3~4ヶ月以降と考えましょう。始めはうまく寝てくれないかもしれませんが、続けることで赤ちゃんの中にもリズムが少しずつできていきますよ。

赤ちゃんを寝かしつけるために必ずやりたい3つのこと

明かりを暗くしよう

寝かしつけるときは、まず、照明の明るさを落とすことが大切です。

夜に光を浴びると、寝る・起きるのリズムが崩れてしまいます。できるだけ暗い環境にして、眠りに誘うように心がけましょう。また、朝になったら光を浴びることも大切です。

入眠儀式を作ろう

入眠儀式とは、毎晩寝る前にする習慣的な行動のこと。毎日寝る前に同じことを繰り返していると、その行動と寝る時間が子供の中で結びつき、眠りに誘いやすくなると考えられています。子供が自然に眠くなるのを待つのではなく、意識的に入眠儀式を作って眠りに誘いましょう。お父さん・お母さんと同じ生活スタイルをまねるといいですよ。

基本的に入眠儀式は、興奮せずに楽しめることなら、子供が好きなことを好きなようにやってかまいません。子供が「寝るのは楽しい」と感じられることが大事なのです。大切なのは、決まったことを決まった順番で、毎日続けて習慣にすること。次の例を参考にしてみてください。

・お風呂
・お片づけ
・スキンシップ
・絵本の読み聞かせ
・部屋の明かりを暗くする
・落ち着く音楽を小さな音で流す(オルゴールなど)

こうしたことを習慣化して行うことで、子供は心身ともにリラックスし、安心して眠りにつきやすくなります。

質の良い睡眠をさまたげるものを避けよう

睡眠の質にも配慮しましょう。質の良い睡眠をさまたげるものがあると、寝つきが悪くなるばかりか、眠りも浅くなってしまいます。

まず注意しなければならないのは、携帯電話・スマートフォン(スマホ)、テレビ、パソコンなどのブルーライトを発する機器です。寝る前に見ていると、メラトニンというホルモンに影響がでるため、寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなることがあります。

このほかに、子供に不快感を与えていることがあれば取り除くことが必要です。「空腹感はないか」「部屋の温度は適切か」「衣服や布団は快適か」など、なかなか子供が寝ついてくれないときには、チェックしてみてください。

入眠儀式で使いたい! 寝る前の読み聞かせにおすすめの絵本3選

『もうねんね』松谷みよ子(童心社)

『いないいないばあ』でおなじみの松谷みよ子さんの絵本です。長年にわたって多くの親子に愛されてきた名作といえるでしょう。繰り返しの多い文章は耳に心地よく、淡い色彩の絵は目にやさしく、赤ちゃんも読んでいるママもやさしさに満たされて眠りにつけそうです。

『ノンタンおやすみなさい』キヨノサチコ(偕成社)

子供に人気の「ノンタン」シリーズの一冊。夜、眠くないノンタンが友だちの家に遊びに行き、さんざんな思いをして、結局家に帰って眠るお話です。お話を楽しみながら、「夜は寝た方がいい」ということが子供の心に届くようです。

『ねないこ だれだ』せなけいこ(福音館書店)

「寝ない子はおばけになる」という内容から、寝かしつけのときに活躍したという先輩ママの声をよく聞きます。内容がシンプルなので、赤ちゃんのころから読み聞かせることができ、長く子供のお気に入りになるようです。子供に強く印象を残す絵本の一つ。

寝かしつけのよくある悩みQ&A

赤ちゃんが泣いて寝つかないときのいい寝かしつけ方はある?

赤ちゃんが安心できるように、おなかや背中をやさしくトントンしたり、ぴったりと添い寝をして、ママの寝息を聞かせてあげたりする方法が効果的です。

それでもうまくいかない時には、「だっこして5分歩く」方法を試してみるとよいでしょう。体に赤ちゃんのおなかと胸をピッタリくっつけ、グラグラさせないことがポイント。だっこでもおんぶでも、だっこひもを使ってもかまいません。親に運ばれているときに泣きやんでおとなしくなるのは、ほ乳類の赤ちゃんに備わった本能なのだそうです。

ママ以外だと寝ない! どうすれば?

一説によると、夜は不快をがまんすることが難しく、昼間以上に心地よさを求めたくなる時間なのだそうです。赤ちゃんがママ以外の人だと寝てくれないのは、ママと同じような安心、安全、安楽を他の人からは感じられない状態なのかもしれません。夜は赤ちゃんが安心して寝るには、特にハードルが高いのです。

慣れているはずのパパや他の人でも、もう一歩進んで、ママ並みに信頼されるための努力が必要です。やさしい抱っこ、語りかけ、スキンシップを心がけ、ミルクの授乳などができたら、お昼寝の寝かしつけにトライ。そして、それがうまくできるようになったら、十分に遊ばせた日の夜にトライするのがよいでしょう。すんなりいかず、時間がかかることも多いです。

なぜ寝ない? なかなか眠らない子の原因チェック4つ

生活リズムは整ってきてる?

夜になっても眠くならず、むしろ生き生きと活動的になってしまうのは、生活リズムができていないのかもしれません。お昼寝をたっぷりしすぎてしまったり、寝かしつける時間が不規則だったり、遅く帰宅したパパと遊んだり、とさまざまな原因が考えられます。

生活リズムを整えるには、次のようなことに気をつけてみましょう。
・朝きちんとおきて日の光を浴びさせる。夜の就寝時には照明を暗くする。
・昼寝は月齢に合った長さにし、寝かせ過ぎない。夕方には寝かせない。
・起床、食事、入浴、入眠の時間をできるだけ一定にする。

昼間ちゃんと遊んでる? 適度に疲れてる?

スムーズに眠りにつくには、体と頭が適度に疲れていることも必要です。昼間の遊びや体験が足りているかをチェックしてみましょう。疲れると昼寝が長くなりがちですが、浅く短く済ませるように促しましょう。

スマホやテレビを見すぎてない?

前述のとおり、スマホやテレビと睡眠の関係も無視できません。スマホ、タブレット、液晶テレビ、パソコンなどは、寝る直前だけでなく、夜間にはできるだけ見せないようにしましょう。

寝かしつけをあきらめてない? 一緒に遊んでない?

子供は眠たくなったら寝るだろうと考えて、決まった時間に寝かしつけるしつけをしないでいると、いつまでも睡眠についての習慣が育ちません。寝る前に自由に遊ばせてしまったり、遊びに付き合ってしまったりするのも、同様です。子供は、眠れる時間にも眠らず、もっと遊んでいたいと考えるようになります。

このような場合にも、あきらめずに眠るしつけを開始することです。入眠儀式を作り、電気を消して暗くするなど、子供を眠りに誘う努力をしてみましょう。

寝不足? 日本の子供の睡眠事情

日本における子供の睡眠事情

ニュージーランド、オーストラリア、イギリス、ベトナム、韓国、インドなど世界17カ国で実施された0~3歳の乳幼児の睡眠に関する調査で、日本の乳幼児の睡眠時間が最も少ないことがわかりました[*1]。他の国々の子供と比べて、日本の子供は寝不足気味なのです。

早寝早起きのリズムはどう作る?

早寝早起きのリズムを作るためには、まず生活全体において、一定のリズムで過ごせていることが基本になります。その上で、早寝早起きにシフトしていくには、早起きの習慣をつけることから取り組みましょう。

また、早い時間での就寝方法については、「親が子供に合わせて、9時ごろに一緒に寝る」あるいは「子供だけ早く寝かせる」という二つが考えられます。親が就寝時間を子供に合わせられない場合には、子供だけ早く寝かせる方法に取り組んでみましょう。子供を布団に入れたら、まだ子供が起きていてもそばを離れます。簡単ではないかもしれませんが、効果的な選択肢の一つです。

まとめ

一日の終わり、疲れたママにとって、子供の寝かしつけは大きな負担となっていることが多いもの。お気に入りの絵本を読んだり、スキンシップを楽しんだりすることで、子供にとっても親にとってもリラックスできる時間になるといいですね。ママ一人で抱え込まないで、パパや家族などと協力して乗り切りましょう。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2020.03.02)

新生児が寝ない5つの理由と上手な寝かしつけ方【医師監修】

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/2130

新生児は、ママの思い通りには寝てくれません。これは、最初に経験する「子育ての大変さ」ではないでしょうか。今回は、新生児が寝ない理由と、上手な寝かしつけの方法をご紹介します。

この記事の監修ドクター
なごみクリニック院長 武井智昭先生
慶応義塾大学医学部卒業後、平塚共済病院小児科医長を経てなごみクリニック院長。日本小児科学会専門医、指導医。臨床研修医指導医。インフェクションコントロールドクター(日本小児感染症学会)。現在、0歳から100歳までの「1世紀」を診療する医師として、家庭医として地域医療に従事しながら、メディア等での執筆・監修を多方面で行っている。

参考文献
[*1]岡田清夏「乳幼児の睡眠と発達」Japanese Psychological Review2017, Vol. 60, No. 3, 216–229
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sjpr/60/3/60_216/_pdf

厚生労働科学研究費補助金 未就学児の睡眠・情報通信機器使用研究班「未就学児の睡眠指針」
https://www.mhlw.go.jp/content/000375711.pdf


※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


おへそまでカバー「パンパース はらまきパンツ」発売中!

おへそまでカバー「パンパース はらまきパンツ」発売中!

P&Gは、乳幼児用紙おむつブランドの「パンパース さらさらケア」シリーズから、おむつのベルト部分が同社商品(*1)よりプラス35%長くなった、期間限定おむつ「パンパース はらまきパンツ」を9月26日より新発売しました。


国産野菜にこだわった粉末状ベビーフードが新登場!

国産野菜にこだわった粉末状ベビーフードが新登場!

アサヒグループは和光堂ブランドより10月5日、素材にこだわった粉末状のベビーフード「国産素材フレーク とうもろこし&じゃがいもフレーク」「国産素材フレーク かぼちゃ&にんじんフレーク」を全国のベビー専門店、スーパー、ドラックストアなどで発売します。


学研の楽しく学べる知育ずかん!  人気シリーズの写真版が新発売

学研の楽しく学べる知育ずかん!  人気シリーズの写真版が新発売

学研プラスから『こどもずかん777 英語つき しゃしんバージョン』を9月17日発売開始されました。2003年発刊以来、シリーズ累計200万部を超えるベストセラー「こどもずかん」初の写真版です。


ピジョンから最上位モデルのベビーカー「nautR(ノートアール)」新発売

ピジョンから最上位モデルのベビーカー「nautR(ノートアール)」新発売

ピジョンは10月9日に、最上位モデルのA形ベビーカー「nautR(ノートアール)」を、アカチャンホンポ及び百貨店の一部店舗、ピジョン公式オンラインショップにて発売します。


マックの新ハッピーセット9月18日から期間限定新登場!

マックの新ハッピーセット9月18日から期間限定新登場!

日本マクドナルドは9月18日より期間限定で、ハッピーセット(R)「ジュラシック・ワールド」とハッピーセット(R)「ヒーリングっど♥プリキュア」を一部店舗を除く全国のマクドナルドで販売します。


最新の投稿


【医師監修】4歳児の理想的な睡眠時間は? なかなか寝ない原因と睡眠不足の影響

【医師監修】4歳児の理想的な睡眠時間は? なかなか寝ない原因と睡眠不足の影響

保育園や幼稚園で年少さんになる4歳は、本格的に集団生活が始まる年齢。そうした生活環境の変化が睡眠リズムにも影響を与え、十分な睡眠時間がとれなくなることも考えられます。そこで今回は4歳児の理想的な睡眠時間や睡眠不足に陥りがちな原因などを調べてみました。


おへそまでカバー「パンパース はらまきパンツ」発売中!

おへそまでカバー「パンパース はらまきパンツ」発売中!

P&Gは、乳幼児用紙おむつブランドの「パンパース さらさらケア」シリーズから、おむつのベルト部分が同社商品(*1)よりプラス35%長くなった、期間限定おむつ「パンパース はらまきパンツ」を9月26日より新発売しました。


離乳食の後期(生後9ヶ月・10ヶ月・11ヶ月ごろ)の進め方は?カミカミ期の量とかたさ【管理栄養士監修】

離乳食の後期(生後9ヶ月・10ヶ月・11ヶ月ごろ)の進め方は?カミカミ期の量とかたさ【管理栄養士監修】

食事・散歩・睡眠などの生活リズムが整い、2回食にも慣れる離乳後期。親御さんも離乳食づくりにだいぶ慣れてきたと思いますが、3回食に進むタイミングなど新たな疑問もわいてきます。今回は離乳後期の量や調理のポイントなど、この時期の離乳食の進め方のコツをお伝えします。


【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

【医師監修】3歳児の理想的な睡眠時間は? 睡眠不足の影響と対処法

「寝る子は育つ」という言葉があるように、子供の成長にとって睡眠はとても大切。3歳の子供の理想の睡眠時間は10~13時間、最低でも8~9時間はとる必要があるといわれます。今回は、3歳児の睡眠の特徴や就寝・起床時間、睡眠不足のリスク、睡眠改善のコツなどを解説します。


離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

離乳食の完了期(1歳~1歳半ごろ)の進め方は?パクパク期のおやつのあげ方など

栄養のほとんどを食事からとるようになる離乳完了期、通称“パクパク期”。前歯でかじり取って、奥歯や歯ぐきで上手にパクパク食べられるようになってきます。大人の食事に近づくこの時期の進め方のポイントをお伝えします。調理の手間をはぶくコツや、母乳・ミルクとのバランスなど、このころによくある悩みも要チェック!