ママのための悩み解決サイト
授乳ケープの便利な使い方は? 知っておきたい3つのマナー

授乳ケープの便利な使い方は? 知っておきたい3つのマナー

授乳ケープはいろんな種類があり、初めての方だとどんなものがいいかわからず悩んでしまいますよね。おすすめの授乳ケープと使い方を紹介します。


授乳ケープは絶対おすすめ!使い方次第で応用できる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

先輩ママたちも授乳ケープを持っていて大助かりだったという人も多いようです。母乳で育てる予定の方は、授乳ケープを1つ準備しておきましょう。

入院前に使い方を覚えるのがおすすめ!見舞い客対策に役立つ

授乳ケープを購入予定なら、出産前に用意しておきましょう。入院中にも赤ちゃんには母乳をあげなければならず、お見舞いに来ている人がいるときに持っていると便利です。産後は個室だけでなく数人が同室のこともあるため、他の方のお見舞いで人が来ているときにも、授乳ケープがあると重宝します。

授乳室がない場所でも安心

授乳ケープは授乳室がないときに活用できます。最近はどの施設でも子ども連れで訪れやすいように工夫をしているところが増えており、授乳室やおむつコーナーなども設置されているようです。しかし、外出する場所で絶対授乳室があるとは限らないため、授乳ケープを持っていると助かる場面も多いでしょう。

自宅で? 夫の目が気になるママの意外な使い方も

自宅でも、夫や子どもの前でおっぱいを出すのを避けたい方も多いのではないでしょうか。赤ちゃんが生まれたばかりの家庭では、別室が設けられず授乳で他の部屋に移動できないこともあります。また、自分や夫の実家に行く際にも、授乳ケープがあると役立ちます。

こんな使い方も!案外見られている車内は授乳ケープでカバー

赤ちゃんがまだ小さいと車で移動することもあるため、車内で使える授乳ケープがあると役立ちます。産後すぐの赤ちゃんは授乳の間隔が短く、車内で授乳が必要に必要になることもあるでしょう。車の中は外からも見られているため、さりげなくカバーできる授乳ケープを用意しておきましょう。

【PR】詰めておくるだけ!月額250円の収納サービスがとても便利!

使い方が難しい授乳ケープの種類が知りたい!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

授乳ケープが活用できるのがわかったら、次は授乳ケープの種類を知っておく必要があります。持ち運びのしやすさや、使いやすさで選んでみましょう。

基本的な使い方とコツをチェック

まずは授乳ケープを使うシーンを想像してみましょう。授乳ケープにはエプロン型、ポンチョ型、ストール型の3つのタイプがあります。エプロンは首から掛けて使用し、ポンチョは上からかぶって使います。ストールは巻いて使用しましょう。

授乳ケープを付けたら赤ちゃんを抱っこし、ケープで赤ちゃんをすっぽり包み込みます。暗くなると怖がる赤ちゃんもいるため、家庭で練習しておきましょう。ケープ内に赤ちゃんを入れたら胸を出し授乳します。この方法ならおっぱいがポロっと出てしまう心配がありません。

夏も便利!ワイヤー入りの授乳ケープの2大メリット

エプロンタイプの授乳ケープでは、上のほうにワイヤーが付いたものが売られています。

赤ちゃんの顔が見える

ママ側から赤ちゃんの様子が見ることができるため、授乳を止めるタイミングがわかりやすいタイプです。

夏や暖房が効いた室内でも蒸れにくい

適度なカーブが付いており、赤ちゃんとケープが密着し過ぎて暑くなる心配がありません。

ポンチョは大丈夫?あとから後悔しやすい形状って?

ママの上半身をすっぽりと包んでくれるため、安心感があるのがポンチョのメリットです。しかし、形状がそれぞれ微妙に異なることもあるため、購入前には細かくチェックして見るようにしましょう。

コンパクトにしまいにくいタイプ

大判なのは嬉しいのですが、コンパクトに畳みにくいものだとかさばり、外出先でしまう際に困ってしまうでしょう。

横から丸見えになるタイプ

体をすっぽりと包んでも、合わせ部分がめくれやすいタイプは、安心して授乳ができません。実際に付けてみて、横から見えにくいか確認しましょう。

静電気が起きやすい素材にも要注意

赤ちゃんを中に入れて授乳しますから、静電気がおきないかもチェックが必要です。

こんな使い方はNG!授乳ケープの3つのマナー

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

母乳育児中のママに便利な授乳ケープも、周りの人から見るとマナー違反のこともあります。

レストランで授乳ケープを使うのはあり?なし?

授乳ケープを使っていても、突然隣の人が授乳をはじめると、気になる人が多いようです。フォーマルな場では気をつけた方がいいでしょう。

電車やバスで授乳するママのモラル

電車やバス内は公共の場所ですから、問題だと考える人もいます。できれば自宅で授乳を済ませておくようにしましょう。授乳前に赤ちゃんが泣きだす可能性もあるため、乗る前に済ませておくと、ママも気が楽でしょう。

授乳ケープを使わないことでマナー違反になることも

やむを得ない事情があり授乳する場合は、必ず授乳ケープを付けましょう。産後まもなくで授乳の間隔が短い場合は、公共の場だろうが授乳しなければならないときもあります。その場合は授乳ケープを付けて、胸元を隠して赤ちゃんにあげてくださいね。

まとめ

これから赤ちゃんが生まれる家庭では、授乳ケープを1枚準備しておきましょう。外出先で使うシーンも多いため、産後の病院やお家で練習してみてください。ファッションの一部のように見えるオシャレなタイプもあるので、ネットショップなどでチェックしてみましょう。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

リゾートやテーマパーク、アミューズメントに自然体験など、家族旅行におすすめのスポットや旅の過ごし方はさまざま。そのうちのひとつに、観光列車での旅もありますよね。子どもと一緒に楽しむのにぴったりの鉄道は? 家族でぜひ一度乗ってみてほしい観光列車をご紹介します。


家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行というとアミューズメント付きの滞在型ホテルでゆっくりというパターンが多いご家庭も少なくないのでは? そんな過ごし方もちょっと飽きちゃったという場合におすすめなのが、台湾。初めての家族旅行にもぴったりな台湾の魅力とおすすめスポットをご紹介します。


家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

近年、タイが家族旅行の新スポットとして注目されていることをご存じですか? まだ子どもが小さくて海外旅行はちょっと……と悩んでいるご家庭には特におすすめ。滞在先やグルメ、アクテビティなど、家族旅行におすすめの過ごし方と、タイの魅力をお伝えします。


ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

韓国は日本から飛行機でおよそ2時間半と、もっとも手軽に行ける海外旅行先のひとつですよね。そんな韓国の首都ソウルには子どもが楽しめるスポットが豊富で、小さなお子様連れの家族旅行にもぴったり。ソウルの魅力とおすすめスポットやグルメをご紹介します。


家族旅行にも!日本&海外の世界遺産スポット8選

家族旅行にも!日本&海外の世界遺産スポット8選

世界遺産を見に行きたいけど、子どもが大きくなるまで旅行はちょっと……と諦めてはいませんか? 家族旅行はもちろん、小さなお子様連れでも楽しめる世界遺産スポットもあります。今回、家族旅行に適した、日本と海外それぞれの世界遺産をご紹介します。


最新の投稿


子どもの入院に備える保険は必要?どんな保険があるのか徹底検証

子どもの入院に備える保険は必要?どんな保険があるのか徹底検証

子どもの急な発熱や体調不良には、ハラハラドキドキしてしまいますね。集団生活に入ると、流行りの病気をもらう機会や、ケガをすることもあるかもしれません。 そこで考えたいのが、子どもの病気やケガに備えた保険です。子どもの医療保険にはどのようなものがあるか、ご紹介します。


子どもがやりがちなトラブルに備えられる 個人賠償責任保険とは

子どもがやりがちなトラブルに備えられる 個人賠償責任保険とは

元気な子どもたちは、ついつい遊びに夢中になって、思わぬトラブルを引き起こすことがあります。個人賠償責任保険は、そんな日常生活での思いがけないトラブルに、幅広く対応してくれる家計の強い味方です。今回は、個人賠償責任保険の補償の範囲と、加入の仕方についてご紹介しますね。


栃木の家族旅行向けアミューズメントは?人気スポット8選

栃木の家族旅行向けアミューズメントは?人気スポット8選

自然豊かで空気がおいしい栃木。牧場や動物園が多いので、自然や動物との触れ合いを満喫したい方におすすめの旅行地です。中でも、家族旅行にぴったりのスポットはどこでしょうか?小さいお子様連れに特におすすめしたい、栃木の代表的なアミューズメントスポットをご紹介します。


扶養範囲内で損しない主婦の年収金額とは?

扶養範囲内で損しない主婦の年収金額とは?

配偶者がいる主婦の方が働くにあたって最も注意を払う必要があるのが、扶養の範囲内で働くのか否かという問題です。というのは、主婦が配偶者の扶養から外れてしまうと、課税などの面倒な問題が持ち上がってくるからです。 それでは、主婦の方が扶養の範囲内で働く際に必要な税金や社会保険の基礎知識についてご紹介して行くことにしましょう。


ふるさと納税の控除額はいくら?簡単に計算できる方法を紹介

ふるさと納税の控除額はいくら?簡単に計算できる方法を紹介

ふるさと納税を利用したいと思っても、控除される金額がわかりにくいと感じる人もいるでしょう。実際の控除額は簡単な計算式を利用する方法や、シミュレーションサイトを利用する方法があります。今回は、確定申告と併せてふるさと納税の控除額に関して解説いたします。