ママのための悩み解決サイト
【医師監修】妊娠32週は体の悩みが増える? 必要なケアと注意点

【医師監修】妊娠32週は体の悩みが増える? 必要なケアと注意点

妊娠32週になると、ママの体やお腹の赤ちゃんにはどのような変化があるのでしょうか。この時期に見られる変化や特に注意したいことなどをまとめて紹介します。


この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 齊藤英和先生
梅ヶ丘産婦人科勤務、国立成育医療研究センター臨床研究員、神戸元町夢クリニック顧問、浅田レディースクリニック顧問、近畿大学先端技術総合研究所客員教授、1 more baby 応援団理事、ウイメンズヘルスリテラシー協会理事。山形大学医学部卒業後、同大学、国立成育医療研究センターを経て現職。日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖専門医、医学博士

妊娠32週ってどんな時期?

2kgまでもう少し!

妊娠32週から妊娠9ヶ月に入ります。この頃の赤ちゃんの平均体重は1,805 g[*1]、1~2週間後には⾚ちゃんの体重はおよそ2,000g(2kg)に達します(ただ、これはあくまでも平均値であり、また体重の数値自体も頭の大きさや腹囲、太ももの長さから計算した概算値で誤差もあります。赤ちゃんの成長は個人差がありますし、あくまでも⽬安として考えましょう)。

なお、このころにはこれまで少なかった皮下脂肪が徐々に増え、赤ちゃんの体形に丸みが出始めるほか、しわしわだった皮膚も滑らかになっていきます。

⽺⽔の量はこのころピークに

妊娠後期に⼊ると、だいぶお腹が⽬⽴ってきます。⽇々⼤きくなるお腹の中には⾚ちゃんと一緒に、1ℓ近い(約800ml)⽺⽔が⼊っています[*2]。今後、⾚ちゃんはさらに成⻑し⼤きくなっていきますが、⽺⽔の量は妊娠32週から妊娠39週ごろまではほぼ変化せず、妊娠40週を過ぎると減少し、妊娠42週では平均400mlになるとされています[*3]。

妊娠32週のママと⾚ちゃんの様⼦

Getty logo

妊娠32週のママとお腹の⾚ちゃんはどのような様⼦なのでしょうか。この時期の特徴や変化について解説します。

⾚ちゃんの変化

妊娠26週ごろには赤ちゃんの肺の構造がほぼ完成し、妊娠28週になると赤ちゃんの肺を膨らませる物質(肺サーファクタント)の産生が始まります。妊娠34週ごろにはこの肺サーファクタントは十分な量がつくられるようになって、胎外での生活にも適応できる=肺呼吸ができるようになります。

妊娠32週ごろの赤ちゃんは、増加する肺サーファクタントとともに口から羊水を取り込むことで呼吸の練習の最終段階に入ったところと言えます。

なお、妊娠32週を過ぎると、早産だった場合でも合併症のリスクが低下してきます。赤ちゃんの体は胎外への生活に向けて徐々に準備を整えているのです。

ママの変化

お腹がだいぶ大きくなり、腰痛や貧血になったり、疲れやすくなったりすることが増えてきます。大きくなった子宮によって膀胱(ぼうこう)が圧迫され、頻尿や尿漏れを経験する人もいるでしょう。

そのほかにも動悸(どうき)や息切れを感じたり、一度にたくさんの量が食べられなくなったり、シミやそばかすが増えたりといったマイナートラブルが頻発し、体調を整えるのが難しい時期かもしれません。

妊娠32週に知っておきたいこと

Getty logo

この時期のマイナートラブル対策

成⻑を続ける⼤きなお腹によって、体のさまざまな部分が圧迫され、悩みも多くなってくる時期です。この頃に起きやすいマイナートラブルの種類と対策を知っておきましょう。

一度にたくさん食べられない

胃が子宮によって圧迫されることで、一度にたくさんの量を食べられなくなります。消化機能も低下するため、食べたものが胃に長くとどまるようになり、胃のむかつきや胸焼けが起こることも。消化の良い食品を少量ずつ食べるようにして、胃の不快感を多少なりとも減らせるようにするとよいでしょう。

動悸・息切れ

妊娠中は大きくなった子宮で心臓が圧迫されるほか、血液量も増えるため、心臓の負担が増加します。その結果、ちょっとした動きで動悸や息切れが起こることも少なくありません。辛さを感じたときは無理をせず、休み休み動くようにしましょう。

下腹部や太ももの付け根の鈍重感

下腹部や股関節の周辺に痛みが生じ、中には歩くのが辛くなることも。こうした痛みは妊娠に伴う関節や靭帯のゆるみ、子宮による圧迫などによって起こると考えられています。痛みを感じたときは我慢しすぎず、負担をかけない姿勢で安静に過ごすのがよいでしょう。

シミ・そばかすの増加

妊娠中は乳頭や外陰部などに色素沈着が生じますが、頬や額、鼻、上唇などにもシミやそばかすのようなものが現れることがあります。これらは妊娠肝斑と呼ばれ、胎盤から分泌されるホルモンが、メラノサイトというメラニン色素を作る細胞を刺激するために発生するといわれています。妊娠の終了とともに薄くなる、または消えることが多いようです。

産休の準備は万全に

仕事を持っている人は出産予定日の6週間前(多胎では14週間前)から産前休業に入ることができます。ただし産前休業の取得を希望する場合、その旨を会社に請求する必要があります。会社に自分の意向を伝えつつ、仕事の引き継ぎを行い、準備を万全に整えておきましょう。
なお本人の希望があれば、産前休業をとらず、出産ぎりぎりまで働くという選択も可能です。

まとめ

Getty logo

妊娠32週は大きくなるお腹の影響により、さまざまなマイナートラブルが生じてくる時期。辛さを感じたときは無理をせず、体調管理を第一に考えて過ごしましょう。

(文:山本 尚恵/監修:齊藤英和先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]「妊娠週数別の胎児体重の基準値(超⾳波検査法による)」⽇本産科婦⼈科学会
http://www.jsog.or.jp/public/shusanki/taiji_hatsuiku_kyokusen.pdf
[*2]メディックメディア「病気がみえる vol.10 産科 第4版」P.34
[*3]研修医のための必修知識 14. 羊水異常の診断, 日産婦誌53巻10号, 2001.

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


【医師監修】薄毛?毛玉?逆立つ? よくある赤ちゃんの髪の毛の悩み

【医師監修】薄毛?毛玉?逆立つ? よくある赤ちゃんの髪の毛の悩み

赤ちゃんの髪の毛の多い・少ないは人それぞれですが、周りの赤ちゃんと比べて「うちの子は薄毛なの?」と気にするお母さんも多いのでは。また、すぐ髪の毛に毛玉ができてしまう、といった日常のちょっとしたお悩みもよく聞きます。そこで今回は、赤ちゃんの髪の毛についてよくある悩みや、その対処法をまとめてみました。


【助産師解説】出産が怖い!理由別の乗り切り方<ママ体験談>

【助産師解説】出産が怖い!理由別の乗り切り方<ママ体験談>

出産が怖いと感じる妊婦さんは意外と多いもの。その理由と対処法について、助産師がアドバイスします。漠然とした不安でもやもやしている方も、陣痛などはっきりとした不安がある方も、ぜひチェックしてください。


【助産師解説】麦茶にカフェインは含まれる?妊娠中の影響は?

【助産師解説】麦茶にカフェインは含まれる?妊娠中の影響は?

麦茶のカフェイン含有量について助産師が解説します。カフェインを含まないお茶として有名な麦茶ですが、本当にカフェインはゼロなのでしょうか?麦茶以外のお茶のカフェイン含有量もあわせてお伝えします。


【助産師解説】ココアのカフェイン 含有量は?妊娠中は飲んでもOK?

【助産師解説】ココアのカフェイン 含有量は?妊娠中は飲んでもOK?

ココアにはどれぐらいのカフェインが入ってるの?妊娠中は飲んでも大丈夫?という疑問に、助産師がお答えします。糖質量の注意点と、妊婦におすすめの飲み方もアドバイス!ぜひチェックしてください。


【医師監修】臨月の吐き気は「後期つわり」? 気をつけたい吐き気、軽減のコツ

【医師監修】臨月の吐き気は「後期つわり」? 気をつけたい吐き気、軽減のコツ

臨月を含め、妊娠後期に吐き気が再発して、「つわりが戻ってきた!?」と思う妊婦さんは少なくありません。そのため「後期つわり」という言葉もあり、妊婦さんの間で知られています。その正体はなんなのでしょうか? 原因とケア方法を紹介します。


最新の投稿


【医師監修】薄毛?毛玉?逆立つ? よくある赤ちゃんの髪の毛の悩み

【医師監修】薄毛?毛玉?逆立つ? よくある赤ちゃんの髪の毛の悩み

赤ちゃんの髪の毛の多い・少ないは人それぞれですが、周りの赤ちゃんと比べて「うちの子は薄毛なの?」と気にするお母さんも多いのでは。また、すぐ髪の毛に毛玉ができてしまう、といった日常のちょっとしたお悩みもよく聞きます。そこで今回は、赤ちゃんの髪の毛についてよくある悩みや、その対処法をまとめてみました。


愛用歴5年以上! 便利な時短キッチンツール4選【専門家体験レポ】

愛用歴5年以上! 便利な時短キッチンツール4選【専門家体験レポ】

キッチンやキッチンツールは大好きなのに、料理は苦手な私。ですが自宅での食事を好む夫がいるので、ほぼ毎日料理をしています。主婦歴約10年の間に精査されたキッチンツールは、いずれも私の第二の手として活躍してくれているものばかり。今回は特に使って便利だと感じたキッチンツールについてご紹介します。


【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと!高齢出産?リスクはある?

日本女性の平均初産年齢は、2015年以降は30.7歳となっており、今や、初めてママになる女性の5人に1人は35歳以上です[*1]。晩婚化・晩産化は時代の流れとはいえ、35歳以上の妊娠・出産には注意しておきたいことがいくつかあります。ここでは、30代後半での妊娠・出産について知っておきたいことを紹介します。


9割以上がお肉が切りやすいと実感! 「ザクザク切れる 離乳食カッター」が登場

9割以上がお肉が切りやすいと実感! 「ザクザク切れる 離乳食カッター」が登場

ベビーブランド「マーナベビー(MARNA baby)」より、「ザクザク切れる 離乳食カッター」が、8月下旬より新発売されます。


【100均】ダイソー素材でできる! 親子で楽しむ夏の工作アイデア

【100均】ダイソー素材でできる! 親子で楽しむ夏の工作アイデア

長い夏休みは時間を持て余してしまうこともあります。せっかくだから何か工作でも……と思っても、材料を揃えるのからして大変! そんな時は100円均一・ダイソーで工作の材料がないか探してみましょう。今回は、ダイソーで揃う材料を使った工作をご紹介します。夏の思い出を子どもと一緒に作ってみてはどうでしょうか。