ママのための悩み解決サイト

人気記事一覧


【医師監修】生理がこない。生理前の兆候と妊娠初期症状の違いについて

【医師監修】生理がこない。生理前の兆候と妊娠初期症状の違いについて

女性にとって生理はうっとうしいものですが、遅れるとちょっと不安になってしまいますよね。ただの遅れか、それともBABY? 似ているようで微妙に違う生理前の体調の乱れと妊娠の初期症状についてご説明をしていきます。


【医師監修】茶色いおりものが出る7つの原因と対処方法 放置すると危険?

【医師監修】茶色いおりものが出る7つの原因と対処方法 放置すると危険?

おりものの色が気になったことはありませんか? おりものは女性の体調の変化を教えてくれる重要な役割があります。心配いらない場合もありますが、早急に医療機関を受診すべきものもあり、見極めが難しいところ。この記事では、特に茶色のおりものの色と体調の関係やその原因、対処方法をまとめました。


【医師監修】排卵日前後によくある3つの症状と体調が悪くなる原因

【医師監修】排卵日前後によくある3つの症状と体調が悪くなる原因

排卵日の症状が辛い・・・とお悩みではありませんか?生理中も心身のバランスを崩しがちですが、排卵期はどうでしょうか。下痢やほてり、腹痛、おりものが増え下着が濡れる・・・など異変が現れるケースも。具体的な症状や原因、不安定な体調と上手く付きあう方法、妊娠やPMSの可能性についてお話します。


【医師監修】子宮筋腫で起きる6つの症状と3種の治療法

【医師監修】子宮筋腫で起きる6つの症状と3種の治療法

40歳以上の女性4人に1人は発症すると言われている子宮筋腫。良性の腫瘍なので命に別状はありませんが、腰痛などの様々な症状を引き起こす可能性があります。痛みに耐えかね、手術を決断する患者さんも少なくありません。そんな子宮筋腫とはどんな病気なのか、子宮筋腫によって引き起こされる腰痛の症状と改善、治療方法についてお伝えします


【医師監修】妊娠中の仲良し(セックス)は大丈夫?胎児への影響は?

【医師監修】妊娠中の仲良し(セックス)は大丈夫?胎児への影響は?

妊娠中のセックスって、相手が求めてきた場合どうすれば良いの?しても大丈夫?と悩んでしまいます。流産の可能性や安全な体位など、妊娠中の仲良し(セックス)で、気になるアレコレ・疑問点をまとめましたので、今回は他人に聞けない妊娠中の仲良しについてご紹介します。


【医師監修】生理の周期が早いのは病気? 考えられる3つの原因と7つの対策

【医師監修】生理の周期が早いのは病気? 考えられる3つの原因と7つの対策

この前生理がきて終わったばかりと思っていたら「またすぐに生理がきてしまった」なんて経験はありませんか? 生理が月に2回もくるなんてことになると、ちょっと大変ですよね。生理のサイクルが早すぎるというのは、何らかの異常が隠れていることもあります。今回は生理の周期が早い原因とその対策についてまとめてみました。


【医師監修】生理と妊娠初期出血の違いを見分ける方法とは?

【医師監修】生理と妊娠初期出血の違いを見分ける方法とは?

生理なのか妊娠初期の流産、着床出血による流血症状なのか判断がつかず、戸惑った経験はありませんか?一般的には月経が遅れ、検査薬で妊娠判明というのが良く有るパターンです。しかし「生理が来たのに妊娠していた」なんて事も時に耳にします。考えられる妊娠の初期症状と生理の違いを見ていきましょう。


【医師監修】子供の熱が3日下がらない時に可能性のある病気と対処法

【医師監修】子供の熱が3日下がらない時に可能性のある病気と対処法

子どもの熱が3日以上下がらない場合は、ただの風邪ではないのかもしれません。子どもは自分の症状をうまく伝えられないことも多いので、子どもの様子や状態をしっかりと見守りましょう。ここでは、子どもの熱が3日以上続く場合に可能性のある病気やその対処法、受診の判断基準などをご紹介します。


【医師監修】妊娠の兆候と生理前症状(PMS)はどう見分けるの??

【医師監修】妊娠の兆候と生理前症状(PMS)はどう見分けるの??

妊娠初期と生理前の症状は驚くほど似ています。もし妊娠しているなら、できるだけ早く知りたいですよね。イライラする生理前はついヤケ酒してしまう・・・なんて習慣がある方も、PMSと妊娠初期の症状を見極めるポイントを把握しておく必要があります。今回は、妊娠の兆候と生理前症状との見分け方についてまとめました。


【医師監修】1番妊娠しやすい日と時間帯は?排卵日との関係性

【医師監修】1番妊娠しやすい日と時間帯は?排卵日との関係性

赤ちゃんが欲しいなら1番妊娠しやすい日を狙いましょう。妊娠しやすい日の知識がないと、真っ暗なトンネルに一人立ちつくしているような気分になってしまいます。自分や相手の体について知識と理解を深めれば、効率の良い幸せな妊活ができます。妊娠しやすいタイミングを知って一歩ずつ進んでいきましょう。産後妊娠希望の方も必見の内容です。


【医師監修】1ヶ月分が見たい! 離乳食初期の献立メニューとスケジュール例

【医師監修】1ヶ月分が見たい! 離乳食初期の献立メニューとスケジュール例

そろそろ離乳食を迎える赤ちゃん、今まで母乳や粉ミルクが主食でしたが、初めての離乳食ってどんなメニューを作ったらいいのか分からずに悩みますよね。そこで、初めての離乳食メニューやスケジュールの立て方など、気をつけるポイントを交えてご紹介します。


【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

妊娠すると、身体にさまざまな変化が現れます。体温の上昇や気分の不快感などいろいろありますが、その中のひとつが「オリモノの変化」。具体的にどのようにオリモノが変化するのでしょうか? 気を付けておきたいオリモノの病気とともにご紹介します。


【医師監修】陣痛の始まりってどんな痛み? 痛みの時間 ・間隔・程度など

【医師監修】陣痛の始まりってどんな痛み? 痛みの時間 ・間隔・程度など

陣痛の始まりは我慢できる程度の痛みやお腹の張りなど症状が様々。前駆陣痛・本陣痛の2種類は規則性や強弱の有無でその違いを見極めます。陣痛の開始は赤ちゃんをお腹の外へと誕生させるための道しるべ。出産の段階を把握し、娩出を促します。必要な時まで体力を温存するためにも、陣痛の痛みの期間や強さなどの正しい知識を持って臨みましょう


【医師監修】発達障害児の6つの特徴と診断方法とは?

【医師監修】発達障害児の6つの特徴と診断方法とは?

発達障害児とは、健常児と比べて特徴的な発達の仕方をする子供たちのこと。早期の介入や支援サポートが必要となるものの外見的にはわからず身近な母親などの直感に委ねられ発見される場合もあります。けして迷惑でも特別ではないけして迷惑でも特別ではない「発達障害」の個性についての理解を深めていきましょう


【医師監修】着床出血とは? 時期・期間・量、生理との違いについて

【医師監修】着床出血とは? 時期・期間・量、生理との違いについて

「着床出血」という言葉を聞いたことはありますか?受精卵が子宮に着床したときの出血を指すものですが、その量や期間などはどのようなものか気になるところです。妊娠希望の女性なら、着床出血と紛らわしい生理が来た経験もあるでしょう。今回は「着床出血」を説明します。実は簡単に生理との違いを見分ける方法があります。


【医師監修】おりものが大量に出るのは病気? 疑われる3つの病気と原因

【医師監修】おりものが大量に出るのは病気? 疑われる3つの病気と原因

おりものについては気軽に相談できる話題でもないため、人知れず悩んでいる人もいるでしょう。いつもより量が多いのは病気のサインなのでしょうか。おりものの量が多い時に考えられる原因を知り、適切に対処できるようにしていきましょう。


【医師監修】カンジダ腟炎に感染!おりものの色・臭い・量の変化とは?

【医師監修】カンジダ腟炎に感染!おりものの色・臭い・量の変化とは?

デリケートゾーンにいつもと違う不快感があると感じたことはありませんか?それはもしかしたら「カンジダ腟炎」が原因かもしれません。よく聞く病名だけど、恥ずかしくて聞けない女性も多く、重症化してしまうこともあります。そこで、今回は「カンジダ腟炎になった時のおりもの」についてまとめてみました。


【医師監修】おりものから酸っぱい臭いがする3つの原因と対処方法

【医師監修】おりものから酸っぱい臭いがする3つの原因と対処方法

おりものから酸っぱい臭いがする原因は雑菌を防御する働きのために生じた乳酸。激しい悪臭・有色または異常な量のおりもの・痛みや耐え難いかゆみ出血などを伴う場合は病気の可能性があり、受診が必要になります。成熟した女性には生理同様おりものにも一定周期で変化があるものです。こちらではおりものについての理解を深めていきましょう。


【医師監修】扁桃腺の腫れの原因は扁桃炎だった! その症状、治療法とは

【医師監修】扁桃腺の腫れの原因は扁桃炎だった! その症状、治療法とは

風邪と症状が似ているため風邪だと思っていたら、実は全く別の病気だったということもありますが、その代表的な病気に扁桃炎があります。扁桃炎の症状を理解することで風邪と見分けられるようにし、適切な対処ができるようになりましょう。


【医師監修】死産する確率は? 妊娠後の胎児が死産(誕生死)する原因と兆候

【医師監修】死産する確率は? 妊娠後の胎児が死産(誕生死)する原因と兆候

死産という過酷な現実は、小さな命が宿ったその時から誰にでも起こり得る事実です。助かる命が増える一方で、未だに自らの不摂生が原因となって死産や誕生死などが引き起こされる場合も。死産する確率と、妊娠後に胎児が死産する原因や兆候についてまとめました。赤ちゃんの健やかな成長を願うからこそ、その存在から目をそらしてはいけません。