【医師監修】妊娠38週、赤ちゃんの成長は? 予定日までに必要なこと

【医師監修】妊娠38週、赤ちゃんの成長は? 予定日までに必要なこと

今回は妊娠38週にスポットを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。


妊娠38週ってどんな時期︖

Getty logo

妊娠38週はすでに正期産の時期です。正期産とは妊娠37~41週の間に出産を迎えることで、この時期は⾚ちゃんの発育や体の機能の成熟度から⾒ても、いつ出産になっても⼼配ないとされています。

⼀般的な出産予定⽇は妊娠40週0日を指しますが、実際の出産はこれより早まることもあります。この時期にはいつ陣痛が来てもいいよう、準備を整えておきましょう。

内臓への圧迫が軽減

出産が近づくとともに赤ちゃんが下降し、ママの胃や肺、心臓といった内臓への圧迫が減ります。それに伴い、気持ち悪さや吐き気といった症状が引いていきます。出産前のつかの間、すっきりした気持ちで過ごすことができるでしょう。

妊娠38週に体内で起きる変化

Getty logo

妊娠期間が進むにつれ、胎内では⽬まぐるしい変化が起こります。それだけでなく、ママの⼼⾝にも変化が⽣じます。ここでは妊娠38週に起こる体の変化を詳しく⾒ていきましょう。

⾚ちゃんの変化

⾻格ほか、腎機能・肺機能など内外の機能は完成状態で、⽪下脂肪によってふっくらしています。平均体重は2,838gで[*1]、体は4頭⾝に近いです。またお産が近づき、頭が骨盤内に移動すると動きが抑制されて、胎動が少し減ります。

ママの変化

内臓への圧迫が軽減してラクになる⼀⽅、⾻盤や下腹部が圧迫され、痛みや不快感が⽣じることも。具体的には恥⾻、⾜の付け根などに痛みを感じるようになることがあるでしょう。また、妊娠中、赤ちゃんを支えていた子宮頸管が徐々に柔らかくなるなど、ママの体も出産に向けた状態へと変化していきます。

妊娠38週に必要なこと

Getty logo

ゆとりを持つことが⼤切

準備をしているとはいえ、出産が近づくと徐々に気持ちの余裕がなくなってくることもあるでしょう。
「初めてのお産だけど⼤丈夫かな」
「逆⼦が直らず、帝王切開になるのが不安…」
「⾚ちゃんの発育が遅いみたい」
「⾚ちゃんがどんどん⼤きくなって難産にならない︖」
そんな数々の不安が胸を去来するかもしれません。しかし、そんな時だからこそ気持ちにゆとりを持つことが大切です。ゆったりと構え、心を落ち着けてお産に臨みましょう。

お産のサインを⾒逃さないで︕

お産が近づくとママの体にはいくつかのサインが現れます。個人差があり、全員に共通するわけではありませんが、それまでとは異なる変化は見逃さないよう注意しておくとよいでしょう。

お産のサイン

□おなかが張る(子宮が収縮するとおなかが張ったように感じられます)
□おりものが増える(出産のときに潤滑油の働きをする腟の分泌物が増加)
□恥骨が痛む(赤ちゃんの頭によって恥骨が圧迫され、痛みを感じます)
□排尿の回数が増える(赤ちゃんが下がって、さらに膀胱が圧迫され頻尿に)
□胃のすっきり感(赤ちゃんが下がるため胃への圧迫がなくなり、気持ち悪さやムカムカ感から解放されます)
□子宮底の下降(赤ちゃんの頭が骨盤の中に入り、赤ちゃんが下方へ移動。ママのお腹も下腹部が突き出るような形状に変化します)

おしるしもサインの一つ

産徴(おしるし)は、出産開始近くに見られる、血の混じったおりもののことです。赤ちゃんが下降することで⾚ちゃんを包む卵膜の一部が剥がれて出血し、頸管粘液と混じって、茶褐⾊もしくはピンク⾊のおりものとして排出されます。

お産が近づいたサインの一つではありますが、おしるしがない人もいれば、おしるしがあってから実際にお産が始まるまでの期間が長い場合も多々あります。

先に破水が起こることも

一般的に破水はお産が進み、子宮口が全開になったあたりで起こります。しかし中には何らかの理由でお産が進む前に破水してしまうこともあります。

羊水には腟の常在菌による感染症から赤ちゃんを守る役目もあるため、破水後、長時間が経過すると子宮内感染のリスクが高まります。

もしも破水してしまったら、あわてずにまずは主治医に連絡し、指示を仰ぎましょう。なお、破水した後は感染を防ぐため、入浴は控えてください。

妊娠38週の注意点

妊娠38週はどんなことに気をつけておくべきでしょうか。最後に注意点を確認しましょう。

いつでも出産に臨めるよう準備して過ごそう

妊娠38週は、数字の上では出産予定日まであと2週間ほどありますが、それはあくまで予定です。赤ちゃんが必ず予定日に生まれてくるわけではありません。

またお産が近づくと上記で紹介したような出産のサインが現れる人もいれば、そうでない人もいます。出産を経験したことのある人でも、お産はその時のママや赤ちゃんの状態に左右されるので、前回と同じようにお産が進むとは限りません。

したがってお産のサインがあってもなくても、この時期になったらいつでも出産に臨めるようにして過ごすことが大切です。睡眠をたっぷりとり、体を清潔に保つなど、準備をしておきましょう。

【医師監修】妊娠10ヶ月以降の過ごし方は?臨月の注意点と出産の兆候(妊娠36週、37週、38週、39週、妊娠後期)

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1155

いよいよ臨月に突入。赤ちゃんに会える日はもうすぐです。初めての出産でもお産の進み方を頭に入れておけば安心。あまり神経質にならず、ゆったりした気持ちで過ごしましょう。この時期の体の変化や、注意したいことを中心にまとめました。

まとめ

妊娠38週に⼊ったからといって、新しく何かしなければならないということはありません。これまで⾏ってきたことを今まで通りに行い、落ち着いた気持ちで出産に備えましょう。

この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 齊藤英和先生
梅ヶ丘産婦人科勤務、国立成育医療研究センター臨床研究員、神戸元町夢クリニック顧問、浅田レディースクリニック顧問、近畿大学先端技術総合研究所客員教授、1 more baby 応援団理事、ウイメンズヘルスリテラシー協会理事。山形大学医学部卒業後、同大学、国立成育医療研究センターを経て現職。日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖専門医、医学博士

(文:山本尚恵/監修:齊藤英和先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]⽇本産科婦⼈科学会「胎児計測と胎児発育曲線について」
http://www.jsog.or.jp/public/shusanki/taiji_hatsuiku_kyokusen.pdf

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

赤ちゃんの保湿に使うベビーローション。初めて使うときはどんなものを選べばいいのか、どうやって使えばいいのか気になりますね。選び方や使い方の基本を知って、毎日のスキンケアに役立てましょう。人気のベビーローションも紹介します。


【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

赤ちゃんのぐずりや寝かしつけ時の強い味方になってくれることもある「おしゃぶり」。しかし、いつまで使っていいのか、やめさせどきに悩む人もいるのでは。おしゃぶりはいつまで使っていいのか、やめる時期やその方法などについてまとめました。


【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

「赤ちゃんがぐずった時、おしゃぶりが活躍した」という経験のある人もいるのでは。日々赤ちゃんが口に入れるものですから、おしゃぶりは清潔にしておきたいですよね。そんなママやパパに向け、おしゃぶりの消毒について、必要なのかどうかやおすすめの期間の目安、方法などを紹介します。


【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

育児のお助けグッズ「おしゃぶり」。しかし、実際にどんな効果があり、どんな時に使えばいいのか、また注意が必要な点について、詳しく知らない人も多いのでは。おしゃぶりの持つ効果や上手な付き合い方などを確認してみましょう。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。