お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ヘアカット失敗しても大丈夫!失敗したヘアカットを応急処置する方法

きっと誰でも1回はヘアサロンに行ってせっかく切ってもらった髪型が気に入らなくて「明日からしばらくは外に出れない!」なんて思ったことあるのではないでしょうか?

【まねたい髪型・まねできない髪型は!?―「まねたい女子1位:ショートカット 男子1位:丸がり」】

1センチだけ切ってもらう予定がなぜか5センチも切られてしまったり、前髪が短すぎたり長すぎたり、分け目が変になってしまったりと、ヘアカットの失敗は数えだしたらきりがない程あるでしょう。

そこで、Women?s Health Magazineが、新しいヘアカットが気に入らない時の応急処置の仕方を教えてくれます。

●アクセやピンでごまかす
ピンで髪を留めたり、ヘアバンドをしてごまかすのが1番手っ取り早いですよね。短すぎる前髪はヘアバンドをして隠し、長すぎる前髪はピンでねじったりして綺麗にまとめましょう。

●嘆かずに新しい髪型で冒険してみる
短すぎる髪や、イメージしていた物と違う髪型になってしまった時、どんなに嘆いても伸びるまでは新しい髪型と付き合っていかなければなりません。なので、アイロンを使っていつもとは違う巻き髪を試してみたり、ストレートにしてみたりと色々冒険をしてみましょう。

何か試すうちに、新しい髪型をごまかせるスタイリングが見つかるはずです。

●まとめる
もしも髪の毛がまとめられる長さならば、結ぶことで新しい髪型を隠すことができます。お団子や三つ編みなど、トレンドなヘアスタイルを試すことによって他の人に「新しい髪型を隠している」とばれませんよ。

●エクステを付ける
どうしても髪の毛が短すぎてどうしようもない場合は、エクステを付けると言う最終手段があります。でも、エクステに走る前にスタイリングで隠せないか試してみてくださいね!

この様に、髪型の応急処置は色々あります。大切なことは、2、3日経てば新しい髪型になれてそこまで気にならなくなると覚えておくことかもしれませんね。

How to cover up a bad haircut
http://www.womenshealthmag.com/beauty/hide-bad-haircut

SHARE