ママのための悩み解決サイト
【医師監修】妊娠32週は体の悩みが増える? 必要なケアと注意点

【医師監修】妊娠32週は体の悩みが増える? 必要なケアと注意点

妊娠32週になると、ママの体やお腹の赤ちゃんにはどのような変化があるのでしょうか。この時期に見られる変化や特に注意したいことなどをまとめて紹介します。


この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 齊藤英和先生
梅ヶ丘産婦人科勤務、国立成育医療研究センター臨床研究員、神戸元町夢クリニック顧問、浅田レディースクリニック顧問、近畿大学先端技術総合研究所客員教授、1 more baby 応援団理事、ウイメンズヘルスリテラシー協会理事。山形大学医学部卒業後、同大学、国立成育医療研究センターを経て現職。日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖専門医、医学博士

妊娠32週ってどんな時期?

2kgまでもう少し!

妊娠32週から妊娠9ヶ月に入ります。この頃の赤ちゃんの平均体重は1,805 g[*1]、1~2週間後には⾚ちゃんの体重はおよそ2,000g(2kg)に達します(ただ、これはあくまでも平均値であり、また体重の数値自体も頭の大きさや腹囲、太ももの長さから計算した概算値で誤差もあります。赤ちゃんの成長は個人差がありますし、あくまでも⽬安として考えましょう)。

なお、このころにはこれまで少なかった皮下脂肪が徐々に増え、赤ちゃんの体形に丸みが出始めるほか、しわしわだった皮膚も滑らかになっていきます。

⽺⽔の量はこのころピークに

妊娠後期に⼊ると、だいぶお腹が⽬⽴ってきます。⽇々⼤きくなるお腹の中には⾚ちゃんと一緒に、1ℓ近い(約800ml)⽺⽔が⼊っています[*2]。今後、⾚ちゃんはさらに成⻑し⼤きくなっていきますが、⽺⽔の量は妊娠32週から妊娠39週ごろまではほぼ変化せず、妊娠40週を過ぎると減少し、妊娠42週では平均400mlになるとされています[*3]。

妊娠32週のママと⾚ちゃんの様⼦

Getty logo

妊娠32週のママとお腹の⾚ちゃんはどのような様⼦なのでしょうか。この時期の特徴や変化について解説します。

⾚ちゃんの変化

妊娠26週ごろには赤ちゃんの肺の構造がほぼ完成し、妊娠28週になると赤ちゃんの肺を膨らませる物質(肺サーファクタント)の産生が始まります。妊娠34週ごろにはこの肺サーファクタントは十分な量がつくられるようになって、胎外での生活にも適応できる=肺呼吸ができるようになります。

妊娠32週ごろの赤ちゃんは、増加する肺サーファクタントとともに口から羊水を取り込むことで呼吸の練習の最終段階に入ったところと言えます。

なお、妊娠32週を過ぎると、早産だった場合でも合併症のリスクが低下してきます。赤ちゃんの体は胎外への生活に向けて徐々に準備を整えているのです。

ママの変化

お腹がだいぶ大きくなり、腰痛や貧血になったり、疲れやすくなったりすることが増えてきます。大きくなった子宮によって膀胱(ぼうこう)が圧迫され、頻尿や尿漏れを経験する人もいるでしょう。

そのほかにも動悸(どうき)や息切れを感じたり、一度にたくさんの量が食べられなくなったり、シミやそばかすが増えたりといったマイナートラブルが頻発し、体調を整えるのが難しい時期かもしれません。

妊娠32週に知っておきたいこと

Getty logo

この時期のマイナートラブル対策

成⻑を続ける⼤きなお腹によって、体のさまざまな部分が圧迫され、悩みも多くなってくる時期です。この頃に起きやすいマイナートラブルの種類と対策を知っておきましょう。

一度にたくさん食べられない

胃が子宮によって圧迫されることで、一度にたくさんの量を食べられなくなります。消化機能も低下するため、食べたものが胃に長くとどまるようになり、胃のむかつきや胸焼けが起こることも。消化の良い食品を少量ずつ食べるようにして、胃の不快感を多少なりとも減らせるようにするとよいでしょう。

動悸・息切れ

妊娠中は大きくなった子宮で心臓が圧迫されるほか、血液量も増えるため、心臓の負担が増加します。その結果、ちょっとした動きで動悸や息切れが起こることも少なくありません。辛さを感じたときは無理をせず、休み休み動くようにしましょう。

下腹部や太ももの付け根の鈍重感

下腹部や股関節の周辺に痛みが生じ、中には歩くのが辛くなることも。こうした痛みは妊娠に伴う関節や靭帯のゆるみ、子宮による圧迫などによって起こると考えられています。痛みを感じたときは我慢しすぎず、負担をかけない姿勢で安静に過ごすのがよいでしょう。

シミ・そばかすの増加

妊娠中は乳頭や外陰部などに色素沈着が生じますが、頬や額、鼻、上唇などにもシミやそばかすのようなものが現れることがあります。これらは妊娠肝斑と呼ばれ、胎盤から分泌されるホルモンが、メラノサイトというメラニン色素を作る細胞を刺激するために発生するといわれています。妊娠の終了とともに薄くなる、または消えることが多いようです。

産休の準備は万全に

仕事を持っている人は出産予定日の6週間前(多胎では14週間前)から産前休業に入ることができます。ただし産前休業の取得を希望する場合、その旨を会社に請求する必要があります。会社に自分の意向を伝えつつ、仕事の引き継ぎを行い、準備を万全に整えておきましょう。
なお本人の希望があれば、産前休業をとらず、出産ぎりぎりまで働くという選択も可能です。

まとめ

Getty logo

妊娠32週は大きくなるお腹の影響により、さまざまなマイナートラブルが生じてくる時期。辛さを感じたときは無理をせず、体調管理を第一に考えて過ごしましょう。

(文:山本 尚恵/監修:齊藤英和先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]「妊娠週数別の胎児体重の基準値(超⾳波検査法による)」⽇本産科婦⼈科学会
http://www.jsog.or.jp/public/shusanki/taiji_hatsuiku_kyokusen.pdf
[*2]メディックメディア「病気がみえる vol.10 産科 第4版」P.34
[*3]研修医のための必修知識 14. 羊水異常の診断, 日産婦誌53巻10号, 2001.

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


【医師監修】新生児のお腹がパンパンに!主な原因と対処法

【医師監修】新生児のお腹がパンパンに!主な原因と対処法

新生児、生まれたばかりの赤ちゃんのお腹がパンパンに張るのはなぜ? 新生児のお腹が張っている場合に考えられる主な原因と、適切な対応についてまとめました。


【医師監修】赤ちゃんが二重になるのはいつから? 親の二重は遺伝する?

【医師監修】赤ちゃんが二重になるのはいつから? 親の二重は遺伝する?

生まれてきた赤ちゃんは親にとってかわいくて仕方がない存在。我が子を見つめながら「ここはパパ似だね」「ママに〇〇が似ている」という会話をする夫婦も多いでしょう。今回のテーマは “赤ちゃんのまぶた/一重と二重”。今一重ならずっと一重? 両親が二重でも一重になる? などの疑問について解説します。


【医師監修】水中出産のメリット・リスクは?選べる条件と注意点

【医師監修】水中出産のメリット・リスクは?選べる条件と注意点

歌手やモデルが自身のブログなどで明かした「水中出産」。セレブの出産法というイメージもあって興味を持つママも多いのではないでしょうか。ここでは水中出産のメリット・リスクのほか、条件や注意点について解説します。


【医師監修】つわりの時期でも食べやすいご飯の工夫10選

【医師監修】つわりの時期でも食べやすいご飯の工夫10選

つわりによる困りごとの一つが「炊きたてのご飯のにおいがツラい」。栄養面を考えると治まるまで控えるわけにはいかないし……。というママのために簡単に作れて食べやすいご飯の工夫を紹介。ぜひ試してみて!


【医師監修】つわりがあるときの食事のコツ!ケース別の食べやすい食品

【医師監修】つわりがあるときの食事のコツ!ケース別の食べやすい食品

つわりで今まで食べられていたものが食べられなくなると、「栄養バランスが悪いと、おなかの赤ちゃんが健康に育たないのでは…?」と心配になる人は多いはず。つわりがあるときの食事はどうすればよいか、詳しく説明します。


最新の投稿


トライしやすいのが魅力! 「週末家事シェア」とは?

トライしやすいのが魅力! 「週末家事シェア」とは?

孤独で、ストレスを溜めがちな家事のやり方から、家族みんなで、協力し合って取り組む「家事シェア」にチェンジ! まずは、取り入れやすい「週末家事シェア」からスタートしてみませんか? その方法とメリット、欠かせない"家事シェアマインド"について、ご紹介します。


【医師監修】新生児、赤ちゃんの目の特徴と気をつけたい症状・病気

【医師監修】新生児、赤ちゃんの目の特徴と気をつけたい症状・病気

赤ちゃんの愛くるしくてつぶらな瞳。いったい何を見つめているのでしょう? ママやパパの顔はどうやって見えているのでしょう? 赤ちゃんの目の特徴と、健康な視力の発達のために気をつけたい点を整理してお話します。


【医師監修】赤ちゃんとの旅行はいつから?持ち物や移動方法、宿泊先選びなどのポイント

【医師監修】赤ちゃんとの旅行はいつから?持ち物や移動方法、宿泊先選びなどのポイント

赤ちゃんを連れて旅行に行きたくても、わからないことだらけで困っているお母さんお父さんは多いことと思います。ここではそんな方のために、旅行デビューするのにおすすめの時期、持ち物や移動方法、旅行先のことなどをお伝えします。


【実例】専門家が教える! シューズボックスの簡単掃除ポイント

【実例】専門家が教える! シューズボックスの簡単掃除ポイント

玄関はその家の顔であり、お客様に第一印象を与える大事な場所。ですが、掃除するタイミングをつい見逃してしまうのがシューズボックス。しかし実は、半年に一度程のお手入れで、ラクにキレイが保てるんです。今回は、玄関を快適な空間にするために、シューズボックスを掃除する方法についてお伝えします。


【医師監修】生後4ヶ月!赤ちゃんの特徴と家庭内事故の注意点

【医師監修】生後4ヶ月!赤ちゃんの特徴と家庭内事故の注意点

生後4ヶ月は、首がすわり、声がするほうに振り向いたり、あやすとよく笑ったりと周囲の刺激に対して反応が増えてくる時期。ここでは、この時期の赤ちゃんの発育・発達の目安とお世話や事故防止のポイントを紹介します。