ママのための悩み解決サイト

学資保険に関する記事


教育費無償化でも学資保険は必要?! 絶対に知っておきたい国の教育支援

教育費無償化でも学資保険は必要?! 絶対に知っておきたい国の教育支援

子どもが産まれて親になると、教育費がどのくらいかかるか気になる方も多いのではないでしょうか。具体的に我が子にいくらかかるかというところまで、しっかりシミュレーションしておきたいものです。そこで、教育費にも大きく関わる国の支援をまずはご紹介したいと思います。


学資保険の加入率はどれ位?「入った理由・入らない理由」を聞いてみた

学資保険の加入率はどれ位?「入った理由・入らない理由」を聞いてみた

子どもの保険でまず思い浮かぶのが学資保険ではないでしょうか。実際に学資保険へ入っている家庭はどのくらいの割合なのでしょうか?!学資保険に入った人、入らなかった人、それぞれの意見を参考にしながら、学資保険の必要性を考えてみましょう。


満期前に一時金“祝い金”のある学資保険でプチボーナス気分!

満期前に一時金“祝い金”のある学資保険でプチボーナス気分!

学資保険とは子どもの教育資金を貯めるための保険です。生命保険などと同じように毎月決めた保険料を支払い続ければ、子どもが加入時に決めた年齢になった時に、祝い金や満期金といった形でお金が給付されます。満期を迎える前に「祝い金」などの名目で一時金が降りるタイプの商品もありますが、一体どういう仕組みなのでしょうか?


学資保険の積立金額の目安は〇〇万円!教育資金の平均金額はいくら?

学資保険の積立金額の目安は〇〇万円!教育資金の平均金額はいくら?

毎月決まった額の保険料を払い続ければ、子どもが契約時に決めた年齢になった時に、祝い金や満期金として保険金を受け取れる学資保険。もちろん学資保険だけで教育費のすべてが賄えるわけではありませんが、入っていると安心という方も多いのでは。ところで、教育資金はいくらぐらい準備しているご家庭が多いのでしょうか。


学資保険の満期受け取り時期はいつがベスト?受取人や税金などを解説

学資保険の満期受け取り時期はいつがベスト?受取人や税金などを解説

何かとお金のかかる子育て。学資保険で教育資金の準備をしているご家庭は多いかと思いますが、満期金の受け取り時期はどんな時期にしている方が多いのでしょうか。今回は気になる学資保険の受け取り時期について解説していきます。


学資保険は出産前に加入すべき?生まれる前と生まれた後での違いを解説

学資保険は出産前に加入すべき?生まれる前と生まれた後での違いを解説

子どもの将来にかかる教育資金を考えた時に、学資保険を思い浮かべる方も多いと思います。最近では出産前から加入できる学資保険もあるようですが、出産前と後どちらのタイミングで加入するのがベストなのでしょうか。子どもの誕生月によって最適なプランを考えてみましょう。


郵便局の学資保険「はじめのかんぽ」とはどのような商品?

郵便局の学資保険「はじめのかんぽ」とはどのような商品?

郵便局に学資保険の取り扱いがあることをご存知ですか?「はじめのかんぽ」という商品名で販売されています。郵便局で販売というだけで安心感がありますが、その内容はどのようなものなのでしょうか。他の生命保険会社の学資保険と比べてどのような位置づけなのかも気になるところです。「はじめのかんぽ」について早速みていきましょう。


【子どもの教育資金】学資保険とNISAのどちらが良いの?

【子どもの教育資金】学資保険とNISAのどちらが良いの?

教育資金を貯めるにあたって、どのような方法で貯めるとより効率がいいのかみなさん気になるところではないでしょうか。今回のコラムでは教育資金を貯める方法として、王道ともいえる「学資保険」と最近注目を浴びている「NISA」を比較してみたいと思います。


学資保険に入るメリットとデメリット。選ぶポイントやオススメ商品は?

学資保険に入るメリットとデメリット。選ぶポイントやオススメ商品は?

子どもの将来の教育資金を考えた時に、自分たちで貯金をするのか学資保険に加入するのかを迷うご家庭も多いのではないでしょうか。はたして学資保険は必要なのか? それとも必要ないのか? 学資保険加入のメリットとデメリットをご紹介します。


学資保険は返戻率で決めてはダメ?返戻率の仕組みを知って賢く選ぼう

学資保険は返戻率で決めてはダメ?返戻率の仕組みを知って賢く選ぼう

子どもの将来の教育資金準備として加入している方も多い学資保険ですが、多くの保険会社で取り扱いがあるため、どれを選べば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか?大手保険会社の例を挙げて、学資保険を選ぶポイントの1つとなる返戻率について考えてみましょう。


学資保険の掛け金の平均相場は?途中で変更・解約はできるの?

学資保険の掛け金の平均相場は?途中で変更・解約はできるの?

保険は一度加入すると何年も保険料を払うことになるので、適切な保険料の目安を知ることや、不測の事態に備えて対処法を確認しておくと安心です。子どもの将来のために備える学資保険であればなおさらですね。


二人目出産!学資保険に加入する前に確認しておきたいことは?

二人目出産!学資保険に加入する前に確認しておきたいことは?

初めての子どもが生まれた場合、学資保険に加入された方も多いのではないでしょうか。しかし二人目の時には加入を見送る家庭も少なくありません。学資保険はある程度長期に渡って保険料を払い続ける必要があるため、二人分の保険料を支払っていけるのか不安というがありますよね。今回は二人目の学資保険の必要性について紹介します。


「学資保険」と「こども保険」は別物?違いと詳細を分かりやすく解説

「学資保険」と「こども保険」は別物?違いと詳細を分かりやすく解説

子どもの保険としてよく耳にする「学資保険」ですが、「こども保険」として扱われている保険とどのような違いがあるのでしょうか?加入対象年齢や学資保険の特約など、学資保険の基本的な内容についてご紹介します。学資保険は妊娠中からチェックする必要があります。妊婦さんも必見です!


赤ちゃんができたら考える保険。学資保険や生命保険などそれぞれの違いは?

赤ちゃんができたら考える保険。学資保険や生命保険などそれぞれの違いは?

生命保険について、きちんと考えるタイミングは人それぞれ。……だとは思いますが、やはり子どもが生まれると、どうしても真剣に考え始めるのではないでしょうか。でも、「慌てて入ったけど、よくよく考えたらウチには必要ない保障がいっぱいついていた」なんて後悔する可能性もなきにしもあらず。多角的にしっかりと検討して選びたいものです。


学資保険の選び方のポイントは?終身保険との比較や人気おすすめランキングを紹介

学資保険の選び方のポイントは?終身保険との比較や人気おすすめランキングを紹介

子どもの将来を考えて始める学資保険ですが、20年近く先のこととなると何かと想像がつきにくいのも事実です。「もし、自分たち親に何かあったら」「契約料を払えなくなってしまったら」「子どもが大学進学の道を選ばなかったら」……など、起こりえる様々なシチュエーションをふまえて、学資保険を考えてみましょう。


子供に保険は必要?入る時期や種類、加入する必要性などについて

子供に保険は必要?入る時期や種類、加入する必要性などについて

進学のために学資保険に加入を考えるご家庭は多いと思いますが、子供の保険はどうしていますか? 昨今は、乳幼児医療証や小児医療証もあるため、「子供には必要ない」と考えるご家庭も多いかもしれません。でも、住んでいる地域や子供が入っているスポーツクラブなどによっては必要なことも。今回は子供の保険について解説していきます。


学資保険は入るだけ無駄なの?「必要」vs「必要ない」徹底比較

学資保険は入るだけ無駄なの?「必要」vs「必要ない」徹底比較

子どもが生まれたらまず心配になるのが、将来かかる学費のこと。中でも大きいのは教育費。特に、受験のための塾や入試代も含めると、大学にかかるお金は本当に大きなものです。学資保険への加入を検討するご家庭も多いことでしょう。今回は、そもそも学資保険は必要なのかどうかを、ママライターが検証してみました。


学資保険の満期前にお金が必要になった…そんな時に便利な前借り制度

学資保険の満期前にお金が必要になった…そんな時に便利な前借り制度

子どもの将来のためにコツコツ積み立てている学資保険。ずっと積み立てていけるのが理想ですが、その前に「マイホームを買うのに頭金がちょっと足りない!」「思いの外、塾代がかかってしまった」などの急な出費で支払い続けるのが難しくなることもないわけではありません。今回は、学資保険の前借り制度についてご紹介します。


学資保険でいくら貯める?保険の仕組みや子どもの教育費の目安を紹介

学資保険でいくら貯める?保険の仕組みや子どもの教育費の目安を紹介

子どもが生まれて、最も気になるもののひとつが、将来の教育費でしょう。子ども1人に対して、はたしていくら必要となるのでしょうか?教育費の積み立てを学資保険でするとしたら、月々の支払いはいくら位になるのでしょうか?今回は学資保険についてご紹介していきます。


子どもの教育費の平均額は? 年齢別の教育費と貯め方

子どもの教育費の平均額は? 年齢別の教育費と貯め方

子どもが産まれたら、ゆくゆくかかってくる教育費。幼稚園・小学校・中学校・高校・大学……と、それぞれ一体いくらぐらい必要になってくるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。今回は、教育費の平均額と、教育費を確保する方法についてまとめました。