ママのための悩み解決サイト
でんぐり返しの子供への教え方!練習はいつから?成功のコツは?

でんぐり返しの子供への教え方!練習はいつから?成功のコツは?

一人歩きができるようになると、いろいろな動きが面白くていつの間にか”でんぐり返し”をして遊んでいる子供の姿を目にすることがあるかもしれません。安全に”でんぐり返し”ができるように、教えてあげたいですよね。今回は、練習方法や上手にできるコツをお届けします。


でんぐり返し(でんぐり返り)を教えよう!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

無邪気な子供は自分の身体を使って遊ぶのが上手ですよね。でんぐり返しも楽しい遊びの一つかもしれませんが、安全に楽しむために正しいでんぐり返しの教え方や効果などをみていきましょう。

そもそもでんぐり返しとは

「でんぐり返り」という方もいますが、正しくは「でんぐり返し」。両手の手のひらを地面について、体を1回転させることを言います。しっかり起き上がるまでが正しいでんぐり返しと言えるでしょう。前だけでなく、後ろ向きに回る動きもでんぐり返しと呼ばれるようです。

でんぐり返しの驚きの効果

でんぐり返しができるようになると、どんな効果があるのでしょうか。

●転んだ時の受け身が上手になる……
体のバランスがまだ整っていない子供は、よくつまづいたり物にぶつかって転びますよね。そんなとき、顔が地面につく前に手を使って上手に受け身が取れるなど瞬時に対応できるようになるでしょう。

●バランス感覚が養われる……
自分の体を上手に回すためには、腕力と筋力が必要になります。手足の動きをバランスよくコントロールし、体の中心である軸をしっかり意識することによってきれいに回転することができます。正しいでんぐり返しを何度も行うことによってバランス感覚が自然と養われていくでしょう。

●乗り物酔い防止……
車や電車、飛行機、船など酔いがちという子供は揺れる環境の中にいると、体のバランス感覚を失い、具合を悪くしたり吐き気を起こします。でんぐり返しは体の平衡感覚を身につけることができる運動と言われているので、乗り物酔い防止の一つとしておすすめです。

でんぐり返しはいつからできる?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

でんぐり返しは何歳でできるようになる?

一般的には3歳代と言われているようですが、その理由としては「両手で頭や身体を支えられるようになる」「でんぐり返しの仕方がわかるようになる」「でんぐり返しをしてよい場所かどうか判断できる」など、赤ちゃんのころより身体的にも精神的にも安全にでんぐり返しができる能力を備えられることがあげられます。手足を使う運動のでんぐり返しは正しいやり方がきちんと伝わる3歳前後から教えていくとよいでしょう。

1歳は早い?赤ちゃんのでんぐり返しの事故に注意

赤ちゃん期でもある1歳~2歳のころは、自然とできるようになり回転する感覚を楽しむ子もいますが、手をつかず顔面から床に打ちつけてしまったり、首を傷めたり、物やテーブル、窓などに体をぶつけてケガをするなど危険もともないます。事故防止のためにも正しいやり方を教えたり、まわりに物がない状態をつくってあげるなど注意と配慮が必要となるでしょう。

子供に教えるでんぐり返しの練習ステップ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

でんぐり返しの最初の姿勢

・両手は「パー」に開き体をしっかり支えられるようにする
・パーにした両手を足元ではなく、少し遠くにつく
・おしりは床(布団やマット)につけず、浮かした状態
・両足の膝はなるべく離れないようにする

でんぐり返しの回るときの姿勢

・床(布団やマット)につけた両手に体重をのせる
・頭は顎を引いて、おへそを見るようにする
・後頭部を最初につけて、背中を丸めて一気に回る

でんぐり返し最後の姿勢

・両足の裏を布団につけ、回った勢いで前を向いて起き上がる
・両手は前にまっすぐにした姿勢のまま立ち上がる

できないときに試そう!でんぐり返し成功のコツ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まっすぐ回転できないとき

回転の途中で曲がってしまう原因として、

・最初の姿勢で、両足の膝が離れている
・手がパーになっていない
・後頭部ではなく、頭のてっぺんからついてしまっている
・手で体をしっかり支えられていない

などが考えられます。何が原因かチェックし修正してあげるとよいでしょう。頭がてっぺんからついてしまっているときは、後頭部に手をあてて補助する、まっすぐ起き上がれるよう手を添えてあげるなどサポートをすると子供は安心してでんぐり返しができるかもしれません。

起き上がれないとき

回転後、両足は伸ばさずお尻に近づけて立てるようにし、手を前にまっすぐ伸ばすようアドバイスをしましょう。起き上がりが上手くできないときは、回転後背中に手を添えてあげると、起き上がりやすくなるようです。

回る感覚がつかめないとき

布団の下に枕や座布団を入れて転がりやすくしてあげるとよいですね。布団を3分の1折り返し、その上にもう一枚布団を重ねてもOK。斜面を利用して回る感覚がつかめるまで見守っていきましょう。

まとめ

遊びの延長で楽しみながらチャレンジしてしまう子もいるでんぐり返しですが、事故にならないように正しいやり方を教えていきたいですね。コツさえつかめば運動神経の良し悪し関係なくできるようになる運動なので、ぜひトライしてみましょう。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


育児 遊び

関連する投稿


家族旅行で行きたい長崎の観光&アミューズメントスポット

家族旅行で行きたい長崎の観光&アミューズメントスポット

国内屈指の観光都市として有名な長崎。ハウステンボスや世界遺産にもなった軍艦島、「1,000万ドルの夜景」と謳われる稲佐山公園展望台からの美しい眺めなど、行けば絶対にはずせないスポットが満載です。中でも、親子で楽しめる家族旅行におすすめのスポットをまとめました。


家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

リゾートやテーマパーク、アミューズメントに自然体験など、家族旅行におすすめのスポットや旅の過ごし方はさまざま。そのうちのひとつに、観光列車での旅もありますよね。子どもと一緒に楽しむのにぴったりの鉄道は? 家族でぜひ一度乗ってみてほしい観光列車をご紹介します。


家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行というとアミューズメント付きの滞在型ホテルでゆっくりというパターンが多いご家庭も少なくないのでは? そんな過ごし方もちょっと飽きちゃったという場合におすすめなのが、台湾。初めての家族旅行にもぴったりな台湾の魅力とおすすめスポットをご紹介します。


家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

近年、タイが家族旅行の新スポットとして注目されていることをご存じですか? まだ子どもが小さくて海外旅行はちょっと……と悩んでいるご家庭には特におすすめ。滞在先やグルメ、アクテビティなど、家族旅行におすすめの過ごし方と、タイの魅力をお伝えします。


ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

韓国は日本から飛行機でおよそ2時間半と、もっとも手軽に行ける海外旅行先のひとつですよね。そんな韓国の首都ソウルには子どもが楽しめるスポットが豊富で、小さなお子様連れの家族旅行にもぴったり。ソウルの魅力とおすすめスポットやグルメをご紹介します。


最新の投稿


映画館に幼児と行くなら!おすすめ映画は?席・時間は?

映画館に幼児と行くなら!おすすめ映画は?席・時間は?

子どもが3歳をすぎると「一緒に映画館へ行きたい」と思うママやパパも多いのではないでしょうか。せっかく行くならおすすめ作品を鑑賞したいですよね。今回、幼児向け人気の映画作品や、幼児連れなら気になる料金や席、マナーについて調査。楽しく過ごすコツについてご紹介します。


映画館に行きたい!1歳・2歳は早い?子連れにおすすめの映画は?

映画館に行きたい!1歳・2歳は早い?子連れにおすすめの映画は?

そろそろ子どもを映画館に連れて行きたい、1歳や2歳になると外出先の候補として考えるママもいるかもしれません。1歳児の映画館デビューは早いのか、料金の有無やマナーについて調査。子ども楽しみやすいディズニーなどのおすすめ映画とあわせ、ご紹介します。


映画館は赤ちゃんNG?子連れで行ける映画館は?

映画館は赤ちゃんNG?子連れで行ける映画館は?

赤ちゃんを連れての映画館、子連れは周りに迷惑をかけてしまうからと避けている方もいるでしょう。入館禁止の有無やいつから映画を楽しめるのか、わからないこともありますよね。今回は子どもが映画を鑑賞しやすい年齢や子連れ向けのサービスなど、親子で映画を楽しむ秘訣についてご紹介します。


年の差兄弟の悩みあるある!メリット・デメリット

年の差兄弟の悩みあるある!メリット・デメリット

上の子どもと下の子どもの年齢が離れている「年の差兄弟・姉妹」。10歳ほど離れていると、一方は小学校高学年、一方は生まれたばかりの赤ちゃんと、置かれた環境が全くちがうものになります。年の差兄弟のメリットやデメリット、子育てのポイントについてまとめました。


子沢山は大変だけど幸せ!兄弟・姉妹が多い家庭の育児のコツ

子沢山は大変だけど幸せ!兄弟・姉妹が多い家庭の育児のコツ

テレビで放映される大家族シリーズや、子沢山の芸能人のニュースなどを見ると、幸せそうだと思いつつも「大変なのでは?」と思ってしまいますよね。毎日の子育てにお金のやりくりなど、子沢山の家族はどうしているのか気になるもの。今回は子沢山の家族のリアルやメリット、子育てのコツをご紹介します。