【医師監修】魔乳とは?新生児から母乳が出る原因と対処法

【医師監修】魔乳とは?新生児から母乳が出る原因と対処法

新生児の赤ちゃんの胸からお乳が出ることがあります。ここでは、どんなふうにお乳が出るのか、原因は何か、どう対処すればいいのかなどを説明します。また、同じような原因で新生児の女の子の性器から出血する「新生児月経」も紹介します。


この記事の監修ドクター
りょうキッズクリニック(埼玉県所沢市)院長。平成10年順天堂大学卒業後、日本大学小児科研修医、沼津市立病院小児科、横須賀市立市民病院小児科、日本大学小児科助教、瀬戸病院小児科医長を経て現在に至る。小児科専門医。

「梁尚弘 先生」記事一覧はこちら⇒

新生児から母乳?魔乳とは

新生児の赤ちゃんの胸から、わずかに白い汁が出たら「魔乳(まにゅう)」かもしれません。魔乳とは何か、その原因とともに知っておきましょう。

魔乳とは

魔乳とは、「新生児の赤ちゃんの乳首から出る白い乳汁のこと」で、医学用語ではなく、一般的な言葉です。

魔乳が出るとびっくりするかもしれませんが、病気ではありません。女の子だけでなく男の子にも一時的に起こることがある現象です。なお、乳汁が出る以外にも、わずかに乳房が膨らむこともあります。

魔乳の原因

魔乳は、お腹の中にいたときにママから受け取った女性ホルモンの影響で起こります。

妊娠中、ママの体の中では「エストロゲン」という女性ホルモンが増加します。胎内にいる赤ちゃんもそのエストロゲンをママから受け取っています。誕生後にも赤ちゃんの体の中にはエストロゲンが残っており、その影響で乳腺が発達して一時的にお乳が出ることがあるのです。同じ理由で乳房が膨らむこともあります。

なお、魔乳や乳房のふくらみは、すべての新生児に起こるわけではなく、起こらない赤ちゃんもいます。

魔乳が起きたときの対処法

魔乳が起きたら、何か対処した方がいいのでしょうか? 魔乳の対処法について説明します。

魔乳があっても特に心配はない

時間が経つとママから受け取った赤ちゃんの体内のエストロゲンは薄れて消えていき、魔乳が起こらなくなります。これは男の子でも女の子でも変わりません。

そのため、魔乳が起こっても特に対処する必要はありません。そのうちに出なくなるので、心配せずに様子を見守っておきましょう。

魔乳は絞ったほうがよい?

ママの場合、乳房に母乳が滞ってしまうと乳腺炎のリスクとなるので、魔乳も搾ったほうがよいのではないかと思うかもしれませんね。しかし、魔乳が原因で赤ちゃんの乳腺に炎症が起こることはありません。むしろ無理に搾ることで乳腺を傷つけてしまい、雑菌が入ってしまう可能性もあります。魔乳は軽く拭く程度で大丈夫です。

ホルモンによる現象には「新生児月経」もある

ママから受け取った女性ホルモンは、魔乳以外にも「新生児月経」という現象を引き起こすことがあります。魔乳とともによくある現象として知っておきましょう。

新生児月経とは

新生児の女の子の場合、生後3~7日目ごろに性器からわずかな出血や、赤・ピンク・茶色のおりものが出ることがあります。これは「新生児出血」といって、魔乳同様、胎内にいたころにママから受け取った女性ホルモンの影響で起こる現象です。

胎盤を通じてママから女性ホルモンを受け取り続けていると、赤ちゃんの子宮内膜も厚くなっていきます。ところがママの体から生まれ出た後は、胎盤から受け取っていた女性ホルモンが来なくなり、体内の女性ホルモンの量が減っていきます。そこで子宮内膜が脱落して、新生児月経が起こるのです。

魔乳と同じように新生児月経も、赤ちゃんの体内から女性ホルモンが薄れて消えるにつれて起こらなくなります。たいていは1週間ほどで自然に止まります。

なお、男の赤ちゃんには子宮がないため、新生児月経は起こりません。

新生児月経にはどう対処する?

新生児月経が起こっても、赤ちゃんのお腹が痛くなったり貧血を起こすことはありません。新生児月経は起こってから1週間ほどで自然に止まるので、しばらく様子を見ておけば大丈夫です。

ただし、大量におむつに血がついている、赤ちゃんの機嫌や授乳量がいつもと違うなどの様子が見られたら、新生児月経ではなく、何らかの病気の可能性があります。

赤ちゃんの様子に違和感を抱いたら、早めに医療機関に相談しましょう。

まとめ

新生児期の赤ちゃんは、男の子でも女の子でも、胎内にいたときに受け取っていたママのホルモンの影響で、乳房がふくらんだり少量の乳汁が出ることがあります。新生児期に出る乳汁のことを一般的に「魔乳」と言います。

ママから受け取った女性ホルモンが体内から消えていけば魔乳は出なくなるので、しばらく様子を見ましょう。

なお、同じように胎内にいたときのママの女性ホルモンの影響で、女の子の場合、軽い性器出血が起こることもあります。これは「新生児月経」と呼ばれていて、魔乳と同じく時間が経てば自然に止まるので安心してくださいね。

(文:大崎典子/監修:梁尚弘 先生)

※画像はイメージです

参考文献
『病気が見えるvol.10 第4版』メディックメディア
『日産婦誌』第60巻11号(2008)

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【医師監修】赤ちゃんの爪の切り方|爪切りの使い方、注意点、出血時の対処法

【医師監修】赤ちゃんの爪の切り方|爪切りの使い方、注意点、出血時の対処法

赤ちゃんの爪はとても小さいものです。爪切りのときにはどんな点に注意すればいいのでしょうか? 爪切りのやり方や頻度、切るときの工夫や注意点、うっかり指先を切った時の対処方法などを知っておきましょう。


【医師監修】ずりばいはいつから?しない理由や練習方法も紹介

【医師監修】ずりばいはいつから?しない理由や練習方法も紹介

赤ちゃんが寝返りできるようになって、次ははいはいだと楽しみにしているママやパパもいることでしょう。はいはいの一種で、最初のころに見られるものに「ずりばい」があります。ずりばいが始まるのはいつごろなのでしょうか? だいたいの時期やずりばいをしないときの原因、ずりばいの練習などについて説明します。


【医師監修】赤ちゃんの匂いの正体とは? ママの匂いも関係ある?

【医師監修】赤ちゃんの匂いの正体とは? ママの匂いも関係ある?

赤ちゃんからは大人にはない、少し甘くて独特な匂いがします。赤ちゃんはなぜこんな匂いがするのでしょうか? 赤ちゃんの匂いの効果やみんなが嗅ぎたくなる理由、よく嗅がれる場所、さらに病気の可能性がある匂いについても説明します。


【医師監修】赤ちゃんが寒がっているサインとは? 寒さ対策もチェック!

【医師監修】赤ちゃんが寒がっているサインとは? 寒さ対策もチェック!

冬だけでなく、夏に冷房した室内でも、赤ちゃんが寒くないかと気になることはありませんか? 赤ちゃんが体調を崩さないように、寒がっているのがわかると助かりますね。今回は、赤ちゃんが寒いときのサインと、寒さ対策をまとめました。


【医師監修】赤ちゃんの引っかき傷が心配! 引っかく原因や対処法

【医師監修】赤ちゃんの引っかき傷が心配! 引っかく原因や対処法

赤ちゃんの顔に、いつのまにか引っかき傷ができていてビックリ! なんて経験のあるママは多いのではないでしょうか。赤ちゃんは、顔や体を引っかいてしまうことがよくあります。そこで今回は、引っかき傷の原因や対処法についてまとめました。


最新の投稿


【えっ! 吐いとるやん!!】娘の吐き戻しにパパうろたえる。しかしママは……

【えっ! 吐いとるやん!!】娘の吐き戻しにパパうろたえる。しかしママは……

Instagramで子育て漫画を発信されるこんぶだしさん。こんぶだしさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】妊娠中の尿の悩み|尿に混ざっている白い浮遊物の正体は?

【医師監修】妊娠中の尿の悩み|尿に混ざっている白い浮遊物の正体は?

健診の度に採尿をする妊娠中。何気なく尿をとって白い浮遊物を見つけると、何か異常があるのか、病気ではないか気になってしまいますね。ここではその浮遊物の正体や尿が白くにごる原因、考えられる病気について説明します。


【俺の子だもん】夫はごく自然に、当たり前に育児をする「1人の親」なんです

【俺の子だもん】夫はごく自然に、当たり前に育児をする「1人の親」なんです

Instagramで子育て漫画を発信されるシカさん。シカさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


お刺身パックはそのまま? 移し替える? 手抜き論争に終止符を!

お刺身パックはそのまま? 移し替える? 手抜き論争に終止符を!

夕飯で便利な、お刺身パックやお惣菜。特にお刺身パックは食卓が豪華に見えるうえに、手間いらず。大人も子どもも満足する一品ですが、気になるのは「盛りつけ」。パックから出す派と出さない派、双方の意見を聞いてみました。この際、「そのまま出すのは手抜き論争」にも終止符を打ち、堂々とお刺身やお惣菜を買いましょう!


【子どもの防犯クイズ】あぶない人にねらわれそうな子の特徴は?『いやです、だめです、いきません』Vol.5

【子どもの防犯クイズ】あぶない人にねらわれそうな子の特徴は?『いやです、だめです、いきません』Vol.5

犯罪からわが子を守るために家庭で実践したい安全教育。いざというとき身を守るには、知識だけでなく「安全基礎体力」をつけることが必要です。そのノウハウが詰まった書籍『「いやです、だめです、いきません」 親が教える 子どもを守る安全教育』(岩崎書店)から子どもと一緒に安全チェックができるクイズを連載でお届けします。