お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

女性なら誰しも……妊娠報告をうけたけど、内心モヤモヤした経験がある!?

妊娠報告をしたときの相手の態度にモヤモヤしたり、友達の妊娠報告に驚かされたことってありますか? 働く女性に「自分や周りの人の妊娠報告でビックリしたことやモヤモヤしたこと」についてアンケートで聞いてみました。

■早すぎてビックリ

・「学生時代に妊娠したことを知って、これからどうするのかなと思った」(26歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「大学の友人が、卒業後1年少しで結婚・妊娠報告してきたのでびっくりした。非常に仕事のできるしっかりした子だったので、そんなに早く産むとは思っていなかった」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「入社して数カ月で妊娠が発覚して結婚、翌春から産休に入った人がいて、人が足りなくて募集したのに、結局またすぐに人が足りなくなった」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

入社してすぐの妊娠発覚は本人にとっても予想外? 妊娠とは、よくも悪くも計画どおりにはいかないものなんです。会社にとっては痛手かもしれませんが、こればっかりは仕方のないことかも。

■産休、育休の連続取得にモヤモヤ

・「産休から復帰してきた先輩。『これからまたバリバリやるから!』と、担当施設などたくさんもって、みな引き継ぎなど頑張ったのに、それからわずか3カ月後、しかも一番忙しいときに『(第2子を)妊娠しました』だって。さすがにモヤモヤ。最初に聞いたときには、『おめでとうございます』と言えませんでした」(30歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「育休中にまた妊娠されると、計画的な長期休暇なのではないかと疑ってしまう」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「同じ職場の部下が、『うちの家、私が働かないとやっていけないんだよねぇ』と言っていたのに、1人目、2人目と順調に妊娠して、しっかり育休・産休をとっていたこと」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

子供を年子で育てると後がラクというのはよく聞きますが、産休、育休中にその分の仕事をカバーする立場からするとちょっとモヤモヤしますね。

■何だかなぁのデキ婚

・「職場の男女一組がデキ婚しました。一生懸命働いている横で、そんなことが着々と進んでいたなんて、ショックでした」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「結婚前に妊娠したという友達の報告。デキ婚しそうな感じの子ではなかったので驚いた」(24歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「まだ結婚していない友達からのデキちゃった婚。しかもメールで軽く連絡があっただけで、がっかりした」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

近頃は「おめでた婚」という言葉もある妊娠が先の結婚報告。珍しいことではないけれど、聞かされた方としては「やっぱり順番が……」と思ってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

■妊婦らしくない姿にビックリ!

・「かなり元気に働きまくっていた人が実は妊娠していた。出産の次の日には仕事をしていてタフすぎるだろ……と思った」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「全く体型が変わってない友人が妊娠4カ月と聞いて、ビックリした」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「妊婦なのに、妊婦に見えないくらいおなかが出ない人がいることにびっくりする」(28歳/医療・福祉/専門職)

お腹が大きくなる時期も大きさも妊婦さんによって色々ですよね。昔に比べて、妊婦さんの体重指導も厳しいようなので、ぎりぎりまでお腹が目立たない人も多いようです。

回答の中で目立ったのは「デキ婚」に対する、びっくりやモヤモヤ。考え方が古いと言われてもやはり、結婚が先でそれから妊娠というのが一般的な考え方のようです。でも、妊娠はどんな状況であってもおめでたいことですよね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数154件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]