ママのための悩み解決サイト
授乳ケープの便利な使い方は? 知っておきたい3つのマナー

授乳ケープの便利な使い方は? 知っておきたい3つのマナー

授乳ケープはいろんな種類があり、初めての方だとどんなものがいいかわからず悩んでしまいますよね。おすすめの授乳ケープと使い方を紹介します。


授乳ケープは絶対おすすめ!使い方次第で応用できる

Getty logo

先輩ママたちも授乳ケープを持っていて大助かりだったという人も多いようです。母乳で育てる予定の方は、授乳ケープを1つ準備しておきましょう。

入院前に使い方を覚えるのがおすすめ!見舞い客対策に役立つ

授乳ケープを購入予定なら、出産前に用意しておきましょう。入院中にも赤ちゃんには母乳をあげなければならず、お見舞いに来ている人がいるときに持っていると便利です。産後は個室だけでなく数人が同室のこともあるため、他の方のお見舞いで人が来ているときにも、授乳ケープがあると重宝します。

授乳室がない場所でも安心

授乳ケープは授乳室がないときに活用できます。最近はどの施設でも子供連れで訪れやすいように工夫をしているところが増えており、授乳室やおむつコーナーなども設置されているようです。しかし、外出する場所で絶対授乳室があるとは限らないため、授乳ケープを持っていると助かる場面も多いでしょう。

産後も痛くて大変!? ママたちが抱えた授乳の悩みって?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/901

産まれた赤ちゃんが、一生懸命おっぱいやミルクを飲んでいる姿は、見ているだけで幸せな気分になりますね。でも、飲んだ直後に大泣きしたり、お腹がすいているはずなのに思ったように飲んでくれないなど、心配になるママもいるのではないでしょうか。ママたちに授乳の悩みを聞いてみました。

自宅で? 夫の目が気になるママの意外な使い方も

自宅でも、夫や子供の前でおっぱいを出すのを避けたい方も多いのではないでしょうか。赤ちゃんが生まれたばかりの家庭では、別室が設けられず授乳で他の部屋に移動できないこともあります。また、自分や夫の実家に行く際にも、授乳ケープがあると役立ちます。

こんな使い方も!案外見られている車内は授乳ケープでカバー

赤ちゃんがまだ小さいと車で移動することもあるため、車内で使える授乳ケープがあると役立ちます。産後すぐの赤ちゃんは授乳の間隔が短く、車内で授乳が必要に必要になることもあるでしょう。車の中は外からも見られているため、さりげなくカバーできる授乳ケープを用意しておきましょう。

【PR】詰めておくるだけ!月額250円の収納サービスがとても便利!

使い方が難しい授乳ケープの種類が知りたい!

Getty logo

授乳ケープが活用できるのがわかったら、次は授乳ケープの種類を知っておく必要があります。持ち運びのしやすさや、使いやすさで選んでみましょう。

基本的な使い方とコツをチェック

まずは授乳ケープを使うシーンを想像してみましょう。授乳ケープにはエプロン型、ポンチョ型、ストール型の3つのタイプがあります。エプロンは首から掛けて使用し、ポンチョは上からかぶって使います。ストールは巻いて使用しましょう。

授乳ケープを付けたら赤ちゃんを抱っこし、ケープで赤ちゃんをすっぽり包み込みます。暗くなると怖がる赤ちゃんもいるため、家庭で練習しておきましょう。ケープ内に赤ちゃんを入れたら胸を出し授乳します。この方法ならおっぱいがポロっと出てしまう心配がありません。

夏も便利!ワイヤー入りの授乳ケープの2大メリット

エプロンタイプの授乳ケープでは、上のほうにワイヤーが付いたものが売られています。

赤ちゃんの顔が見える

ママ側から赤ちゃんの様子が見ることができるため、授乳を止めるタイミングがわかりやすいタイプです。

夏や暖房が効いた室内でも蒸れにくい

適度なカーブが付いており、赤ちゃんとケープが密着し過ぎて暑くなる心配がありません。

ポンチョは大丈夫?あとから後悔しやすい形状って?

ママの上半身をすっぽりと包んでくれるため、安心感があるのがポンチョのメリットです。しかし、形状がそれぞれ微妙に異なることもあるため、購入前には細かくチェックして見るようにしましょう。

コンパクトにしまいにくいタイプ

大判なのは嬉しいのですが、コンパクトに畳みにくいものだとかさばり、外出先でしまう際に困ってしまうでしょう。

横から丸見えになるタイプ

体をすっぽりと包んでも、合わせ部分がめくれやすいタイプは、安心して授乳ができません。実際に付けてみて、横から見えにくいか確認しましょう。

静電気が起きやすい素材にも要注意

赤ちゃんを中に入れて授乳しますから、静電気がおきないかもチェックが必要です。

こんな使い方はNG!授乳ケープの3つのマナー

Getty logo

母乳育児中のママに便利な授乳ケープも、周りの人から見るとマナー違反のこともあります。

レストランで授乳ケープを使うのはあり?なし?

授乳ケープを使っていても、突然隣の人が授乳をはじめると、気になる人が多いようです。フォーマルな場では気をつけた方がいいでしょう。

電車やバスで授乳するママのモラル

電車やバス内は公共の場所ですから、問題だと考える人もいます。できれば自宅で授乳を済ませておくようにしましょう。授乳前に赤ちゃんが泣きだす可能性もあるため、乗る前に済ませておくと、ママも気が楽でしょう。

授乳ケープを使わないことでマナー違反になることも

やむを得ない事情があり授乳する場合は、必ず授乳ケープを付けましょう。産後まもなくで授乳の間隔が短い場合は、公共の場だろうが授乳しなければならないときもあります。その場合は授乳ケープを付けて、胸元を隠して赤ちゃんにあげてくださいね。

まとめ

これから赤ちゃんが生まれる家庭では、授乳ケープを1枚準備しておきましょう。外出先で使うシーンも多いため、産後の病院やお家で練習してみてください。ファッションの一部のように見えるオシャレなタイプもあるので、ネットショップなどでチェックしてみましょう。

授乳・ミルクに関する記事一覧を読む

#授乳についてもっと見る!
#育児グッズについてもっと見る!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


【助産師解説】新生児のゲップ、出ない…助産師が教えるゲップのコツ

【助産師解説】新生児のゲップ、出ない…助産師が教えるゲップのコツ

新米ママにとって、新生児期の赤ちゃんのお世話は、わからないことや迷うことが多いもの。中でも、簡単なようで意外と難しいのが「授乳後の赤ちゃんのゲップ出し」。背中のトントンが弱いのか、抱き方が悪いのか、なかなか出てくれないときは焦ります。今回は助産師さんにゲップの出し方のコツを解説いただきます。


【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?新生児の便、色・状態・回数は?

【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?新生児の便、色・状態・回数は?

新生児のうんちは、大人とはかなり違うんです。少々緑がかっていても、下痢かと思うほどゆるゆるでも、多くの場合は心配なし! ではどんなときが心配? 健康のバロメーターでもある赤ちゃんのうんち、どこをチェックすればよいか、助産師さんが解説します。


【助産師解説】写真で学ぶ授乳姿勢!パターン別授乳姿勢と4つのポイント

【助産師解説】写真で学ぶ授乳姿勢!パターン別授乳姿勢と4つのポイント

授乳姿勢が正しくないと赤ちゃんがうまく飲めないだけでなく、乳腺炎などのリスクも高くなります。主な6つのポジショニングとNGパターン、正しい姿勢をとれているかを確認できる4つのチェックポイントをお伝えします。


【助産師解説】新生児・赤ちゃんのしゃっくり、止めた方がいい?やってはいけない止め方

【助産師解説】新生児・赤ちゃんのしゃっくり、止めた方がいい?やってはいけない止め方

初めてママになって、毎日出会う赤ちゃんに関する発見や驚き。その中のひとつに「しゃっくり」があるようです。大人でも出ることがあるしゃっくりですが、新生児を含む赤ちゃんはびっくりするほど多く出ることがあります。今回は赤ちゃんのしゃっくりについてママ体験談と、助産師さんによる解説をお届けします


【助産師解説】産後すぐ授乳で乳首が痛い!痛みの原因と8つの対策

【助産師解説】産後すぐ授乳で乳首が痛い!痛みの原因と8つの対策

授乳により乳首が痛くなる原因と、解消するための対策を助産師さんが解説! 初めての授乳では、気づいたら乳首が痛くて…ということも。母乳育児をあきらめなくてもいいように、正しい授乳方法と痛みの対処法をチェックしましょう。


最新の投稿


【医師監修】妊娠初期の下腹部痛が起こる主な原因と対処方法

【医師監修】妊娠初期の下腹部痛が起こる主な原因と対処方法

妊娠がわかれば、うれしい気持ちになると同時に、「赤ちゃんはちゃんと育っているだろうか」とついつい心配になってしまうものです。特に下腹部痛が起こると「もしかして、何かの異常?」と不安に思うかもしれません。ここでは、妊娠初期(~妊娠15週)に起こる下腹部痛の主な原因や対処法について解説します。


【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

【医師監修】妊娠の予兆って?頭痛・腹痛のほか妊娠の超初期症状まとめ

妊娠を待ち望む女性にとって予定日が過ぎても生理が来ないと、「もしかしたら妊娠したかも?」と気になります。妊娠すると、生理が来ないだけでなく、他にはどのような症状があるのでしょうか。今回は妊娠超初期の症状や体の変化について詳しく説明します。


【医師監修】妊婦のダイエットはOK?妊娠中の太り過ぎのリスクと対処法

【医師監修】妊婦のダイエットはOK?妊娠中の太り過ぎのリスクと対処法

妊娠中は赤ちゃんや胎盤・羊水の重さ、また血液の増加分などで体重が増えるのは当たり前のこと。しかし、肥満や妊娠中の体重増加が多すぎる人は、肥満によってかかりやすい疾患の発症リスクが高まったり、出産時のトラブルリスクに。妊娠中の太りすぎのリスクや、妊婦の体重をどうコントロールすれば良いのか、についてまとめました。


【医師監修】妊娠後期のお腹の張りはどんな感じ?陣痛との見分け方、注意したい張りとは

【医師監修】妊娠後期のお腹の張りはどんな感じ?陣痛との見分け方、注意したい張りとは

妊娠初期のころから、たびたび感じる「お腹の張り」。妊娠後期、特に臨月に入れば、陣痛の張りなのか、そうではない張りなのか、見分け方も気になるところです。感じ方は人それぞれですが、中には注意したい「張り」もあります。今回は妊娠後期以降に感じやすいお腹の張りについてまとめました。


【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは?陣痛とそのほかの痛みとの見分け方

【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは?陣痛とそのほかの痛みとの見分け方

「臨月」と呼ばれる妊娠10ヶ月に入ると、出産の日はもうすぐ。赤ちゃんに会えるのは楽しみだけれど、特に初めての出産の場合は陣痛がいつ始まるかドキドキ、不安な人も多いのではないでしょうか。一方で、臨月に感じるお腹の痛みすべてが陣痛ではありません。今回は臨月の腹痛について、陣痛とそのほかの痛みとの見分け方も含めてご紹介します