子どもの「食べない」問題に!子どもが好む味つけ・調理法を見つけよう『楽しく食べる子に変わる本』Vol.2

子どもの「食べない」問題に!子どもが好む味つけ・調理法を見つけよう『楽しく食べる子に変わる本』Vol.2

偏食がひどい、座って食べない、少ししか食べないなど、子どもの食事には悩みがつきもの。料理研究家・上田淳子さんの著書『うちの食べてくれない困ったちゃんが楽しく食べる子に変わる本』(日本文芸社)から、今すぐ実践できる毎日の食事のアドバイスを連載形式でご紹介します。


<<連載『うちの食べてくれない困ったちゃんが楽しく食べる子に変わる本』の他の記事も読む>>

子どもが好む味つけ・調理法を見つける

【ポイント1】 カレーやマヨネーズで味つけする

たいていの子どもは、カレー味が大好き。溶けるチーズをのせて焼いたものならなんでも食べるという子もいます。マヨネーズ、ケチャップをかければ嫌いなものでも食べるという子もいます。

すべての食べ物をその味にするというのは、お母さんとしては心が痛むかもしれません。しかし、苦手なものは大目に見て、その食材を食べるため、ということを主に考えましょう。

子どもの、「この味なら食べる」という調味料や味つけを見つけておきましょう。調理法も重要です。煮物は食べなくても、同じ食材を焼いたり揚げたりしたら食べた、ということはありませんか?ホイルで包焼きにする、チーズをのせて焦げ目をつけるなど、ちょっとしたことで食べられるようになる場合もあるので、いろいろ研究してみてください。

【ポイント2】とろみをつけて食べやすく

飲み込むのが苦手だった息子も、片栗粉でとろみのついた中華丼ならもりもり食べた、という話をしました。
パサパサしがちな肉や魚、繊維が気になって飲み込みづらいものなどには、とろみを利用しましょう。

なんでも餃子の皮に包んで水餃子風にするのもオススメです。ひき肉のつぶつぶ感が嫌いという子でも、皮ごとつるっと食べるようになります。

【ポイント3】熱してやわらかくする

繊維が気になって噛みづらい、飲み込みづらいことから、野菜は敬遠されがちです。また、生臭さをいやがる子も多いようです。

たとえばニンジンは、小さく刻んで隠すより、大きく切って、油で中まで火が通るようにじっくり焼くと、案外食べてくれます。油で焼くことで甘みが増し、味もマイルドになります。
トマトも、軽く焼いて熱を通すと甘みが増します。生野菜は「青臭くてイヤ」という子も喜んで食べます。
ピーマンも大きめに切ったほうが苦みが出ません。さらにじっくり火を通すことでやわらかくなり、甘みが出てきます。

【ポイント4】油でえぐみをとる

子どもに限らず、野菜のえぐみや青臭さがイヤ、という人は少なくありません。

油は、野菜のえぐみをカバーしてくれます。ほうれん草は、おひたしにするよりバターで炒めるほうが、子どもも食べやすいのです。

(上田淳子『うちの食べてくれない困ったちゃんが楽しく食べる子に変わる本』(日本文芸社)より一部抜粋/マイナビ子育て編集部)

<<連載『うちの食べてくれない困ったちゃんが楽しく食べる子に変わる本』の他の記事も読む>>

<関連リンク>
【お食事のお悩み】好き嫌いしないで~『カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』Vol.3

約半数以上のママが悩んでいる「子どもの好き嫌い」。みんながしている工夫は?

【小食・偏食・好き嫌い】子どものごはんづくりで困った! どう解決する?

書籍『うちの食べてくれない困ったちゃんが楽しく食べる子に変わる本』について

うちの食べてくれない困ったちゃんが楽しく食べる子に変わる本

¥ 1,430

(2021/10/12 時点)

「好き嫌いが多い」「食べないで遊んでばかり」「特定のものばかり食べる」など、子どもが食べてくれない悩みはさまざま。
どうにかして食べてもらえるように、試行錯誤を繰り返しているママもいるでしょう。
『うちの食べてくれない困ったちゃんが楽しく食べる子に変わる本』には、そんなお悩み解決のヒントが盛りだくさん。

偏食がひどい双子を育てあげ、ママのための料理教室を開催している料理研究家の著者が、子どもがおいしく食べられる調理のコツや食卓で習慣にしたいことなど、今すぐ実践できるアドバイスを解説しています。

上田淳子さんのプロフィール

神戸市生まれ。辻学園調理技術専門学校の西洋料理研究職員を経て渡欧。スイス、フランスのホテル、レストランなどで料理修業を積む。帰国後、シェフ・パティシエを経て料理研究家として独立。自宅で料理教室を主宰するほか、雑誌、TV、広告などで活躍。そのほか、子どもの「食」を大切にした活動として講習や講演も行なう。著書に『3歳からのおべんとう』『子どもと一緒にお料理しましょ!』『子どもが喜ぶおやつ』(文化出版局)、『この1冊であんしんはじめての離乳食事典』(朝日新聞出版、共著)、『毎日おいしいマリネとフランス仕込みのおそうざい』(日本文芸社)などがある。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


板野友美さん・高城亜樹さんが妊娠産後トークで大盛り上がり「産後は甘くない」

板野友美さん・高城亜樹さんが妊娠産後トークで大盛り上がり「産後は甘くない」

元AKB48の板野友美さんと高城亜樹さんが、互いのYouTubeチャンネルでコラボトークを公開。何かと共通点が多いという二人が、ママとして初めての育児で戸惑ったことや、スポーツ選手の妻としての大変さなどを語り合っています。


18万5,000通り以上の組み合わせから選べる! 羽倉ランドセル2023年入学モデルの注文受付開始

18万5,000通り以上の組み合わせから選べる! 羽倉ランドセル2023年入学モデルの注文受付開始

手づくりランドセルを生産する工房「羽倉ランドセル」は1月13日から、公式HPで「羽倉ランドセル2023年ご入学モデル」の注文受付を開始しました。


【1~6歳児のごはん事情】魚を食べる頻度が一番高い年齢は? 「子どもが『魚』と『肉』を食べる頻度」調査結果発表

【1~6歳児のごはん事情】魚を食べる頻度が一番高い年齢は? 「子どもが『魚』と『肉』を食べる頻度」調査結果発表

冷凍幼児食ブランド「homeal(ホーミール)」を運営するhomealは1月18日、1~6歳の子どもを持つママ・パパを対象に「子どもが『魚』と『肉』を食べる頻度」について調査しました。


1歳娘が子ども用ハーネスをつけていると「可哀想に、犬の散歩みたいよ!」と言われたが⇒ ママ「これオススメです!」

1歳娘が子ども用ハーネスをつけていると「可哀想に、犬の散歩みたいよ!」と言われたが⇒ ママ「これオススメです!」

Twitterで話題の投稿を編集部がピックアップしてお届けします。今回は、年子育児で子ども用ハーネスを使用する保護者の声をご紹介!


「オムツ交換は汚いからやらない」……からの激変! 大久保嘉人パパの進化ぶりに賞賛

「オムツ交換は汚いからやらない」……からの激変! 大久保嘉人パパの進化ぶりに賞賛

1月21日放送『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、「パパの家事育児の不満」が特集されました。ゲストとして登場したのは、サッカー元日本代表の大久保嘉人さん。坂下千里子さんや千秋さんらとともに、家事や育児、親としての成長の軌跡について語り合いました。


最新の投稿


【漫画】#18 私とお腹の子が危機でも帰ってこない夫。すると1歳娘が……優しさに涙『モラハラ夫に人生を狂わされた話 再構築編』

【漫画】#18 私とお腹の子が危機でも帰ってこない夫。すると1歳娘が……優しさに涙『モラハラ夫に人生を狂わされた話 再構築編』

「この男、ヤバすぎる……」モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々に衝撃が止まらない! Instagramで大反響を呼んだ、もちさん『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をご紹介。モラハラ夫との出会いから離婚までを描いた大ボリュームの本編をお届けします。


家族でも嫌ならNG! プライベートゾーンって?『小学生だから知ってほしいSEX・避妊・ジェンダー・性暴力』Vol.5

家族でも嫌ならNG! プライベートゾーンって?『小学生だから知ってほしいSEX・避妊・ジェンダー・性暴力』Vol.5

子どもが「性」の問題に直面したとき、親はどうサポートしたらよいのでしょう。「性」の話はタブー視されがちですが、自分を守るためにも正しい知識は必要です。産婦人科専門医の高橋怜奈先生監修の『小学生だから知ってほしいSEX・避妊・ジェンダー・性暴力』(主婦と生活社)から、親子で学びたい「性」の話についてご紹介します。


「お母ちゃん仕事しないよ~!」仕事が終わる日を指折り数えて待ってた娘に涙

「お母ちゃん仕事しないよ~!」仕事が終わる日を指折り数えて待ってた娘に涙

Instagramで子育て漫画を発信される田辺ヒカリさん。田辺ヒカリさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


臙脂(えんじ)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~

臙脂(えんじ)とは?~日本の伝統色 Japanese Traditional Colors~

【臙脂(えんじ)】とは、黒みがかった濃い赤色のことです。日本の伝統色である【臙脂】にどのような由来があって、どのように愛されてきたのか、子どもにそのまま教えてあげられるよう、やさしい言葉で解説します。海外の方に英語で説明できるよう、英語での解説も紹介しています。


【医師監修】妊娠超初期に下痢は起こる?その理由と流産などへの影響

【医師監修】妊娠超初期に下痢は起こる?その理由と流産などへの影響

妊娠したことがわかるかわからないくらいの超初期に、お腹がゆるくなったり下痢になることがあります。妊娠超初期に下痢になるのはなぜでしょうか? 下痢になる理由や、妊娠にどんな影響があるのかお伝えします。