お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

独身女性に向けられる本音。これからの人生の歩み方

トイアンナ

「30代の独身女性って、周りからどう見られているんだろう……」。本当は結婚もしたいし、子どもも欲しい。だけど、なかなかうまくいかない。そんな女性に向けて、人生で2回結婚を経験したコラムニストのトイアンナさんに、本当に結婚したいなら今すべきことと、一人の人生を歩む心づもりについて聞いてみました。

こんにちは、トイアンナです。人生で2回も結婚したおかげで、独身→既婚→独身→既婚と、めまぐるしい30代前半を過ごしてしまいました。

おかげで世間が独身女性に向けている目も感じることができたので、書き手としては良かったかなあ、と思っています。

30代独身女性は周りからどう見られているのか?

今振り返ると、独身時代は「謎の欠損感」を抱え、焦っていたように思います。仕事ができるようになった。ちょっとしたトラブルに動じなくなった。苦手な親戚にも胸中はどうあれ笑顔で対応できるようになった。

他にも、周りの目を無視して小学生女児が好きそうなぬいぐるみを買ったり、高級ホテルに泊まってバブリーな休みを満喫したりもできるようになってしまったので、成熟したのか退化したのかは全く分かりませんが、おおむね人生は加齢とともに情緒が安定するようにできているみたいです。良かったね。

ところが、いくら情緒が安定しようが仕事がこなれようが「あの人、未婚だし」という謎のスタンプを上から押されてる感、どうしても否めません。1回結婚したから、既婚になっても人生は何も変わらないって知っているはずなのに。

「〇〇ちゃんは子連れだから飲み会の時間を早めてあげないと……でも私の仕事が終わるの19時だから……じゃあ会うのは無理かな……」

「友達がみんな、幼稚園選びや小学校受験の話をしてる。聞く分には面白いけど、正直アウェー過ぎて何も貢献できない。私がこの女子会にいる意義とは……?」

など、別に世間様から責められなくても、勝手に肩身を狭くしてしまうのです。

次ページ:結婚願望はあるが結婚できていない30代女性には共通点がある

SHARE