【医師監修】1歳4ヶ月の特徴と育児のポイント! かんしゃく、卒乳はどうする?

【医師監修】1歳4ヶ月の特徴と育児のポイント! かんしゃく、卒乳はどうする?

1歳4ヶ月になると、言葉の発達や歩きっぷりなどが楽しみになる一方で、この時期ならではのお悩みも増えてきます。1歳4ヶ月の子の特徴とともに、この時期によく見られる悩みと解決方法についてもお話します。


1歳4ヶ月ってこんな時期

Getty logo

1歳4ヶ月の身長・体重

どんどん成長して身長・体重が増えていく時期。男の子と女の子の体重と身長の目安を見てみましょう。

体重

・男の子 8.36~11.98kg
・女の子 7.75~11.33kg

身長

・男の子 73.9~83.8cm
・女の子 72.1~82.1cm

※3~97パーセンタイル値[*1]

ひとり歩きができてどんどん活発に

1歳4ヶ月になると、95%以上の子がひとり歩きができるようになります[*1]。中にはひとり歩きだけでなく、後ずさりして歩く子も見られることでしょう。子供が後ろ向きに歩いていたら、成長発達の一環だと思ってくださいね。

また、子供によっては階段を上手に登る子もいます。
でも、上手に歩けるようになったようでまだぐらつくこともあるので、転んだり落ちたりしないように気を配ってあげてくださいね。

おもちゃ遊びが上手に

1歳4ヶ月になると、今まではすぐに崩れてしまった積み木も、2つまでなら積み重ねられる子が増えてきます。中にはもっと多く、4つくらいの積み木を積み上げられる子もいることでしょう。
目で見て手を使うのが上手になっていくので、中には干しブドウなどの小さなものをビンからつまみ出せる子もいます。

手先を使うのが上手になるとともに、自分でやりたい気持ちも育っていきます。
ママとおもちゃで遊んでいる時に、おもちゃをママの手元から取って自分で遊んでみたり、うまくできない遊びにもチャレンジすることがあるかもしれません。やりたい気持ちを受け入れて、気長につき合ってあげたいですね。

コミュニケーションが楽しくなってくるころ

Getty logo

言葉がさらに増えていきます

1歳4ヶ月ごろから、パパ、ママ以外にも3語ぐらいは言える子が増えます。また、体の部位などの名前を言われるとその場所を指させる子もでてきます。
言葉を使ったコミュニケーションが育ってきたのです。

この時期はまだスムーズにしゃべることは難しいからこそ、ママやパパは子供の言葉に耳を傾けてあげましょう。何を言っているかわからなくても、ゆったりと最後まで言葉を聞いてあげたいですね。

サ行やラ行は難しいので、言い間違えやすいものです。間違っていたら正しい発音で言い直してあげましょう。でも怒ったり、きつく言い聞かせるのではなく、優しく発音し直すのがポイントです。

好きな絵本を読み聞かせたり、道で会った犬を見て「ワンワン、どこにいくのかな?」と想像力をふくらませてあげるのもおすすめです。
言葉を少しずつ覚えられるように、根気よくゆっくりと対応してあげましょう。

指差しがますます豊かに

0歳代の赤ちゃんは、興味があるものを指差します。この場合、横に人がいる時だけでなく、1人きりでいる時も指差しており、自分が興味をもっているものを指し示す行為ということがわかります。

1歳4ヶ月ごろになると、自分の欲しいものを取ってもらうなどの意思を伝えるために指差しをするようになります。この指さしは「要求の指差し」といって、成長のあかしです。

中には、自分が気になるものを指差して、ママやパパにも見てもらおうとする子もいます。これは興味や要求だけでなく、共感も求めた指差しだと言えます。

子供が何かを指差したら、どんな意味があるのか考えてみましょう。きっとそこから、その子の成長ぶりが見えてくるはずです。

1歳4ヶ月ならではの悩み

Getty logo

子供の成長とともに子育ての悩みも変わっていくものです。1歳4ヶ月ごろによくある悩みと解決策を見てみましょう。

かんしゃく、いうことを聞かない

1歳から2歳にかけては、「親の言うことを聞かない」という悩みが急増していく時期です。このお悩みは、1歳のうちは14.6%のママ、パパの15.8%が感じていますが、子が2歳になるとママの31.9%、パパの25.4%が訴えるようになります[*2]。

1歳4ヶ月になって「最近言うことを聞かないな」と感じたら、それもまた成長の一部と思っていいでしょう。

1歳ごろからは、何でも自分でやりたがるようになる時期に入ります。1歳半くらいからはさらに自己主張が強くなる上に、自分の要求を言葉で表すようになるのです。1歳4ヶ月で、親の言うことを聞くよりも自己主張したくなるのは当然の流れです。

アメリカでの研究ですが、親が子供に「こうしなさい」「こうしちゃダメ」といった行動の要請や禁止をするのは、1歳6ヶ月前後に一番多かったという報告があります。子供が反抗する回数も1歳6ヶ月から2歳までの間に、それまでの半年間に比べて倍増したとする報告もあります。

また、ママやパパに「こうしなさい「こうしちゃダメ」と言われて子供がイライラしたりかんしゃくを起こすのは、1歳3ヶ月から2歳ごろによく見られると報告している研究もあるのです。
日本の0~3歳児の発達相談に関する調査でも、1歳代ではかんしゃくなどの悩みがよく寄せられることが報告されています[*3]。

この時期は自分の思い通りにならなかったり、自分が遊びたいおもちゃをほかの子が使っていると、怒ってかみついたり引っかくトラブルもよく起こります。
やってはいけないことをやったり攻撃的になった時に、とがめたり言い聞かせても反抗する時もあることでしょう。そんな時にはどうすればいいのでしょうか?

言うことを聞かなかったりかんしゃくを起こすのはよくある悩みで、子供が順調に発達している証拠です。
ママやパパは大変な思いをすることと思いますが、子供が気持ちを言葉で伝えられるようになって成長していけばこうした行動はいずれ落ち着いていきます。つらい時にはひとりで抱え込まないで、育児サークルや育児支援センターなどで話を聞いてもらいながら、子供の成長を見守っていきたいですね。

まだ授乳しているけどOK? 卒乳・断乳はいつすべき?

授乳を続けているママの中には、1歳4ヶ月でまだ続けていいのか、いつごろ卒乳すればいいかと悩んでいる人もいるでしょう。

卒乳や断乳を迎える時期は、子供の様子やママと家庭の状況に合わせて決めてかまいません。
ただし、授乳を続けているために歯が不衛生になって、虫歯になるのは困りますね。授乳の後にそのまま寝るのはやめて、歯磨きを欠かさないようにしましょう。

なお、この時期でも母乳から栄養がなくなることはありませんが、もともと母乳育児では鉄分やビタミンDが不足しやすいものです。生後9ヶ月~2歳ごろは、体が急激に発達して鉄分がたくさん必要になるため、貧血になる子がたくさんいます。体が必要としている鉄分やビタミンは、食事で補うように注意してあげましょう。

まとめ

活動的になって言葉が増え、指差しと言葉でコミュニケーションが取れるようになってくる1歳4ヶ月。歩くのも上手になっていき、自分でできること・やりたいことも増えていきます。
その一方で、まだまだうまくできなかったり、気持ちを伝えられないいらだち、自我の芽生えなどから、ママやパパにはかんしゃくや言うことを聞かないなどの悩みも増えていきます。授乳のやめ時に頭を悩ませているママもいることでしょう。

今は大変なことも多いですが、子供もできないことに困ったりチャレンジしながら一歩一歩成長している時期です。ママとパパで協力し合って、時々気分転換も図りながら、成長を温かく見守っていきたいですね。

この記事の監修ドクター
梁 尚弘先生
りょうキッズクリニック(埼玉県所沢市)院長。平成10年順天堂大学卒業後、日本大学小児科研修医、沼津市立病院小児科、横須賀市立市民病院小児科、日本大学小児科助教、瀬戸病院小児科医長を経て現在に至る。小児科専門医。

(文:大崎典子/監修:梁尚弘先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]厚生労働省 平成22年乳幼児身体発育調査
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/73-22-01.pdf
[*2]「乳幼児の育児と生活に関する実態調査」全国私立保育園連盟
http://www.zenshihoren.or.jp/pdf/torikumi_kenkyu_houkoku2008_3.pdf
[*3]矢野のり子: 1歳6ヵ月健診における親と子への発達援助と子育て支援, 神戸山手大学紀要 (17), 41-48, 2015

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。


最新の投稿


離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

やわらかくてやさしい味の豆腐は離乳食にも大活躍!今回は、絹豆腐と木綿豆腐どちらを選べばいいか、加熱の際の注意点など、離乳食の豆腐について解説します。


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。