【医師監修】妊娠38週、赤ちゃんの成長は? 予定日までに必要なこと

【医師監修】妊娠38週、赤ちゃんの成長は? 予定日までに必要なこと

今回は妊娠38週にスポットを当て、この時期に起こる体の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。


妊娠38週ってどんな時期︖

妊娠38週で疑問がいっぱいの妊婦のイメージ
Lazy dummy

妊娠38週はすでに正期産の時期です。正期産とは妊娠37~41週の間に出産を迎えることで、この時期は⾚ちゃんの発育や体の機能の成熟度から⾒ても、いつ出産になっても⼼配ないとされています。

⼀般的な出産予定⽇は妊娠40週0日を指しますが、実際の出産はこれより早まることもあります。この時期にはいつ陣痛が来てもいいよう、準備を整えておきましょう。

内臓への圧迫が軽減

出産が近づくとともに赤ちゃんが下降し、ママの胃や肺、心臓といった内臓への圧迫が減ります。それに伴い、気持ち悪さや吐き気といった症状が引いていきます。出産前のつかの間、すっきりした気持ちで過ごすことができるでしょう。

妊娠38週に体内で起きる変化

妊娠38週の大きなお腹を抱える妊婦
Lazy dummy

妊娠期間が進むにつれ、胎内では⽬まぐるしい変化が起こります。それだけでなく、ママの⼼⾝にも変化が⽣じます。ここでは妊娠38週に起こる体の変化を詳しく⾒ていきましょう。

⾚ちゃんの変化

⾻格ほか、腎機能・肺機能など内外の機能は完成状態で、⽪下脂肪によってふっくらしています。平均体重は2,838gで[*1]、体は4頭⾝に近いです。またお産が近づき、頭が骨盤内に移動すると動きが抑制されて、胎動が少し減ります。

ママの変化

内臓への圧迫が軽減してラクになる⼀⽅、⾻盤や下腹部が圧迫され、痛みや不快感が⽣じることも。具体的には恥⾻、⾜の付け根などに痛みを感じるようになることがあるでしょう。また、妊娠中、赤ちゃんを支えていた子宮頸管が徐々に柔らかくなるなど、ママの体も出産に向けた状態へと変化していきます。

妊娠38週に必要なこと

妊娠38週で出産を控え、お腹に語りかける妊婦
Lazy dummy

ゆとりを持つことが⼤切

準備をしているとはいえ、出産が近づくと徐々に気持ちの余裕がなくなってくることもあるでしょう。
「初めてのお産だけど⼤丈夫かな」
「逆⼦が直らず、帝王切開になるのが不安…」
「⾚ちゃんの発育が遅いみたい」
「⾚ちゃんがどんどん⼤きくなって難産にならない︖」
そんな数々の不安が胸を去来するかもしれません。しかし、そんな時だからこそ気持ちにゆとりを持つことが大切です。ゆったりと構え、心を落ち着けてお産に臨みましょう。

お産のサインを⾒逃さないで︕

お産が近づくとママの体にはいくつかのサインが現れます。個人差があり、全員に共通するわけではありませんが、それまでとは異なる変化は見逃さないよう注意しておくとよいでしょう。

お産のサイン

□おなかが張る(子宮が収縮するとおなかが張ったように感じられます)
□おりものが増える(出産のときに潤滑油の働きをする腟の分泌物が増加)
□恥骨が痛む(赤ちゃんの頭によって恥骨が圧迫され、痛みを感じます)
□排尿の回数が増える(赤ちゃんが下がって、さらに膀胱が圧迫され頻尿に)
□胃のすっきり感(赤ちゃんが下がるため胃への圧迫がなくなり、気持ち悪さやムカムカ感から解放されます)
□子宮底の下降(赤ちゃんの頭が骨盤の中に入り、赤ちゃんが下方へ移動。ママのお腹も下腹部が突き出るような形状に変化します)

おしるしもサインの一つ

産徴(おしるし)は、出産開始近くに見られる、血の混じったおりもののことです。赤ちゃんが下降することで⾚ちゃんを包む卵膜の一部が剥がれて出血し、頸管粘液と混じって、茶褐⾊もしくはピンク⾊のおりものとして排出されます。

お産が近づいたサインの一つではありますが、おしるしがない人もいれば、おしるしがあってから実際にお産が始まるまでの期間が長い場合も多々あります。

先に破水が起こることも

一般的に破水はお産が進み、子宮口が全開になったあたりで起こります。しかし中には何らかの理由でお産が進む前に破水してしまうこともあります。

羊水には腟の常在菌による感染症から赤ちゃんを守る役目もあるため、破水後、長時間が経過すると子宮内感染のリスクが高まります。

もしも破水してしまったら、あわてずにまずは主治医に連絡し、指示を仰ぎましょう。なお、破水した後は感染を防ぐため、入浴は控えてください。

妊娠38週の注意点

妊娠38週はどんなことに気をつけておくべきでしょうか。最後に注意点を確認しましょう。

いつでも出産に臨めるよう準備して過ごそう

妊娠38週は、数字の上では出産予定日まであと2週間ほどありますが、それはあくまで予定です。赤ちゃんが必ず予定日に生まれてくるわけではありません。

またお産が近づくと上記で紹介したような出産のサインが現れる人もいれば、そうでない人もいます。出産を経験したことのある人でも、お産はその時のママや赤ちゃんの状態に左右されるので、前回と同じようにお産が進むとは限りません。

したがってお産のサインがあってもなくても、この時期になったらいつでも出産に臨めるようにして過ごすことが大切です。睡眠をたっぷりとり、体を清潔に保つなど、準備をしておきましょう。

【医師監修】妊娠10ヶ月以降の過ごし方は?臨月の注意点と出産の兆候(妊娠36週、37週、38週、39週、妊娠後期)

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1155

いよいよ臨月に突入。赤ちゃんに会える日はもうすぐです。初めての出産でもお産の進み方を頭に入れておけば安心。あまり神経質にならず、ゆったりした気持ちで過ごしましょう。この時期の体の変化や、注意したいことを中心にまとめました。

まとめ

妊娠38週に⼊ったからといって、新しく何かしなければならないということはありません。これまで⾏ってきたことを今まで通りに行い、落ち着いた気持ちで出産に備えましょう。

この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 齊藤英和先生
梅ヶ丘産婦人科勤務、国立成育医療研究センター臨床研究員、神戸元町夢クリニック顧問、浅田レディースクリニック顧問、昭和大学医学部客員教授、近畿大学先端技術総合研究所客員教授、1 more baby 応援団理事、ウイメンズヘルスリテラシー協会理事。山形大学医学部卒業後、同大学、国立成育医療研究センターを経て現職。日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖専門医、医学博士

(文:山本尚恵/監修:齊藤英和先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]⽇本産科婦⼈科学会「胎児計測と胎児発育曲線について」
http://www.jsog.or.jp/public/shusanki/taiji_hatsuiku_kyokusen.pdf

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

関連記事

出産目前! 妊娠39週の胎動やおしるしの兆候とは?

妊娠40週の胎児の体重は? 予定⽇と出産までの過ごし⽅

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連するキーワード


妊娠 妊娠後期 妊娠38週目

関連する投稿


【ママ調査】今だから言える「妊娠中の反省点」 #プレママ1年生

【ママ調査】今だから言える「妊娠中の反省点」 #プレママ1年生

先輩ママたちに、「今だから言える妊娠中の反省点」についてのアンケートを実施。いろいろな内容の反省が集まりました。妊娠中の方は、妊婦生活の参考にしてみてくださいね。


【ママ調査】戌の日参りのほっこり&残念エピソード集 #プレママ1年生

【ママ調査】戌の日参りのほっこり&残念エピソード集 #プレママ1年生

日本には昔から、「戌の日に神社へお参りして安産祈願をする」という習慣があります。戌が多胎で安産であることから、縁起をかついだ風習です。先輩ママにアンケートをして、思い出のエピソードを教えてもらいました。コロナ禍でなかなか参拝が難しい時期ですが、参考にしてみてくださいね。


【弁護士監修】妊娠中でも離婚はできる? 知っておくべき法律とお金のハナシ。

【弁護士監修】妊娠中でも離婚はできる? 知っておくべき法律とお金のハナシ。

妊娠中でもやむをえない事情で離婚を考えることもあるでしょう。妊娠中に離婚する場合のメリットとデメリット、生まれてくる赤ちゃんの戸籍、親権、養育費がどうなるのかなど、数多くの女性の離婚相談に応えてきた、弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所の代表弁護士、中里妃沙子先生に、法律、制度、お金について教えてもらいました。


【漫画】妊娠後期はコロナで巣ごもり、そして担当医から爆弾発言が……妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.6

【漫画】妊娠後期はコロナで巣ごもり、そして担当医から爆弾発言が……妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.6

2020年5月、37歳で第4子チイくんを出産したあおのそらこさん。4度目の出産なのでスムーズかなと思っていたら、最高値をたたき出す血圧、望まない転院、さらにコロナ禍と、妊娠中は予想外の出来事が連続で……! 年の差3兄妹と夫の応援を受け、今は無事に6人家族となったそらこさんの、出産、育児の記録をお届けします。


【漫画】妊娠を知って赤ちゃん返り? 年長の娘が不安定に…… 妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.5

【漫画】妊娠を知って赤ちゃん返り? 年長の娘が不安定に…… 妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.5

2020年5月、37歳で第4子チイくんを出産したあおのそらこさん。4度目の出産なのでスムーズかなと思っていたら、最高値をたたき出す血圧、望まない転院、さらにコロナ禍と、妊娠中は予想外の出来事が連続で……! 年の差3兄妹と夫の応援を受け、今は無事に6人家族となったそらこさんの、出産、育児の記録をお届けします。


最新の投稿


【医師監修】逆子と発覚!原因とリスク・治し方とは

【医師監修】逆子と発覚!原因とリスク・治し方とは

赤ちゃんは妊娠中期まではおなかの中で回転していますが、たいていは頭を下にした「頭位」に落ちつきます。妊婦健診で頭を上にした「逆子」だと言われたらどうすればいい? 外回転術や逆子体操の有効性、分娩方法の決め方などを解説します。


【助産師監修】つわりがひどい | 病院受診の目安と乗り越え方

【助産師監修】つわりがひどい | 病院受診の目安と乗り越え方

多くの妊婦さんが経験するつわりですが、中にはとてもひどいつわりの症状に悩まされる人もいます。場合によっては、入院などをして治療が必要な場合もあります。受診の必要があるかの目安やつらいつわりの乗り越え方などを説明します。


【医師監修】妊娠しても「つわりがない」ことはある?流産との関係は?

【医師監修】妊娠しても「つわりがない」ことはある?流産との関係は?

妊娠初期に経験する人が多い「つわり」の症状ですが、個人差も大きく、大変つらい思いをする人もいれば、軽く済む人や全く感じない人もいます。つらい症状であっても、妊婦さんの多くが経験することが自分に起きないと、それはそれで心配になりますよね。つわりの有無や流産などのリスクとの関係性について、医学的な見地から解説します。


【医師監修】喃語(なんご)はいつから?出ないときの注意点

【医師監修】喃語(なんご)はいつから?出ないときの注意点

喃語(なんご)という言葉を聞いたことがなくても、赤ちゃんが「アー」や「ウー」などと発声する様子を見たことがある人は多いのではないでしょうか。今回は赤ちゃんの喃語について、まとめてみました。


【医師監修】妊娠中の旅行(マタ旅)はなぜ危険? 知っておきたいリスクと注意点

【医師監修】妊娠中の旅行(マタ旅)はなぜ危険? 知っておきたいリスクと注意点

妊娠中に旅行に行く、通称「マタ旅」が人気を集めています。でも、もともと健康な妊婦さんであっても妊娠中はつわりなどの急な体調変化がつきものです。妊娠中に旅行をするリスクと、もしどうしても出かける必要がある場合はどんなことに気をつければいいのかを考えていきましょう。