お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

思わず笑ってしまう迷言集「生海鼠あります」「週6日勤務でしっかり稼げる」

時々、目を疑うような一文を周囲で見かけることはないでしょうか。今回はビジネスや就活シーンで見かけた、思わず笑ってしまった迷言を集めてみました。こんな一文が日常で出回っているなんて本当?ビジネスで、こんな迷言が実際に起こり得るの!?

【女性にしてはいけない10の発言!? 20代女性に聞いた「彼氏に言われた一番ショックな言葉」ランキング】

はい。日常に出回っており、実際に起こっております。

■怖すぎる仕事

とある地方の求人広告にあった、募集要項のある一文。

「会社をだましてお金を横領したり、顧客をだましてお金を稼いだりしない方法」

こんな一文を、わざわざ求人広告に載せるなんて、何かこの会社ですごい事件があったのでしょうか……!?と思わせる一文です。この募集要項を見て、「じゃあ俺はダメかな」と思う悪い人が、果たしているのでしょうか。

もしいたとしたら案外、性格は素直でいいやつかもしれません。

■生海鼠あります

とあるビジネス用掲示板にあった、商取引を希望する企業の一文。

「生海鼠あります」

何の取引!? 生の海のネズミ?と思っていたら、生ナマコ(海鼠)の商取引を希望するという内容でした。ナマコってこんな漢字を書くんですね。知りませんでした……。

■働きたくない!

とある地方の求人広告にあった、ある売り文句。

「週6日勤務でしっかり稼げる!」

働きたくありません……。しっかり稼ぎたくありません……。ごめんなさい、勘弁してくださいと、見る者すべてから、謝罪の言葉があふれ出てきそうな一文です。しかもこの一文、いわゆる募集要項等の部分にではなく、求人情報のタイトル欄に書かれていたものです。

恐ろしいです。

■弊社の社員は幼稚園児

とある地方の求人広告にあった、社内説明の一文。

「弊社の社員は、とにかく不器用でバタバタし、幼稚園児のようで目が離せません」

保育士の募集?かと思わず目を疑ってしまった、とある求人広告の一文。でもよくよく見て見ると、普通の事務職の募集でした。これは事務職に就いた途端、事務以外にも、幼稚園児のようなジタバタ不器用な社員を、何かとお世話する必要があるぞという、暗黙のアピールかもしれません。

もしかしたら目が悪くなったのか、それとも日本語が読めなくなったのかと、つい自分を疑ってしまうような迷言が、時に日常シーンでヒョイッとあらわれることがあります。あなたの周りに突如あらわれる迷言、ぜひ見逃さないよう、目をこらして見つけてみてくださいね。

お役立ち情報[PR]