【医師監修】沐浴はいつまで? 一緒に入浴するときの注意点とポイント

【医師監修】沐浴はいつまで? 一緒に入浴するときの注意点とポイント

入院中に指導を受けることも多い赤ちゃんの「沐浴」。退院したらいつまで続ければいいのでしょうか。大人と一緒に入浴するようになったら、どんなことに気を付ければいいのかも気になりますね。ここでは沐浴の意義や期間、赤ちゃんと一緒に入浴するコツと注意点についてまとめました。


そもそも沐浴は何のため?

赤ちゃんを沐浴させる理由
Lazy dummy

まず、赤ちゃんの「沐浴」はどんな目的でするのか確認しておきましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんを気遣いながら清潔に

育児の際に言う「沐浴」とは、「ベビーバスやたらいなどで赤ちゃんの体を洗うこと」。おもな目的は、赤ちゃんの皮膚を清潔に保つことです。

赤ちゃんは新陳代謝が活発で、よく汗をかき、ミルクや涙やよだれ、尿や便で汚れやすくなっています。首や脇の下など、体のしわやくびれに汚れが溜まってしまうことも。こうした汚れはおむつかぶれなど皮膚トラブルの原因に。体調不良などで沐浴ができないときでも、体を拭いて清潔に維持することが大切です。また沐浴のために裸にするので、全身の状態を観察するいい機会でもあります。

沐浴はいつまでするの?

赤ちゃんの沐浴はいつまでか
Lazy dummy

まずは、沐浴は「いつまで」するものなのか、一般的な目安を考えてみましょう。

へその緒がとれるまでが目安

実は、清潔で安全な環境であれば、退院後から大人と一緒に入浴してもとくに問題はないようです[*1]。ただ実際は、大人との入浴は、新生児期を終え生後1ヶ月になったら、を勧められることが多いでしょう。

その理由でよく言われるのが、「へその緒が取れるまでを目安にする」ということ。その子によって異なりますが、およそ生後1、2週間、遅くとも1ヶ月健診までにだいたい取れるので、一般的にそれまでは沐浴をと言われているようです。

なお、アメリカ小児科学会では、新生児は生後1~2週間ごろにへその緒がとれるまでは、お湯に浸した布などで体をぬぐう「スポンジバス」を、その後はベビーバスでの沐浴を勧めています[*2]。気候や文化の違いなどが影響するのか、赤ちゃんを衛生的に保つ方法は国や地域によっても多少異なるようです。

赤ちゃんのへその緒ケアについて、よりくわしくは下記の記事を参照してください。

【助産師解説】赤ちゃんのへその緒、いつとれる?保管は?へそケア・消毒方法

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3531

ママと赤ちゃんをつないでいる「へその緒」。保管しておきたいママも多いでしょうが、産後いつ頃に取れるのか、ご存知ですか? 今回は、へその緒の特徴や取れる時期ほか、気をつけるべきケア方法や保管方法についてご紹介します。

沐浴のやり方

沐浴はできれば毎日、決まった時間に行いましょう。ベビーバスにお湯をはる前に、着替えやタオルなど必要なものを準備しておきます。

まず、赤ちゃんのお腹に沐浴布をかけ、利き手でお尻を、反対の手で頭を支えてお湯に入れます。頭はしっかり支えたまま、利き手を使って赤ちゃんを洗いましょう。

最初に顔と頭を洗い、首、おなか、わき、手足を洗います。次に赤ちゃんをうつ伏せにして背中を洗い、最後にお尻を丁寧に洗います。洗い終わったらタオルを押し当てるようにして水分を拭き取り、保湿をして服を着せましょう。

詳しいやり方や準備は下記を参考にしてください。

【助産師解説】沐浴のやり方とは?安心してできる7つのポイント

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3532

赤ちゃんを安全に沐浴(沐浴)させる方法を助産師がお伝えします。上手にできるか心配するママ・パパも多い沐浴ですが、ちょっとしたコツをつかめば誰でもすぐに慣れることができます。沐浴前後の準備や手順、便利グッズもチェック!

大人と一緒に入るときのコツと注意点

大人と一緒に入浴するときのコツと注意点
Lazy dummy

ここでは、沐浴の時期が過ぎてから、大人と一緒に入浴するときのおおまかな流れと注意点を紹介します。

一緒に入るときのだいたいの流れ

赤ちゃんと一緒でもスムーズに入浴できるよう、おおまかな流れをまとめました。こうしなければいけないというものではなく、また浴室周囲の環境はそれぞれなので、だいたいの流れを頭に入れたら、自宅の状況に合わせて、赤ちゃんも大人も快適に入浴できるよう工夫してみてくださいね。

赤ちゃんと入浴するときのおおまかな流れ

・赤ちゃんとお風呂に入る前に、替えのオムツ、着替え、タオル、保湿剤などお風呂上りの準備をしておきましょう。

・脱衣所の浴室ドア近くにマットやバウンサーなどを用意して赤ちゃんを寝かせ、先に大人が浴室に入って体を洗います。異変があってもすぐ気づけるように、浴室のドアは開けておきます。

・大人が洗い終わったら、赤ちゃんの服を脱がせて頭と体を洗います。首がすわるまでは、赤ちゃんの頭を大人の膝の上にのせて洗うといいでしょう。

・洗いにくいとき、泡ですべるのが不安なときはバスチェアやバスマットを利用しても。リクライニングできるバスチェアならねんねの時期から使えます。ただし、バスチェアはたとえお湯が浅くても浴槽には入れないようにしましょう。浴槽に落ちる可能性がある場所にも置かないようにします。

・洗い終わったら一緒に湯舟につかります。湯舟に入るときは、赤ちゃんを縦に抱いてゆっくり入るようにしてください。入浴時間は洗う時間も含めて10~15分くらいが目安です。

・あがったら赤ちゃんの体を拭いて、全身を保湿し、服を着せます。

・そのあと母乳かミルクで赤ちゃんに水分補給をします。

一緒に入るときの注意点

お湯の温度は38~40℃

お湯の温度は38~40℃を目安に。大人はぬるいと思うかもしれませんが、このくらいの温度のお湯に時間をかけて浸かることで体が芯まで温まるので、大人にとっても理想的な温度です。

熱いお湯は皮膚の乾燥やかゆみを起こすことがあり、42℃以上のお湯は大人の体にも負担をかけると言われています[*3]。寒いときはお湯の温度を上げるのではなく、浴室や脱衣所を暖かくしましょう。

入浴時の事故に要注意

1歳前後の溺水は、家庭の浴槽で起こることが多くなっています[*4]。子供だけで入浴したとき、大人が髪を洗っていたときだけでなく、着替えを取りに行った、電話に出たというほんのわずかな時間でおぼれてしまうことも。入浴中は絶対に子供から目を離さないようにしてください。大人が髪を洗うときは子供を浴槽から出すこと、子供が小さいうちは浴槽に水をため置かないことを習慣にしましょう。

またカミソリや洗剤など、子供にとって危険なものは手の届かないところに置きましょう。石鹸やシャンプー、入浴剤も口にしてしまうことがあるので、これらも届かない場所に。

赤ちゃん用の浮き輪もありますが、使用中にひっくり返ったり、ぬけてしまうことがあります。実際、入浴中に使用して空気が抜けたりずれたことにより赤ちゃんが溺れてしまった事故も起きています。そもそも、こうした製品の多くは、入浴時に赤ちゃんを一人で待たせるといった使用方法を想定して製造されているものではありません。大人と一緒の入浴時はどうしても洗髪などで目を離すタイミングがあるので、使用を避けるようにしましょう。

なお、入浴中に親が居眠りをしてしまい、浴槽で乳児がおぼれたケースもあります。疲れているときは無理に一緒に入浴せず、赤ちゃんはシャワーや沐浴にしても。上の子がまだ小さい場合も、赤ちゃんに気を取られて事故につながらないように気をつけましょう。

浴槽は清潔に

お風呂のお湯はためおかず、浴槽をきれいに掃除してからお湯をはりましょう。出来れば一番風呂がよいですね。

保湿は続ける

新生児の間は皮脂の分泌がさかんですが、その後は減っていき、生後2~3ヶ月過ぎてから思春期前までは肌が乾燥しやすい時期です。保湿を習慣にして続けていきましょう。

まとめ

Lazy dummy

いつまで沐浴でなくてはいけないというはっきりした決まりはないものの、日本では一般に、1ヶ月健診のころに通常の入浴への切り替えを勧められることが多いようです。ただ、この時期までは絶対に沐浴でなければならないというわけではありませんし、沐浴のほうが負担が少ないと感じる時は沐浴の時期を過ぎてからも沐浴で大丈夫。お風呂が楽しい時間になるように、各家庭のやりやすい方法で安全に気を付けながら、赤ちゃんの肌を健やかに保ってあげましょう。

この記事の監修ドクター
大越陽一先生
杏林大学医学部卒業、杏林大学医学部小児科学教室任期助教、埼玉県立小児医療センター循環器科医長を経て現在アルテミスウィメンズホスピタル小児科部長。小児科専門医

(文:佐藤華奈子/監修:大越陽一先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]公益財団法人母子衛生研究会 赤ちゃん&子育てインフォ:お風呂に、大人といっしょに入ってもいい?
[*2]アメリカ小児科学会:赤ちゃんの入浴
[*3]東京ガス都市生活研究所「親子入浴に関する実態調査 2010」
[*4]公益社団法人 日本小児科学会「こどもの救急 こどもの事故と対策 溺水」

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連するキーワード


0歳の育児 お風呂 新生児

関連する投稿


【2021年1月】絵本のプロが選ぶ 0~3歳年齢別おすすめ3冊「おしくら・まんじゅう」ほか

【2021年1月】絵本のプロが選ぶ 0~3歳年齢別おすすめ3冊「おしくら・まんじゅう」ほか

東京は神保町にある絵本専門店「ブックハウスカフェ」が全面協力! プロが選ぶおすすめの絵本をセレクトして、毎月紹介します。


【知育】日本とアメリカの違いとは?『ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』Vol.1

【知育】日本とアメリカの違いとは?『ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』Vol.1

ハーバード大学をはじめ、アメリカの大学で長年研究されてきた「ダイアロジック・リーディング」。その手法について紹介した書籍、『思考力 読解力 伝える力が伸びる ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』(かんき出版)より、子どもの能力を伸ばす読み聞かせメソッドを紹介します。今回は、日本とアメリカの読み聞かせの違いについてです。


【知育】ダイアロジック・リーディングとは?『ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』Vol.2

【知育】ダイアロジック・リーディングとは?『ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』Vol.2

ハーバード大学をはじめ、アメリカの大学で長年研究されてきた「ダイアロジック・リーディング」。その手法について紹介した書籍、『思考力 読解力 伝える力が伸びる ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』(かんき出版)より、子どもの能力を伸ばす絵本読み聞かせメソッドを抜粋してご紹介します。


【漫画】研修医時代に怖かった赤ちゃん、母親になった今も…『外科医が母になりました。』Vol.2

【漫画】研修医時代に怖かった赤ちゃん、母親になった今も…『外科医が母になりました。』Vol.2

はじめての赤ちゃん。かわいくてかわいくて、でも、それだけじゃなかった……! 外科医として働くミューさんの、はじめての出産、子育てを描く連載『外科医が母になりました。』。医師だからこそ感じることもあれば、ほかのママと同じように悩むこともあって……。


離乳食のおせちレシピ|赤ちゃんにおせち料理はダメ?【管理栄養士監修】

離乳食のおせちレシピ|赤ちゃんにおせち料理はダメ?【管理栄養士監修】

赤ちゃんが家族に加わり、楽しくも大変だった年も暮れ、もうすぐお正月。大人はいつものおせち料理、赤ちゃんには離乳食おせちで、新年を迎えてみてはいかがでしょうか。今回は離乳期の赤ちゃんもおいしく食べられるおせちレシピをご紹介します! 「どうして大人用のおせちを赤ちゃんに食べさせちゃダメなの?」という疑問にもお答えしますよ。


最新の投稿


【めっちゃ和む】独特な雰囲気あふれる一歳児の女子会「あうー」「あうー」

【めっちゃ和む】独特な雰囲気あふれる一歳児の女子会「あうー」「あうー」

Instagramで子育て漫画を発信される奮父ちゃんさん。奮父ちゃんさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【応援しちゃう】指で2歳ができない~~、可愛い頑張りの様子

【応援しちゃう】指で2歳ができない~~、可愛い頑張りの様子

Instagramで子育て漫画を発信されるmicoさん。micoさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


離乳食のフリージング術6つと知っておきたい解凍のコツ【管理栄養士監修】

離乳食のフリージング術6つと知っておきたい解凍のコツ【管理栄養士監修】

離乳食はフリージングが便利! 一度に1週間分くらいを作り置きするのが、手間を省くコツです。赤ちゃんの安全を保ちつつも作る負担をできるだけ減らすべく、作り置きの基本と冷凍保存のポイントやコツ、便利グッズをご紹介します。


【漫画】夫が「通勤して働くのも捨てがたい」と言う理由は?『夫と私の凸凹二人三脚な日々』Vol.8

【漫画】夫が「通勤して働くのも捨てがたい」と言う理由は?『夫と私の凸凹二人三脚な日々』Vol.8

結婚して出産したって、すぐに変われるわけじゃない。自分が「母親」に、夫が「父親」に、そしてふたりが「夫婦」になるまでにかかった年月をていねいに描いた話題作『夫を捨てたい。』のいくたはなさんが、3男1女を育てる夫婦の「これまで」と「現在」のリアルを描く連載『夫と私の凸凹二人三脚な日々』。隔週日曜日にお届けします♪


生クリームはいつから食べられる?後期・完了期からOKの離乳食レシピ【管理栄養士監修】

生クリームはいつから食べられる?後期・完了期からOKの離乳食レシピ【管理栄養士監修】

今回の離乳食テーマは「生クリーム」。クリスマスなどのイベントがあると、生クリームを使ったケーキでお祝いするというご家庭も多いでしょう。でも、離乳期の赤ちゃんは生クリームを食べられるのでしょうか。生クリームを離乳食に使う際のポイントや代わりになる食材などについて解説します。離乳食の生クリームレシピもお試しくださいね。