ママのための悩み解決サイト
【医師監修】産婦人科医が教える「臨月の外出ルール」4つ

【医師監修】産婦人科医が教える「臨月の外出ルール」4つ

出産を間近に控えたとはいえ、出産前にしておきたい用事や、上のお子さんの行事などがあれば外出しないわけにはいかない場合もあります。また、産休が始まり、出産までの間にすこし気分転換したい、などということがあるかもしれません。臨月の妊婦さんの安全な外出について、4つのルールをご紹介します。


この記事の監修ドクター
松峯美貴先生
医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。
http://www.toho-clinic.or.jp/

ルール1 36週目の1週間を大事に過ごす

Getty logo

早産と正期産の違いとは

36週からは「臨月」と呼ばれ、そのすこし前ごろからお母さんの体は出産準備に入り、いつ陣痛が起きてもおかしくない状態にぐんぐん整っていきます。しかし、赤ちゃんの肺など、一部の臓器の機能はまだ未熟で、成熟するのは37週以降です。

そのため37週以前に生まれると「早産」とされ、37週以降に生まれた場合が「正期産」とされます。

つまり、同じ臨月でも36週〜37週未満の1週間は、赤ちゃんの成熟にとってとても大切な時期といえます。ぜひお母さんも赤ちゃんと一緒に、安全に、穏やかに、注意深く過ごしましょう。

37週以降はいつでも出産の可能性あり

一般的に37週を超えると、赤ちゃんは十分に成長し、外界に出て生きることができる状態です。お母さんの体も、いつでも出産可能な準備が整えば、いつ陣痛が始まってもおかしくありません。

誕生の瞬間はもうすぐ! そのことを心に留めて臨月を過ごしていきましょう。

ルール2 産科まで「すぐ行ける」圏内でお出かけ

Getty logo

行っていい範囲や持ち物は?

それでは、出産を間近にしたこの時期、どのくらいの範囲であれば外出しても安全でしょうか。

具体的に「ここまでならば絶対安心!」と明言はできませんが、移動先で破水や陣痛が起きたら、タクシーなどを利用して出産予定の産院へすぐ行ける距離の場所、つまり生活圏内を外出の範囲の目安としましょう。

例えば、運動としてのウォーキングをかねて行きつけのスーパーへ買い物に行き、ランチを食べて戻ってくる、などです。また、外出の際は下記のような「持ち物」(表)を準備しておけば、外出先で破水などが起きた際も安心です。

持ち物リスト

□スマートフォン(出産予定の病院の電話番号登録)
□母子手帳
□出産予定の病院の診察券
□保険証
□タクシー代
□大きめのナプキン
□替えの下着
□レジャーシート(小)またはビニール袋(大)
□バスタオル

外出時の移動手段は?

どのような交通機関も、何かアクシデントがあれば長時間、車内から出られなくなる可能性はゼロではありません。

しかし、自分だけで運転するマイカーは、事故渋滞などに巻き込まれてしまうと、身動きできなくなるだけでなく、お腹を圧迫する姿勢をとり続けなければならない危険があります。とくに臨月に入ってからの自動車の運転は避けましょう。

移動中、つらくなったら姿勢を変えたり、すこし動いたりできる公共交通機関を、混雑時を避けて利用するか、ドアツードアが可能なタクシーを使うか、歩きましょう。

いつ、どこへ行くのもOK?

感染症などが流行しやすい時期には、人の多い場所、保育園・幼稚園や学校など感染が広がることの多い場所はなるべく避けましょう。保育園など「抵抗力が弱い人」「同じ人が、連日集まる場所」といった感染が拡大しやすい条件に合うため、注意が必要なのです。

とはいえ、上の子の送り迎えや行事参加などで、完全に避けるわけにはいかない場合もあるかと思います。その際は、短時間の滞在にする、十分な手洗いをする、不織布製マスクを着用するなど、予防の対処を心がけてください。

ルール3 産前の外食、ここに注意!

Getty logo

食中毒予防のポイント!

赤ちゃんが産まれたら、しばらく外食はおあずけと思って、臨月に外食を楽しんでおこうと考える妊婦さんは少なくないようです。

また、赤ちゃんの位置が下がって、胃が楽になると食欲が戻ってきたり、産休の“オフ”の充実を望んだり、おいしいものを食べに行く絶好のチャンスと思うのもやむなし!? ですから、外食するならば「食材」と「調理方法」に注意しましょう。

なぜなら妊婦さんが食中毒を起こしてしまうと、使用できる薬がある程度限られるうえ、食中毒を起こした場合、特に妊娠後期は重症化しやすく、出産経過や母子の著しい健康被害につながるリスクの高い細菌があるからです。

「リステリア菌」は私たちの生活環境に広く存在している細菌で、妊娠していない時期、健康であればリステリア食中毒を起こすことも、重症化することもほとんどありません。しかし、妊婦さんや体力が低下した人は十分に加熱されていない食品(生ハム、ナチュラルチーズ、未殺菌乳、スモークサーモン、果物など)を食べることで感染してしまう例が報告され、注意喚起されているのです。

予防のため、衛生管理の行き届いた店で、十分に加熱された献立を選んで外食を楽しみましょう。

ルール4 外出先で破水や陣痛が起きたときは?

Getty logo

出産予定の病院に一報!

外出先で破水や陣痛が起こったら、出産予定の病院に電話をして、状況を伝え、指示をもらいましょう。

すぐに向かうことになったら、用意しておいたナプキンを当て、家族などが運転する車かタクシーを確保し、座席にレジャーシート(またはビニール袋)とバスタオルを敷いて乗車を! 破水した場合、動くたびに羊水が流出しますので、産院が徒歩圏外の場合はタクシーや自家用車で移動しましょう。

里帰り出産をする人の注意点

Getty logo

臨月に入る前、なるべく早めに移動を

「出産は実家近くの産院で」と里帰り出産を予定している人は、移動の安全と、産む産院での診察や体制づくりもあるので、産休が始まる妊娠34週を目安になるべく早めに転院しましょう。

また、帝王切開の予定や可能性がある場合は、妊娠何週までに診察を受けたらいいか、産院でのスケジュールをあらかじめ聞いておき、それに合わせて余裕をもって移動してください。

なお、移動に飛行機を使う場合、各航空会社が妊娠中の乗客の利用について妊娠期間や利用路線により「医師の診断書」の提出などが求められますので、利用する便の条件の事前チェックも忘れずに!

まとめ

臨月は、急に陣痛が始まったり破水する可能性もある時期です。外出には慎重さを要しますが、それでもリフレッシュのためや上のお子さんの用事など、必要な外出もあるでしょう。できるだけ生活圏内の外出にとどめ、「陣痛が起きても対応可能」な用意を整えて、臨月のお出かけを楽しみましょう。

待望の日はもうすぐやってきます。その日のために体は着々と準備をし、赤ちゃんも育っています。くれぐれも安全に、健やかに出産を迎えられるよう、気をつけてお過ごしください。



(文・構成:下平貴子/日本医療企画、監修:松峯美貴先生)

※画像はイメージです

参考文献
小学館刊「ウイメンズ・メディカ」
医学書院刊「臨床婦人科産科 2018年 4月号増刊号 産婦人科外来パーフェクトガイド?いまのトレンドを逃さずチェック! 」
産婦人科診療ガイドライン産科編2017
厚生労働省広報「リステリアによる食中毒」
公益社団法人日本産婦人科医会 書類「妊婦に対するリステリア食中毒に関するご注意」

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


【医師監修】新生児のお腹がパンパンに!主な原因と対処法

【医師監修】新生児のお腹がパンパンに!主な原因と対処法

新生児、生まれたばかりの赤ちゃんのお腹がパンパンに張るのはなぜ? 新生児のお腹が張っている場合に考えられる主な原因と、適切な対応についてまとめました。


【医師監修】赤ちゃんが二重になるのはいつから? 親の二重は遺伝する?

【医師監修】赤ちゃんが二重になるのはいつから? 親の二重は遺伝する?

生まれてきた赤ちゃんは親にとってかわいくて仕方がない存在。我が子を見つめながら「ここはパパ似だね」「ママに〇〇が似ている」という会話をする夫婦も多いでしょう。今回のテーマは “赤ちゃんのまぶた/一重と二重”。今一重ならずっと一重? 両親が二重でも一重になる? などの疑問について解説します。


【医師監修】水中出産のメリット・リスクは?選べる条件と注意点

【医師監修】水中出産のメリット・リスクは?選べる条件と注意点

歌手やモデルが自身のブログなどで明かした「水中出産」。セレブの出産法というイメージもあって興味を持つママも多いのではないでしょうか。ここでは水中出産のメリット・リスクのほか、条件や注意点について解説します。


【医師監修】つわりの時期でも食べやすいご飯の工夫10選

【医師監修】つわりの時期でも食べやすいご飯の工夫10選

つわりによる困りごとの一つが「炊きたてのご飯のにおいがツラい」。栄養面を考えると治まるまで控えるわけにはいかないし……。というママのために簡単に作れて食べやすいご飯の工夫を紹介。ぜひ試してみて!


【医師監修】妊娠初期にだるいと感じる原因は?眠気や疲れが続く期間と対策

【医師監修】妊娠初期にだるいと感じる原因は?眠気や疲れが続く期間と対策

妊娠初期、具合が悪いというほどではないけれど、体がだるく感じることがあります。まだ、体重も増えていないのに体が重く、常に眠いということも。いったい体はどうなっているのでしょうか。今回は妊娠初期にだるさを感じる原因や対策について解説します。


最新の投稿


【助産師解説】新生児が夜泣き⁉ 夜泣く原因と対策<ママ体験談>

【助産師解説】新生児が夜泣き⁉ 夜泣く原因と対策<ママ体験談>

生まれてすぐの赤ちゃんは眠る時間がこま切れで、3~4時間に一度は夜でも目を覚まして泣きます。これはいわゆる「夜泣き」とは少し性質が違います。新生児が夜に泣く原因と対処法について、助産師さんに解説してもらいました。


【助産師解説】赤ちゃんが泣き止まないのは黄昏泣き?コリックって?4つの対策

【助産師解説】赤ちゃんが泣き止まないのは黄昏泣き?コリックって?4つの対策

個人差はあれど、赤ちゃんはよく泣くもの。赤ちゃんの中には、時間帯によってご機嫌に差があることもあります。特に、夕方になると発作のように大声で30~40分泣き続けることを「黄昏(たそがれ)泣き」などと言ったりしますが、これはどのような状態なのでしょうか。原因と思われることや対処法について、助産師さんの監修で紹介します。


【助産師解説】妊婦におすすめのお茶は? 注意したいお茶・飲み物も知っておこう

【助産師解説】妊婦におすすめのお茶は? 注意したいお茶・飲み物も知っておこう

いつも以上に水分補給が重要となる妊娠中。妊婦の水分摂取にいいお茶にはどのような種類があるのでしょうか? 飲む際に注意が必要なお茶や飲み物についても、助産師が詳しく解説します。


【医師監修】妊婦の坐骨神経痛は珍しくない?症状と原因、対処法

【医師監修】妊婦の坐骨神経痛は珍しくない?症状と原因、対処法

妊娠してから太ももや足などがしびれたり痛むようになったら、坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)を起こしているのかもしれません。しびれや痛みを我慢しないで正しく対処できるように、坐骨神経痛とは何か、その症状や原因、妊娠中の対処法について知っておきましょう。


【医師監修】妊婦さんに多い浮腫(むく)みのおもな原因と対処法

【医師監修】妊婦さんに多い浮腫(むく)みのおもな原因と対処法

妊娠中はさまざまな原因で体が浮腫みやすくなりがちです。しかも、中には浮腫みの裏に病気が隠れていて、医師に相談が必要なことも。浮腫みの原因を正しく知って、病気が原因の浮腫みを見分けるポイントを抑えておきましょう。