ママのための悩み解決サイト
【医師監修】妊娠中の仲良し(セックス)は大丈夫?胎児への影響は?

【医師監修】妊娠中の仲良し(セックス)は大丈夫?胎児への影響は?

妊娠中のセックスって、相手が求めてきた場合どうすれば良いの?しても大丈夫?と悩んでしまいます。妊娠中の仲良し(セックス)で、気になるアレコレ・疑問点をまとめましたので、今回は他人に聞けない「妊娠中の仲良し(セックス)」についてご紹介します。


この記事の監修ドクター
上田弥生 先生
総合病院やクリニックの産婦人科・婦人科、不妊治療外来で研鑽を積む。デリケートゾーンケアの専門家。多数のメディア出演や骨盤底筋ショーツの商品開発、バストアップサプリ監修に携わるなど、幅広く活躍中。女医プラス所属

妊娠中の仲良し(セックス)は大丈夫?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ご懐妊おめでとうございます。晴れてママへの第一歩を歩みますね!これから赤ちゃんに出会うまでの時までドキドキワクワクの時期を過ごしていきますが、それと同様「夫婦の営み」も気になるところですよね。女性は妊娠すると性欲は半減すると言われていますが、それも個人差があり、たまには仲良ししたいなと思う時もあると思います。

そこで今回は「妊娠中の仲良し(セックス)」について、気になるポイントをご紹介します。

聞きたいけど聞けない!妊娠中の性欲

性に関する悩みってなかなか誰かに聞けないものです。それが妊娠中の場合だと、余計に相談しづらいですよね。相談した後でも「お腹に赤ちゃんがいるのに、性欲があるなんて…」と思われていそう…と周りの目も気になりますが、でも、その性欲は自然な事なんです。なかには、全くエッチがしたくなくなったいう妊婦さんもいますが、逆に性欲が強くなったと逆のパターンの妊婦さんもいます。

女性は妊娠すると「守り」の体制に入りますが、妊娠経験がない男性はその辛さが分からないので、いつもと変わらず求めてきます。性欲が半減した妊婦さんにとっては、断る気力も一苦労ですよね。
だからといって、あまり断り続けるのもその先が心配になります。

では、お互いにとって一番いい方法は?というと、それは「妊娠中のセックスについて正しい知識を知る事」です。それを理解した上で、お互いの愛情を確かめ合うのも必要な事だと思います。

妊娠中の仲良しは「ダメ」と思いがち

「妊娠中の仲良し(セックス)」はお腹の赤ちゃんに良くないと聞きますが、実はそうではありません。良くないのは、正しい知識がないまま無理な営みをすることです。体位や営みをする時期、母体の体調など妊娠前とは違う気遣いをしてあげないと、赤ちゃんはもちろん母体にも影響が出ます。

気遣いながら営みをするのは大変ですが、仲良くしたいのに我慢するとお互いストレスにも繋がりますし「セックスレス」になる可能性もあります。母体に無理なく行えば問題はないので、あまり気にし過ぎないことも大切です。

お腹の赤ちゃんに影響ある?

お腹の赤ちゃんは、子宮内で羊水に守られているので「性行為そのもので流産する事はない」と言われています。絶頂を迎えると、赤ちゃんが苦しくなるという話も聞きますが、そんな事はないので安心してください。もし、絶頂の後にお腹が張って来たら、すこし横になって体を休ませてあげましょう。

ただ、精液には「陣痛促進剤」と似た成分が含まれているので、ゴムを付けないで妊娠中に仲良しをしてしまうと流産や早産に繋がる恐れもあるので、赤ちゃんに影響が出ない様にゴム付けと、性行為の前の衛生面には十分に注意してください。

妊娠初期(1~4ヶ月)のセックス

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠初期(1~4ヶ月)の時の仲良しって、しても大丈夫?と気になりますね。基本、営みは問題ないと言われていますが、妊娠3ヶ月を過ぎるまではしない方が良いでしょう。それは、お腹の赤ちゃんがまだ不安定な状態にあるため、安定するまではなるべく抑えた方が良いということです。また、性器出血があったり、頻回に下腹部痛がある方や、切迫流産、絨毛膜化血腫などと診断されている場合は控えたほうがよいでしょう。安定期に入るまでは、営みだけじゃなく軽いスキンシップで、愛情を確かめ合うのもおススメです。

性行為が原因で流産する?

性行為で子宮を刺激すると「流産」しやすくなる事をよく聞きますが、性行為の刺激で早産や流産をする可能性は低いと言われています。ただ、妊娠中は抵抗力が弱く、精液にはいろんな細菌が含まれていて、ゴムを付けずに射精してしまうと精液と一緒に子宮内に細菌が入り込んでしまいます。結果、感染や炎症を起こす事もあります。

まだ、妊娠初期の段階だし大丈夫かも…と油断するのは気を付けましょうね。

妊娠中期(5~7ヶ月)のセックス

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お腹の赤ちゃんも「安定期」を迎えました。お腹も少しずつ目立つようになってくる時期ですね!この頃になると、つわりも少し軽くなり精神的にもだいぶ楽になる時です。妊娠初期の頃よりは、気持ちに余裕も出てきます。やっと二人で仲良しが出来るようになりますが、やはり安定期に入っても、ゴムなしの挿入は止めましょう。

妊娠中の仲良しでおススメの体位は?

妊娠中の仲良しで一番良い体位って気になりますね。オススメの体位は、女性が上になるか背を向けて後ろ向きの体位が安心して楽しめる体位です。「お腹に負担を掛けない・圧迫しないこと」が大事なので、横向きで寝ながらの体制もリラックスして始められます。自分に体に一番いい方法で、試してみてくださいね!

妊娠後期(8~10ヵ月)のセックス

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠後期を迎えると、お腹の張り具合もパンパンになってきます。そろそろ出産準備に入る頃ですね。後期に行う仲良しは、お腹が大きくなっているので結構心配ですが激しい動きをしなければ問題ないようです。妊娠後期の32週~36週の間は、激しくせず、挿入するなら浅めできちんとコンドームをつけてください。妊娠中は、いつ何が起こるか分からない状況なので体に無理せず楽しみましょう。

出産に備えて赤ちゃんが通りやすいように、膣内も柔らかくなっています。傷つきやすくなっているので、無理な挿入と避妊具なしの行為は避けましょう。

妊娠中は気分が変わりやすい

妊娠中の体は、今までと違う経験で心も不安定です。さっきまでしたかったけど、何だかする気がしないという事も良くあります。妊娠中はホルモンのバランスが崩れやすく、ちょっとしたことでイライラしたり悲しくなったりします。また、大きなおなかを抱えて行動するので、体も疲れやすくなります。

さっきまで仲良ししたかったのに、悪いことしたな…と思いますが、これは仕方のないこと。
男性は、妊娠中の心や身体の具合までよく分からないので、ちゃんと話して理解してもらうのも大切です。

妊娠中のセックスで気を付けること

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

では、妊娠中の仲良し(セックス)で、気を付けなければいけない事とは?もうご存知の方も多いと思いますが、もっとも多かった「注意するポイント」をご紹介します。

お腹を圧迫しない様に

妊娠中の仲良しで一番注意したい事は「お腹への圧迫」です。妊娠4ヶ月も迎えると、お腹も大きくなってきます。たとえ目立たない大きさでも、お腹を圧迫することは血液の循環を阻害し、胎児への血液循環も悪化するかもしれない「仰臥位低血圧症」になる場合もあるので男性が上に乗る体位は避ける方がおススメです。

乳房を刺激し過ぎない

乳房を刺激し過ぎると子宮が収縮して、お腹の張りを感じます。妊娠中の乳房は、中期に入ると乳腺が母乳を作るために発達しているので、ちょっとの刺激でも痛みを感じることもあります。乳房や乳首は、子宮収縮に繋がる一番のポイントなので出産が終わるまでは、なるべく強い愛撫は控えましょう。

長時間の行為は避ける

妊娠中の体は同じ体制で居ると、かなり疲れが出てきます。自分の体重+お腹の赤ちゃんの重さなので、腰や下半身が疲れやすくなりますね。その上、行為中に長時間同じ体制でいると「お腹の張り」を引き起こしてしまいます。ベストな体位は「横向き」で、お腹の下に毛布や薄い枕などを敷いて、安定させてあげると体への疲れも軽減されますよ。

母体への負担を配慮

妊娠中の仲良し(セックス)で何より気を付けたいのが、「母体への負担」ですね。まだお腹が目立たないからといって無理はしないようにしましょう。「ちょっとキツイな」と思ったら、一度中断することも必要ですよ。

妊娠中にセックスしてはいけない場合

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

気を付けるポイントと、してはいけないポイントは似ていますが、その中で特にNGな場合をご紹介します。1つでも思い当たる時は控えるようにしましょう。

気分が乗らない時

夫が求めて来たけど、気分が乗らない…という時は極力しない方がおススメです。気分が乗らない営みは結構ストレスにもなりますね。でも、最近断ってばかりだという時は「オーラルセックス」も一つの方法です。そこで気分が盛り上がれば大丈夫だと思いますが「オーラルセックス」をした後に、挿入する時は必ずゴムを着用しましょう。

妊娠中は感情の変化が激しいので、自分の気持ちや体の状況に応えてあげるのが一番です。
その他にこんな症状がある場合も、その日の営みは控えましょう。

気が向かないときはパートナーとしっかりと話し合って理解を得ること。
挿入以外のセックスなど、2人のコミュニケーションの幅を広げるチャンスかもしれないと
前向きにとらえなおしてみるのもいいかも。

このように流産や早産などの経験がある場合は、子宮の刺激でお産が早まったり流産の危険性があります。それ以外にも「帝王切開」の場合も、傷口が完全に感知するまで「2年かかる」と言われています。帝王切開後の営みも6か月は控えましょう。

途中でもお腹の張りを感じた時

妊娠中の体は冷えると「お腹が張りやすく」なります。もし途中で強いお腹の張りや痛みを感じたり、出血があるなどした場合は、すぐ中断しましょう。体が冷えすぎるのは「切迫流産」を起こす可能性があります。冷え以外に「過度な運動や立ち座り」を頻繁にした時など子宮収縮が起こり、お腹の張りを感じます。

お腹の張りは子宮が縮むときにある痛みで、下腹部(子宮辺り)に「キュウゥッ」とした違和感を感じます。もし、張りが長く続くようであれば早めの診察を受けましょう。

臨月と妊娠初期はなるべくしない

妊娠1~4ヶ月の妊娠初期は、お腹の赤ちゃんがまだちゃんと定着していない事と出血をしやすい時期でもあります。妊娠初期に子宮に激しい刺激を与えると流れてしまう可能性があります。4ヶ月くらいになると、お腹の赤ちゃんも定着してきますので、その時期を目安にすると良いかもしれませんね。その時は、なるべく「スローセックス」が良いですよ。

臨月を迎え、出産間近の時は「絶対禁止!」ではないのですが、出産に向けて膣内も柔らかくなり傷つきやすい状況です。よく「お迎え棒」で、子宮を刺激して出産を促すという事をよく聞きますが、それでも妊娠後期の32週~36週の時期は、あまりおススメできません。

挿入の時にグリグリ刺激を与えてしまうと、早産や破水を引き起こしてしまうかもしれないのです。
「お迎え棒」でちょっと刺激を与えてみるのもいいかもしれませんね。でも、破水や出血などさせないよう、挿入の深さや体位には十分に気を付けてくださいね。

【医師監修】いつから大丈夫? 産後のセックスを再開するきっかけと痛みへの対策

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/222

産後にそろそろセックスを再開しようと思いつつも、会陰切開の跡も気になるし、“本当にセックスをしても大丈夫なの ?”とデリケートな話だけになかなか誰にも相談できずにいるママも多いはず。今回は、産後のセックスを再開するきっかけと痛みへの対策についてまとめてみました。ご参考にしてみて下さい。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いかがでしたでしょうか?妊娠中は正しいセックスを知ることで、今まで以上に愛情のある仲良しを楽しめそうです。パートナーとよく話し合ってお互い理解しながら、お腹の赤ちゃんと一緒に愛を育んでいけたらとても素敵な事ですね!
大事なことは「母体とお腹の赤ちゃんのこと」を重点に置くと、自然と正しいセックスになると思います。赤ちゃんが産れるまでの十月十日、長いようであっという間に訪れるご対面まで、楽しい夫婦生活を楽しんでください!

関連する投稿


【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法

【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法

授乳中に、乳腺が詰まって炎症がおこる「乳腺炎」にかかったママも多いのではないでしょうか? おっぱいが腫れて痛むだけでなく、ひどくなるとしこりができたり、39~40度といった高熱が出たりすることも…。そんな辛い乳腺炎ですが、漢方薬の「葛根湯」を飲むと予防することができるのだとか。今回は乳腺炎と葛根湯についてまとめました。


妊婦さんもコーヒーを飲んでも良い? 正しいカフェイン摂取量を知ろう

妊婦さんもコーヒーを飲んでも良い? 正しいカフェイン摂取量を知ろう

コーヒーは男女問わず愛飲されている飲み物のひとつですが、その一方で気になるカフェイン。特に妊娠中はコーヒーを飲むと良くないのではないかと心配になりますよね。そこで今回は、妊娠中のカフェイン摂取による影響と、妊婦さんに適したコーヒーの飲み方についてご紹介します。


【医師監修】産後の抜け毛の原因と実践的な3つのケア

【医師監修】産後の抜け毛の原因と実践的な3つのケア

出産後の身体の変化にはいろいろありますが、産後半年くらいからの「抜け毛」にびっくりするママも多いのではないでしょうか? シャンプーのあと、排水口にびっしりと付く抜け毛に「この状態はいつまで続くの?」と不安になることもあるはず。今回は産後の抜け毛の原因と、抜け毛のケア方法について解説します。


【医師監修】汗疹(あせも)が赤ちゃんにできる原因と4つの対策法

【医師監修】汗疹(あせも)が赤ちゃんにできる原因と4つの対策法

赤ちゃんは新陳代謝が盛んで汗っかき。気温が高くなってくると、さらに汗をかくことが多くなりますよね。こまめにケアをしているつもりでも、汗をかきやすい背中や足の付け根などがあせもで真っ赤に……という経験を持つママも少なくないはず。今回は、赤ちゃんのあせも(汗疹)の原因と対処法についてまとめました。


【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法

【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法

赤ちゃんが成長していく過程には、ママがどこ行くにもついて来て、少しでも離れると泣き出してしまう時期があります。家事もままならず、トイレに行くにも苦労するようになり、イライラしたり悩んだりしてしまうママは多いようです。今回は、この後追い行動について、後追いの意味や時期、効果的な対処方法などをまとめてみました。


最新の投稿


【医師監修】安定期って何週目からいつまで? 妊娠安定期の症状と過ごし方

【医師監修】安定期って何週目からいつまで? 妊娠安定期の症状と過ごし方

妊娠したら、「安定期までは無理をしないように。」「安定期に入ったら、周りに報告しよう。」「もうすぐ安定期くるから、頑張れ! 」などとよく耳にする安定期。 でも「安定期の意味や期間って?」「何ができて、何に気をつければいいの?」と疑問もたくさんあるはず。そこで今回はそんな疑問について、わかりやすくまとめました。


【医師監修】陣痛の始まりってどんな痛み? 痛みの時間 ・間隔・程度など

【医師監修】陣痛の始まりってどんな痛み? 痛みの時間 ・間隔・程度など

陣痛の始まりは我慢できる程度の痛みやお腹の張りなど症状が様々。前駆陣痛・本陣痛の2種類は規則性や強弱の有無でその違いを見極めます。陣痛の開始は赤ちゃんをお腹の外へと誕生させるための道しるべ。出産の段階を把握し、娩出を促します。必要な時まで体力を温存するためにも、陣痛の痛みの期間や強さなどの正しい知識を持って臨みましょう


【医師監修】生理の周期が早いのは病気? 考えられる3つの原因と7つの対策

【医師監修】生理の周期が早いのは病気? 考えられる3つの原因と7つの対策

この前生理がきて終わったばかりと思っていたら「またすぐに生理がきてしまった」なんて経験はありませんか? 生理が月に2回もくるなんてことになると、ちょっと大変ですよね。生理のサイクルが早すぎるというのは、何らかの異常が隠れていることもあります。今回は生理の周期が早い原因とその対策についてまとめてみました。


【医師監修】生理周期がバラバラになるのはなぜ?原因と問題点、対策

【医師監修】生理周期がバラバラになるのはなぜ?原因と問題点、対策

生理は、おおまかに1ヶ月ごとに定期的に来るもの。しかし女性の中には、この生理周期がバラバラで安定しないケースも見られます。それでは生理の周期が安定しないのは一体何が原因なのでしょうか?生理周期の乱れは、放置しない方が良いのでしょうか。今回は生理周期が不安定なケースについてまとめました。


【医師監修】排卵日前後によくある3つの症状と体調が悪くなる原因

【医師監修】排卵日前後によくある3つの症状と体調が悪くなる原因

女性の身体って本当に不思議。皆さんは生理周期に沿って体調が変化していることをご存じですか? 生理中はお腹が痛くなったり情緒不安定でイライラしたりお肌まで不調になったりと体と心のバランスを崩しがち。では排卵期はどうでしょうか。排卵日前に焦点をあててその症状や原因、排卵日の体調と上手く付きあう方法を紹介します