お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR ライフスタイル

切るだけで美味! お疲れ女子のあったかお手軽レシピ

仕事で疲れてご飯をつくる気力がない、朝は余裕がない、あと一品欲しいけれど何を作ればいいかわからない……など、食事メニューがおざなりになっていませんか? そんな忙しい女性たちに、手間いらずなのにおいしい、食卓が豊かになるあったかお手軽レシピをご紹介します。

冬野菜をたっぷり! 大人も子どもも大好きなまろやかスープ

ごまスウィートポテトスープ

(編集部I)
冬は葉もの野菜が高くなるので、価格が変わらない根菜をよく食べます。でも、蒸したり煮物にしたりなどいつも同じような食べ方に。なかなか消費できず冷蔵庫に残ってしまうこともありますよね。でも、スープならたっぷり食べられるし、何よりもまろやかでおいしい! さつまいもの自然な甘みが感じられて野菜の苦手なお子さんでも喜んで食べてくれそう。

(レシピ) 材料:
さつまいも 180g(皮ごと1センチ角切り、一度水で洗う)
玉ねぎ  70g(1cm角切り)
水 500cc(2人分は350cc以上)
スープの素 1個または1袋
<出来上がり後に加える>
こしょう 少々
黒すりごま 大さじ2
塩 小さじ1/2
<トッピング>
生クリーム、クルトンはお好みで

切って水と一緒にポン! スープメーカーを使ってみた

今回使ってみたのが、この「スープリーズQ」。専用のカップに、切った食材や調味料と水を入れて、本体にセットしスイッチオン。これだけで30分後には湯気の立った温かいスープが出来上がり。火を使わないので、ほかの料理でコンロが埋まっているときも重宝♪ ころんとした見た目がかわいいけれど実力派キッチンツールなんです。

スープリーズQの使い方

ほかのスープレシピをみる

朝からポカポカ! 栄養たっぷりで食べやすいホットスムージー

トマト&カシューナッツのレッドホットスムージー

(編集部I)
冬の朝は寒いしギリギリまで寝ていたい。でも朝ごはんはしっかり食べたい。そんなワガママをかなえてくれる、ホットスムージー。スムージーって夏のイメージがあったけれど、“ホット”という手があったなんて。起きたてにやさしいクリーミーな口当たりでカラダも温まる、しかもおしゃれな朝ごはん! 朝からたっぷり野菜もとれて、充実した1日が送れそうな気分になります。トマト缶でできるからトマトが高い冬も挑戦しやすいのもうれしい。 これも材料を切るだけで、調理は「スープリーズQ」におまかせ♪

(レシピ) 材料:
トマト缶 200ml
水 200ml
カシューナッツ(お湯に浸してやわらかくする) 50g
<出来上がり後に加える>
塩 適量
<トッピング>
オレンジ果汁(出来上がり後に混ぜる) 100ml
カシューナッツ、チアシード、オリーブオイルなどお好みで

お弁当に持っていける! スープジャーに入れてあったかランチ

朝つくって、スープジャーに注いで出社! ランチに温かいスープが楽しめるし、おかずが物足りないときにも大活躍しそう。パンを外で買ってスープと合わせても、手抜きには見えないおしゃれなランチに。オフィスにいる時間は意外と長いので、お野菜たっぷりのスープでしっかり栄養を取って健康管理をしましょう。

スープリーズQの特徴

ほかのレシピをみる

切って入れてスイッチオンするだけ! 野菜をたっぷりスープで食べよう

野菜スープメーカー「スープリーズQ」があれば、野菜をまるごと煮込んだ本格ポタージュがスイッチひとつで簡単につくれます。下ごしらえは野菜を切るだけ! 火加減を見る必要がないから、ほかの料理をつくりながらもう1品追加で、食卓を豊かにすることができるんです。野菜が苦手なお子さんでも、野菜の原型がなくなめらかな口当たりのスープなら無理なく食べてくれそう! ママにもおすすめのキッチンツールです。

商品について詳しく知る

 

関連リンク

 

 

 

提供:株式会社ゼンケン

お役立ち情報[PR]