離乳食のゆで卵はいつからOK?進め方、レシピ、アレルギー【管理栄養士監修】

離乳食のゆで卵はいつからOK?進め方、レシピ、アレルギー【管理栄養士監修】

赤ちゃんに食事を与える時、気になるのがアレルギーのことです。特に卵(鶏卵)などアレルゲンとなりやすい食品ではいつからどのように進めればいいのか迷うものでしょう。今回はゆで卵について、どのように離乳食に取り入れていったらよいのか、詳しく解説します。


この記事の執筆者
シライカヨコ 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
食品メーカーなどに20年携わったのち、現在はレシピ執筆/企業向け教育・衛生指導/妊産婦食・離乳食・幼児食・学童食の講演/OEM商品開発の提案などを行う。 離乳食アドバイザー認定講師の他、保育園の給食指導やとりわけ離乳食教室などで活動。 テレビ東京『所さんの学校ではおしえてくれないそこんトコロ』出演他
Instagram

「シライカヨコ 先生」記事一覧はこちら⇒

この記事の監修者
川口由美子 先生(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
一般社団法人母子栄養協会HP

「川口由美子 先生」記事一覧はこちら⇒

離乳食のゆで卵はいつからあげられる?

乳児期に多いアレルゲンの1つである卵は、いつからどのようにあげたらいいのかと心配になりますよね。逆に怖いからといって避けてしまうと、卵に豊富に含まれる栄養であるたんぱく質や鉄が摂れなくなってしまいますので、注意をしつつも始めていきましょう。

離乳食の初期は黄身(卵黄)のみ

厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版)」では、離乳初期でおかゆや野菜などを試した後に、かたゆでの卵黄から始めるようにとされています[*1]。

最初はしっかり加熱したかたゆで卵から卵黄だけ取り出して使います。

白身(卵白)は離乳食の中期から

厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版)」では離乳が進むにつれ、卵は卵黄から全卵へと進めていくとしています。

目安としてゆで卵の卵黄1個分位が食べられるようになったら白身(卵白)も含んだ全卵に進みます。食物アレルギーの発症を心配して、保護者の判断で特定の食物の摂取開始を遅らせても、食物アレルギーの予防効果があるという科学的根拠はありませんので、このころから少しずつ始めましょう。

ポイントポイント
最初は卵白をほんの少しから始めるといいでしょう。
アレルギー症状が出た場合にすぐに受信できるよう、初めて食べさせるのは、なるべく医療機関の開いている時間帯にすると安心です。

離乳食の卵の食べ進め方

実際に卵をはじめるにあたってのステップをご説明します。

離乳初期の卵の食べ進め方

最初は水から20分ほどゆでたかたゆで卵から卵黄を取り出して使います。ゆでてから時間をおくと卵白のアレルゲンが卵黄に移行しますので、早めに卵黄を取り出してください

取り出した卵黄をこし網などで、裏ごしします。初めての食品を始める時には、まずはほんの少しずつ。特に明確な決まりはありませんが、心配な場合は耳かき1杯から始め、その後は様子を見て気になる症状がなければ倍量ずつ増やしていきましょう。

離乳中期以降の卵の食べ進め方

固茹で卵の卵黄1個分が食べられるようになったら、全卵に進む目安です。

卵黄同様、こし網などで裏ごしして卵白と卵黄を一緒に与えます。少し食べにくそうならおかゆなどに混ぜてあげると良いでしょう。

ポイントポイント
卵黄は鉄分、卵白はたんぱく質が豊富に含まれています。
不安はあるかもしれませんが、開始の目安の時期を参考に、卵を食べさせ始めましょう。

知っておきたい卵のアレルギー

食物アレルギーの原因となるものはいろいろありますが、一番多いのが鶏卵で、中でも乳幼児期が一番多いので気を付けたいものです

卵アレルギーの症状

卵黄は、消化管アレルギーの1つである新⽣児・乳児⾷物蛋⽩誘発胃腸症に該当することが多く、主症状は嘔吐や血便などです。

卵白では、主に乳児アトピー性⽪膚炎が多くみられます。即時型症状として2時間以内に蕁麻疹、アナフィラキシーなどがみられることがあります。しかし、就学前に完解(治る)することが多いのが特徴です。

異常が見られたらどうする?

最初は比較的アレルギーの発症が少ない卵黄から与えるようにします。

異変が起きた場合、昼間に症状が出たのであればかかりつけ医に相談しましょう。休日や夜間であれば、スマートフォンなどから#8000をダイヤルすると「子ども医療電話相談事業」というお住まいの都道府県の相談窓口につながり、小児科医や看護師に相談できます。

しかし、既にぐったりしていたり意識が混濁している場合などは、119で救急要請をしましょう。その場合、体を横たえて休ませる際も、嘔吐物で窒息しないように横向きの姿勢にしてあげてください。

ポイントポイント
アレルゲンは皮膚から体内に入った時の方がアレルギーを発症するリスクが高まるともいわれています。
肌荒れをそのままにし、食品の摂取を遅らせるよりもしっかり保湿などで皮膚をコントロールすることが大切です。

離乳食の卵アレンジレシピ

離乳食に卵を使うのはドキドキしてしまうかもしれませんが、使いやすい食材でもありますし、いろどりもかわいいので、上手に取り入れていきましょう。

ゆで卵:卵黄|ピーマンと黄身の和えもの<離乳中期(7〜8ヶ月)〜>

材料(作りやすい分量)

・ピーマン 1/3個
・卵黄 1/2個
・だし汁(かつおだしなど) 100cc

作り方

① かたゆでした卵から卵黄を取り出し、ほぐしておく
② ピーマンをだし汁でくたくたになるまでやわらかく煮て、きざむ
③ ①と②をよく混ぜてできあがり

アレンジ例
パプリカは甘味があり、色どりもよくなるので、ピーマンの代わりに使ってもいいでしょう。
・だし汁が残った場合は、水溶き片栗粉などでとろみをつけてあげるとまた違ったおいしさがあります。

ポイントポイント
だし汁で煮ることで、苦味が緩和されて食べやすくなります。
ピーマンの皮が食べにくいこともあるので、むいてあげてもいいですね。

ゆで卵・全卵|ヨーグルトを使った卵サンドイッチ<離乳後期(9〜11ヶ月)〜>

材料(2回量)

・食パン 2枚(みみをカットした8枚~10枚切のもの)
・かたゆでしたゆで卵 1個
・無糖ヨーグルト 50g

作り方

① かたゆでしたゆで卵(ゆで時間:20分目安)を粗みじん切りにする
 ※こし網などで裏ごしして、なめらかにしておくとさらによい
② ①にヨーグルトを混ぜ、パンにはさんで食べやすい大きさにカットしてできあがり

ポイントポイント
やわらかい部分のパンは喉にはりつきやすいので、保護者が見守るのとともに、水分と一緒に食べさせる、パンを軽く焼くなどの工夫ができるといいですね。

まとめ

ゆで卵は、まずは黄身のみを離乳初期から食べさせてみましょう。徐々に量を増やしていき、卵1個分の黄身が食べられるようになったら白身の部分も合わせて食べられます。
自己判断により食品の摂取開始時期を遅らせたり、食べさせないなどが続いたりすると、栄養欠乏が起こることがあります。アレルギーに対してあまり慎重になりすぎず、肌の保湿をしっかりしながら適齢・適時に食べ進められるといいでしょう。

(文:シライカヨコ 先生、監修:川口由美子 先生)

※画像はイメージです

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】罪悪感は必要なかったーー外科医ママが離乳食で市販のベビーフードを使う理由『外科医ミューの子育て試行錯誤』Vol.7

【漫画】罪悪感は必要なかったーー外科医ママが離乳食で市販のベビーフードを使う理由『外科医ミューの子育て試行錯誤』Vol.7

子どもに苦手意識を持ったままママになった外科医・ミューさんが職場復帰! フルタイム勤務のママ外科医として日々奮闘するも、子育てや仕事の悩みは尽きず――!? トライ&エラーを繰り返しながらも前に進んでいく、働くママのリアルをお届けします。不定期で月曜日の更新です。


こだわりベビーフード「the kindest babyfood」がリニューアル、新価格で登場

こだわりベビーフード「the kindest babyfood」がリニューアル、新価格で登場

MiLは9月6日より、素材と栄養にこだわった “本当にやさしい” ベビーフード「the kindest babyfood」をリニューアルし、お求めやすい価格で発売します。


離乳食のりんごはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のりんごはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

身近な果物であるりんごは、甘酸っぱい味わいが老若男女問わず人気の食材。では、赤ちゃんはいつからりんごを食べられるのでしょうか? 離乳食でのりんごの下処理のコツ、加熱の必要性などを解説します。初期・中期・後期の離乳食レシピもご覧くださいね。


妊娠中でも辛いものは食べていい?赤ちゃんや妊婦への影響【管理栄養士監修】

妊娠中でも辛いものは食べていい?赤ちゃんや妊婦への影響【管理栄養士監修】

妊娠中はつわりの影響などもあり、食の好みが変化して辛いものが食べたくなる人も少なくありません。刺激の強い辛い食べ物はがおなかの赤ちゃんに影響があるのか気になりますよね。今回は妊娠中に辛い物を食べる際の注意点などを見ていきましょう。


妊婦なのに辛いラーメンを無性に食べたくなる!赤ちゃんへの影響は?【管理栄養士監修】

妊婦なのに辛いラーメンを無性に食べたくなる!赤ちゃんへの影響は?【管理栄養士監修】

妊娠中は食の好みが変化して、無性に辛いものが食べたくなる方も多いのではないでしょうか。辛いラーメンは塩分や油分に加えて香辛料の刺激も気になるところです。赤ちゃんへの影響や食べるときの注意点をまとめました。


最新の投稿


【うそ!他人の子供の写真を大量に……】迷惑! ママ友からもらったいらない物エピソード

【うそ!他人の子供の写真を大量に……】迷惑! ママ友からもらったいらない物エピソード

ママ友同士の間で、ちょっとした物をあげたりもらったり、なんて経験はありませんか? でも正直、「こんな物をもらっても迷惑!」なんてケースも多いのではないでしょうか。そこで今回は、「ママ友からもらったいらない物」についてのエピソードをご紹介します。


【何事!?】保育園で「お母さんすみません!」と謝罪 ⇒ 世界で一番かわいい事故が起きてた

【何事!?】保育園で「お母さんすみません!」と謝罪 ⇒ 世界で一番かわいい事故が起きてた

Instagramで子育て漫画を発信されるあむちさん。あむちさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【SNSでも話題!】巻かずにパタパタするだけ! 折りたたみキンパ

【SNSでも話題!】巻かずにパタパタするだけ! 折りたたみキンパ

韓国風のり巻きである「キンパ」。のり巻きは作るのが大変ですが、巻きすを使わずに作る「折りたたみキンパ」が、簡単であっという間に作れるとSNSで話題となっています。作るときの手順や具材の乗せ方など、上手に作るコツをご紹介します。


【医師監修】妊娠に気づかないことってあるの? 妊娠に気づく理由と時期・注意点<ママ体験談>

【医師監修】妊娠に気づかないことってあるの? 妊娠に気づく理由と時期・注意点<ママ体験談>

「お産が始まるまで妊娠に気づかなかった」という話を耳にしたことはありませんか。にわかには信じられないかもしれませんが、実際起こることもあるようです。妊娠になかなか気づけないとき、考えられる理由を解説します。また、妊娠に気づいた時期、そのきっかけの体験談も紹介します。


【いいもん見せてもらった】保育園最後の運動会で感動……成長にじーんとした話

【いいもん見せてもらった】保育園最後の運動会で感動……成長にじーんとした話

Instagramで子育て漫画を発信されるかめまるさん。かめまるさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。