お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

思い出すだけで赤面! 女子が恥ずかしくて死にたくなった経験5選 「100人以上いる場でおなら」他

思い出すだけで、顔から火が出そうになるような恥ずかしい経験ってないですか? みんなの注目を思いがけず集めてしまったことから、見られたくない部分をうっかり見られてしまったことなど、女性たちが経験したことのある「恥ずかしくて死にたくなった経験」をアンケートで集めてみました。

トイレで……(恥)

・「トイレの鍵を閉め忘れて開けられたとき」(27歳/医療・福祉/専門職)
・「だれでもトイレで男性に開けられたとき」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「トイレのドアが勝手に開いてしまった」(32歳/学校・教育関連/技術職)

トイレのドアがうっかり開いてしまい、他人に見られてしまった経験をあげる人が複数いました。これは、恥ずかしいかも……。

生理現象、とはいえ……(恥)

・「電車内でクシャミをしたら、音付きのオナラが出た等」(24歳/その他/事務系専門職)
・「カレの前でおならが出てしまったとき。」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「100人以上いる場でおならをしたこと」(25歳/建設・土木/技術職)

おならは生理現象、とはいえ女性として音を聞かれるのはとても恥ずかしいですよね。電車内や多くの人のいる場でして注目を集めることは、穴があったら入りたいという感じです。彼氏や好きな人には、絶対に聞かれたくないですよね。

あなた誰? 人違い……(恥)

・「人間違いをして、肩をたたいて挨拶してしまった」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「後ろにいた先輩をお客さんだと勘違いして営業スマイルで挨拶してしまった時」(24歳/生保・損保/事務系専門職)
・「手を振られていると思って振り返したら後ろの人にだった」(32歳/建設・土木/事務系専門職)
・「スーパーで彼氏と買い物中、彼氏と間違って知らない人のカゴにものを入れて話しかけたとき」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

これは、あるあるなのではないでしょうか? 人間違いをしたときの気まずさといったら……。すぐそばに友人などがいて、「間違えちゃったー」「何してんだよー」なんて会話ができるなら傷は浅いですが、たった一人のときにやっちゃったら……。

転んだりハマったり……(恥)

・「好きな人の前で派手に転んだ」(31歳/電機/事務系専門職)
・「全体会議で表彰時に台に上がる時、思いっきり転んだことがあり、消えたくなった。」(27歳/建設・土木/事務系専門職)
・「道でヒールが穴に引っかかった」(29歳/自動車関連/事務系専門職)
・「人通りの多い道で側溝にヒールがハマって抜けなくなったとき」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

人前で転んだり、ヒールがはまって動けなくなったり、ムダに注目を集めてしまうと恥ずかしいものですよね。先ほどと一緒ですが、誰かと一緒のときだと突っ込んでもらえて恥ずかしくない、というのはありますよね。

パンツが……(恥)

・「ぱんつにスカートが挟まったまま出歩いてしまったとき」(29歳/情報・IT/技術職)
・「スカートがパンツに挟まっていながら家から駅まで行ったこと」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「トイレから出てきたとき、スカートのすそが下着にはさまってパンツ丸見えでしばらく歩いていたとき」(28歳/機械・精密機器/技術職)

うっかりパンツが見えたままうろうろしてしまった経験をあげる人が、とても多かったです。パンチラ程度なら恥ずかしいですみますが、長い間その状態だったと分かったら……死にたくなってしまう女性の気持ちはよくわかります。

まとめ

みなさん何かしら恥ずかしい経験をしたことがあることがわかりました。もちろんそんな経験はないにこしたことはありませんが、言い換えれば「恥じらい」を持っているということ。オバサンになるといろんなことが恥ずかしくなくなる、なんていいますよね。いつまでも「恥じらい」を忘れない女性でいたいですね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません
※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数178件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]