ママのための悩み解決サイト
子供と自転車の練習をしよう!基本3つのポイントや 教え方やコツなど

子供と自転車の練習をしよう!基本3つのポイントや 教え方やコツなど

成長にともない、「自転車に乗れるようになりたい」と思い始める子供も多いはず。そんなモチベーションが高い時こそ、自転車が上達しやすい絶好のチャンスです。ぜひ、自転車の練習の準備をしてみましょう。今回は、自転車の練習方法や上達するためのポイントについてご紹介します。


初めての自転車!練習を始めよう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まず、自転車の練習をするためには自転車の用意はもちろん、自転車の練習にふさわしい服装や場所も考えなければなりません。はじめに、自転車の練習を始めるにあたっての準備をしてみましょう。

練習の準備

自転車の練習は転倒のリスクが伴うもの。ヘルメットを装着するほか、転んでも軽傷で済むように長袖と長ズボンを着用しましょう。真夏など汗が気になる季節では、薄手の生地や吸湿速乾性の素材の衣類などがおすすめ。手袋を用いると、手の怪我を防止するだけでなくハンドルを持つ際に握力を補助することができます。

また、自転車の練習を行う場所も確保します。くれぐれも一般公道や駐車場、車通りの多い所では絶対に練習しないようにしましょう。家の庭や近所の公園、広いグラウンドなどがおすすめです。

自転車が子供に合っているかチェック

少しでも買い替えをしないで済むように、少し大きめの自転車を用意したいという人も多いはず。しかし、身体に合わない自転車は不安定になりがちで恐怖を覚えて練習がはかどらなくなってしまうことも。練習の段階では、子供に合った仕様の自転車を用意する事が重要です。

お尻がしっかりサドルに乗っかること、座った状態で地面に両足がつくこと、手がハンドルに十分に届くことの3つを基準に、自転車を準備してあげましょう。

サドルの高さは、サドルにしっかりと座った状態で両足が地面にしっかりと着くぐらいの高さに調整してあげます。ブレーキに指が十分に届かない場合には、ブレーキについているアジャストボルトで調節してください。

自転車の練習方法、基本の3ステップ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

当たり前ですが、自転車はペダルをこげばすぐに乗れるようになるわけではありません。ついペダルをこぐところから始めてしまいがちですが、まずはバランス感覚をつかむ基礎的なところから始めるのが上達の近道。次は、自転車の練習方法を3段階に分けてご紹介します。

ステップ1:ペダル・補助輪を外してバランス感覚を養う

自転車の練習として初めに実践したいのが、バランス感覚をつかむための練習。自転車にまたがってハンドルを握り、足で地面を蹴ってバランスを取りながら前方に進んでいく方法です。

この時の練習では、ペダルや補助輪を外した状態の自転車を使用します。ペダルの取り外しは自転車販売店などで依頼しても良いですし、ホビーバイクといったペダルのない仕様の自転車を代用するのもOKです。

5秒ほど続けて走行できたらバランス感覚が身に付いてきたといえるでしょう。慣れてきたら、足を自転車のフレームに乗せたり、ハンドルを切って曲がる練習、ブレーキを握って停まる練習なども兼ねてみましょう。

バランスを取りながら自在に進めるようになることで、ペダルをつけてからの練習もスムーズになります。

ステップ2:バランスがとれるようになったらこぐ練習

バランス感覚が身に付いたら、今度はペダルをこぎながらの練習です。ペダルを踏み込むという動作は、日常ではなかなかないもの。初めのうちはペダルの重みも手伝って、なかなか思うようにこげないことも少なくありません。

そこで、おすすめなのがゆるい下り坂での練習。重力でペダルの重みがカバーされながらこぐ練習に取り組めます。

ステップ3:自転車の操作力を高める練習

バランス感覚やペダルをマスターし、ほぼ自転車に乗れるようになったら、今度は公道を走るための準備をしておきたいところ。公道を走るには、きちんとバランスを保てること、ハンドル操作でスムーズに曲がれること、危険に応じて正確にブレーキを踏んで停まれることが最低条件とされるでしょう。その技術を身に付ける練習をする必要があります。

確実にバランスを保ちながら走るには、直線の上をはみ出さずよろめかずに走る練習が効果的。自分で線を引いてみたりして実践してみましょう。スムーズに曲がるには、コーンなどの目印を置くなどしてスラローム(左右にS字に進む)運転の練習がおすすめ。確実にブレーキを踏んで停まる練習には、目印を置いて直前で停まる方法を試してみましょう。

自転車の練習、成功のコツ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自転車を練習する中で、いくつか工夫を試みることで成功率がアップすることも。次は、自転車の練習を成功させるためのコツについてご紹介します。

見本をみせる

パパやママが、自転車の乗り方のお手本を見せてあげるのも効果的。「百聞は一見に如かず」ともいうように、自転車の練習でも実際に正しい乗り方を見ることでより理解しやすいものです。

視線を前に向かせる

特に初めの段階からありがちなのが、転倒の恐怖に気をとられて目線が近くの地面にいってしまうケースです。しかし、自転車に乗るには姿勢が肝心で、目線が低いとバランスが保ちづらくなるため逆効果。顔を上げて前を見るように心がけることが大切です。

どうしても地面の方が気になってしまう場合には、進む方向に目印を置いたり人が立つことがコツ。前方を意識しやすくなります。

少しでも上手くなったら褒めてあげる

子供は褒められて伸びるもので、特に親からの褒め言葉は最大の原動力。少しでも上手に出来たら褒めてあげて、やる気に繋げることが大切です。

自転車を練習させるときの親の心構え

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自転車を練習するのは子供本人ですが、見守る側の親の心構えも成功や上達に大きく影響してきます。言動次第でやる気がアップしたり逆にダウンしたり……。最後に、自転車の練習にあたって親として心がけたい事について説明します。

練習開始は早い年齢でなくてもよい

自転車に乗れるようになる年齢は、大体年長〜小学校低学年ぐらいが多いようです。自転車の展開サイズも、一番小さいもので12インチ。これは、3歳頃にあたるサイズです。

しかし、冒頭でもあったように、自転車の練習を始めるタイミングとして重要なのは、あくまでも年齢よりも子供の気持ち。自転車に興味を持ち始めて、乗れるようになりたいと感じ始めた頃が時期に取り組む事が、早く上達するためのウラ技です。

子供にプレッシャーをかけない

自転車の練習は、ただでさえ転倒する事への不安や恐怖がつきまとっています。それに加えて、子供は大人に比べて体力や集中力が続かないため、長い練習には耐えられない事も少なくありません。

そこで心がけたいのは、大人の力を基準にプレッシャーをかけないこと。よその子供と比較したり、練習をせかすような事は、やる気を失わせてしまう原因となるので禁物です。

子供の集中力は大体15分〜20分ほどと言われています。気分転換や息抜きを入れるなど工夫して、リラックスしながらの練習を心がけましょう。

自転車の練習は長期戦、根気よく見守る

自転車はすぐに乗れるようになるとは限らず、見ていて危なっかしい時もあれば時には転倒してしまうこともあります。しかし、こういった経験はバランス感覚を身に付けるためには大切。

つい手や口を出してしまいたくなる事もあるかもしれませんが、そこはぐっと我慢し、根気よく見守ってあげるようにしましょう。

まとめ

自転車の上達には個人差があるもの。もちろん、多少なりとも向き不向きはありますが、子供のモチベーションと練習においての親の対応も重要になってきます。初めのうちはなかなかうまくいかず、もどかしくなる事もあるかもしれませんが、焦らず子供のペースに合わせることを大切にしてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連するキーワード


育児

関連する投稿


家族旅行で行きたい長崎の観光&アミューズメントスポット

家族旅行で行きたい長崎の観光&アミューズメントスポット

国内屈指の観光都市として有名な長崎。ハウステンボスや世界遺産にもなった軍艦島、「1,000万ドルの夜景」と謳われる稲佐山公園展望台からの美しい眺めなど、行けば絶対にはずせないスポットが満載です。中でも、親子で楽しめる家族旅行におすすめのスポットをまとめました。


家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

リゾートやテーマパーク、アミューズメントに自然体験など、家族旅行におすすめのスポットや旅の過ごし方はさまざま。そのうちのひとつに、観光列車での旅もありますよね。子どもと一緒に楽しむのにぴったりの鉄道は? 家族でぜひ一度乗ってみてほしい観光列車をご紹介します。


家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行というとアミューズメント付きの滞在型ホテルでゆっくりというパターンが多いご家庭も少なくないのでは? そんな過ごし方もちょっと飽きちゃったという場合におすすめなのが、台湾。初めての家族旅行にもぴったりな台湾の魅力とおすすめスポットをご紹介します。


家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

近年、タイが家族旅行の新スポットとして注目されていることをご存じですか? まだ子どもが小さくて海外旅行はちょっと……と悩んでいるご家庭には特におすすめ。滞在先やグルメ、アクテビティなど、家族旅行におすすめの過ごし方と、タイの魅力をお伝えします。


ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

韓国は日本から飛行機でおよそ2時間半と、もっとも手軽に行ける海外旅行先のひとつですよね。そんな韓国の首都ソウルには子どもが楽しめるスポットが豊富で、小さなお子様連れの家族旅行にもぴったり。ソウルの魅力とおすすめスポットやグルメをご紹介します。


最新の投稿


映画館に幼児と行くなら!おすすめ映画は?席・時間は?

映画館に幼児と行くなら!おすすめ映画は?席・時間は?

子どもが3歳をすぎると「一緒に映画館へ行きたい」と思うママやパパも多いのではないでしょうか。せっかく行くならおすすめ作品を鑑賞したいですよね。今回、幼児向け人気の映画作品や、幼児連れなら気になる料金や席、マナーについて調査。楽しく過ごすコツについてご紹介します。


映画館に行きたい!1歳・2歳は早い?子連れにおすすめの映画は?

映画館に行きたい!1歳・2歳は早い?子連れにおすすめの映画は?

そろそろ子どもを映画館に連れて行きたい、1歳や2歳になると外出先の候補として考えるママもいるかもしれません。1歳児の映画館デビューは早いのか、料金の有無やマナーについて調査。子ども楽しみやすいディズニーなどのおすすめ映画とあわせ、ご紹介します。


映画館は赤ちゃんNG?子連れで行ける映画館は?

映画館は赤ちゃんNG?子連れで行ける映画館は?

赤ちゃんを連れての映画館、子連れは周りに迷惑をかけてしまうからと避けている方もいるでしょう。入館禁止の有無やいつから映画を楽しめるのか、わからないこともありますよね。今回は子どもが映画を鑑賞しやすい年齢や子連れ向けのサービスなど、親子で映画を楽しむ秘訣についてご紹介します。


年の差兄弟の悩みあるある!メリット・デメリット

年の差兄弟の悩みあるある!メリット・デメリット

上の子どもと下の子どもの年齢が離れている「年の差兄弟・姉妹」。10歳ほど離れていると、一方は小学校高学年、一方は生まれたばかりの赤ちゃんと、置かれた環境が全くちがうものになります。年の差兄弟のメリットやデメリット、子育てのポイントについてまとめました。


子沢山は大変だけど幸せ!兄弟・姉妹が多い家庭の育児のコツ

子沢山は大変だけど幸せ!兄弟・姉妹が多い家庭の育児のコツ

テレビで放映される大家族シリーズや、子沢山の芸能人のニュースなどを見ると、幸せそうだと思いつつも「大変なのでは?」と思ってしまいますよね。毎日の子育てにお金のやりくりなど、子沢山の家族はどうしているのか気になるもの。今回は子沢山の家族のリアルやメリット、子育てのコツをご紹介します。