お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

『はやぶさ2』今はどこを飛行中!?―地球からの距離:1,404万km

日本中を感動させた『はやぶさ』の快挙を受けて、2014年12月に『はやぶさ2』が地球から旅立ちました。現在、はやぶさ君はどのあたりを飛行中なのでしょうか。

【ヴァカンスは「宇宙タクシー」で宇宙旅行?NASAの宇宙タクシー事業が始動】

■現在、体調は万全! 2020年に地球へ帰る予定です!

まず『はやぶさ2』の飛行スケジュールを見てみましょう。

・2014年12月3日:打ち上げ
(予定では11月30日)
・2018年:小惑星「1999JU3」に到着
・2020年:地球に帰還

『はやぶさ2』の旅は6年間、50億kmもの長旅になります。

現在までに、各種装備の試運転が完了。また、四つのイオンエンジンに火を入れてみましたが全て正常に動作したことが確認されています。はやぶさ君の体調は万全! といったところでしょう。一安心ですね。良かったです!

では、はやぶさ君は今どの辺りを飛行中なのでしょうか。
1月8日、JAXAから公表されたデータによれば

●2015年1月7日14時00分(日本時間)現在
太陽からの距離:1億5,512万km
地球からの距離:1,404万km
赤経:73.76度
赤緯:-24.49度
航行速度:28.7km/s

もう地球から1,404万kmも遠ざかっているのです。地球と月の距離が約38万kmですから、その36倍も遠くにいるのです。しかも秒速28.7kmですから、時速に直すと10万3,320km! ものスゴいスピードに達していることが分かります。

■2015年終わりに「地球スイングバイ」で加速!

『はやぶさ2』は打ち上げてから1年目は、地球とあまり離れず、太陽の周りを回り、地球に戻ってきます。そこで、地球の重力を利用して加速し、軌道を変え、最終目的地の小惑星「1999JU3」に向かいます。

このような星(今回は地球)の重力を利用した加速・軌道変更を「スイングバイ」と呼びます。スイングバイには、ほとんど燃料を使わずに加速でき、軌道も大きく変えられるというメリットがあります。予定どおりいけば、2015年末ごろにスイングバイを完了する予定です。

次の大きな関門は、このスイングバイに成功するかどうかです。
頑張れ! はやぶさ君!

※……データは原稿制作時(2015年1月12日現在)のものです。

(高橋モータース@dcp)

お役立ち情報[PR]